訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道は真実か
報道は真実か報道は真実か
(1994/06)
土屋 道雄

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:報道は真実か
 著者:土屋道雄
 出版:国書刊行会
 定価:1700円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4336036098/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f657334%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 佐藤首相引退
 カンボジア報道
 誤報の訂正とお詫び
 ラロック証言と核アレルギー
 ロス疑惑
 
 他、多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、平成6年5月に出版されています。
 
 著者は現在、横浜にある短期大学の助教授をされています。
 
 評論家としても活躍されているそうです。
 
 著書も多数あります。



 報道する側にはどのような「嘘」があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)報道の嘘とは?



 嘘があることを知りつつ、情報を取得しなければならないです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)報道の嘘とは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「報道の嘘」とはどのような嘘なのでしょうか?

▽このメルマガでも何度か書いてますが、数年前から新聞やテレビの
 ニュースをあまり見なくなりました。
 
 唯一、ニュースに触れるのは、朝ご飯を食べながら10分から
 15分くらい、ビジネス系の番組をテレビで見るくらいです。
 
 新聞もほとんど開きません。
 
 読むのは、土曜と日曜の書評コーナーだけで、たまに読むとしても、
 表題だけ斜め読みします。
 
 後は、yahoo!のトピックの見出しを眺めるくらいです。
 
▽世間では「社会人として新聞くらい読まないとならない」のが
 常識と言われています。
 
 日経新聞や朝日新聞のテレビCMは、「社会人(もしくは受験生)
 なら読むのが当たり前」という風潮で放送されています。
 
 でも、新聞やテレビはほとんど見なくても社会人はやっていけます。
 
 知識として、最近の社会情勢がどの様になっているかをあまり
 知らなくても済む仕事なのかも知れません。
 
▽なぜニュースを見なくなったかと言うと、ニュースの8割から
 9割は、事件や事故、批評・批判、悪口等、読んでいて絶対に
 ハッピーにはなれないことばかり報道されているためです。
 
 腹を立てるか、将来が心配になるか、他人をさげすむか、そんな
 気持ちになることばかり書いてあります。
 
 マスメディアというのは、ユーザー、つまり購読者・視聴者が
 読みたいと思うことを報道することになっています。
 
 つまり、私たちが人の不幸や失敗、許せない事件、政治家や企業
 経営者の失態等を知りたいから、報道する側は読者が知りたい
 記事を報道する。
 
 そういう構造になっています。
 
 ユーザーが読みたくない報道ばかりすると、番組の打ち切りや
 廃刊になってしまいます。
 
 例えば、報道の全てがハッピーなこと、人を誉め讃えることばかり
 が書かれた新聞だと、おそらくほとんど売れないです。
 
 「他人の不幸は密の味」
 
 現在の報道は、ユーザーのこの原理をもとに記事が作られています。
 
▽それでも情報を知りたい場合は「マスメディアは嘘をつく」という
 ことを、しっかり心に留めつつ、新聞、テレビ、雑誌等を読む
 必要があります。
 
 私たちは、報道機関が発表した内容は嘘を付くとは思っていません。
 
 ほとんどの人は報道することは真実であると思っていますが、
 全てが真実とは限りません。
 
 嘘もかなりあると思います。
 
 報道の嘘もさることながら、さらに問題なのは、真実である事実
 にも、その記事を書いた記者、原稿を作った人、そして、その
 人が属する新聞社やテレビ局の「思想」が報道内容に必ず反映
 されます。
 
 例えば、「自衛隊は違憲である。けしからん」という思想を持って
 いる新聞社(ほとんどそうみたいですが...)の報道は、一つの
 真実(例えば、イージス艦と漁船の衝突事故等)があったとして、
 その事件に対する報道は「反自衛隊」になります。
 
 私は「イージス艦と漁船が衝突した」という事実は知っていますが、
 どちらにどの程度の過失があったのか、ということは知りません。
 
 知ろうとして、報道を読むなり、見るなりすると、その報道機関
 の思想が入ってきます。
 
 そして、その思想にずっと触れている限り、言葉は悪いですが
 「洗脳」されてしまうのは目に見えています。
 
 報道の嘘に騙されるのも嫌ですが、それ以上に報道機関による
 「思想の洗脳」が嫌で、様々な報道から遠ざかることにしました。
 
 様々な報道に触れて、嘘なのか真実なのか、思想が入っている
 のかそうではないのか、の判断が私にはできないので、それなら
 触れないことにしたほうが良いと思ってできるだけ遠ざかること
 にしてます。
 
 上記以外にも、例えばアメリカとどこかの国の戦争報道も、8割は
 嘘だと思っていた方が良いかもしれません。
 
 戦争報道は映像で流されるので、「嘘がない」と思いがちですが、
 アメリカに都合が良い内容ばかり報道されると、2割の真実が
 報道されたとしても、その報道に触れた人は、残りの8割が分から
 ないために、全体像としては嘘を知ることになります。
 
▽以上のように、各種機関が報道する内容には「嘘と洗脳」が隠れて
 いると思っていた方が良いです。
 
 報道するのは「自由」ですが、その報道の中から真実のみを選び
 とるのはその人の責任です。
 
 心して報道に接する必要があります。





 例によって例の如く、全く書評になってません。
 
 この本は、様々な事件に関する報道各社の嘘やごまかし、無責任
 といったことが、一つ一つ指摘されています。
 
 読んでいると、報道の恐ろしさが理解できますが、、ふと気が
 付いたのは、この本も著者の思想の現れであるということです。
 
 真実を自分で見るけ出すのは、とても難しいことなのかもしれま
 せん。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

はじめまして。
面白そうな本ですね。
アマゾンでチェックしてみたら、安かったので、さっそく購入させて頂きました。

ロス疑惑について、その本にどのようなことが書かれているのかわかりませんが、私は3月20日に東京・水道橋で開催された「三浦和義氏の逮捕に怒る緊急集会」なるものに参加してみたところ、メディアもいっぱい取材に来ていたのに、会の実際のところはほとんど報じられていないように感じました。
その会場で弘中弁護士が話されたことのうち、テレビ・新聞ではほとんど報じられていない「一番重要と思われる部分」を弊ブログ(URLは下記)にまとめてあります。
よろしければ、ご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/ken-kataoka/20080324#1206354680
【2008/03/26 22:47】 URL | ken-kataoka #6Vb1DnOY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/636-370b8b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。