訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の世界(上)
神々の世界 (上) (小学館文庫)神々の世界 (上) (小学館文庫)
(2005/06/07)
グラハム ハンコック

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:神々の世界(上)
 著者:グラハム・ハンコック
 出版:小学館文庫
 定価:905円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4094038477/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1487967%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一部 発端
  第一章 遺構
  第二章 大洪水前の謎の都市群
  第三章 メルトダウン
 第二部 インド1
  第四章 インドのアトランティス
  第五章 インド巡礼
  第六章 船の降りた場所
  第七章 失われたインド
  第八章 山の悪魔と文明の再生
 第三部 インド2
  第九章 おとぎの国
  第一〇章 「赤い山」の謎
  第一一章 クマリ・カンダム探し
  第一二章  隠された年月
  第一三章 ピラミッド群島
  第一四章 水中の亡霊



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2005年7月に出版されています。
 
 2002年9月に出版された単行本の文庫版となります。
 
 著者は、世界のいろいろな場所へ取材旅行をしている方です。
 
 著書も多数あります。



 人類の歴史はいつから始まっているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)神々の住む世界とは?



 神話の中には真実が...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)神々の住む世界とは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 人類の長い歴史を想像してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「神々の住む世界」とはどのような世界なのでしょうか?

▽歴史に興味があって、特に社会人になってから歴史に関する本や
 小説をたくさん読むようになりました。
 
 中学や高校生の頃はあれほど嫌いだった歴史が、実はとっても
 面白いことに気が付いたのです。
 
 「勉強」からはなれて興味だけ持って本を読むと、これほど面白い
 ものはありません。
 
▽歴史と言っても、人類が歩んできた歴史はとても長いです。
 
 現在の正統派と言われる考古学者の一致した意見は、
 
 「人類の発達した文明は、紀元前5000年頃から始まる」
 
 ということになっているみたいです。
 
 この頃にやっと石器時代から文明を持った時代へと移行し始め、
 世界の4大文明の幕が上がるというのです。
 
 しかし、そう思っているのは、確かな物的証拠がその頃のものしか
 発見されていないから。
 
 学者というのは、一度自説を作り上げてしまうと、それを破壊する
 のをとても嫌がるそうです。
 
 そうなると、自説に合致しない他人の説や、考古学の発見は無視
 するようになってしまい、自説に固執してしまいます。
 
 そういった場合、発見された「物」は「オーパーツ」として、
 物的証拠としては無視されてしまいます。
 
 石版に書かれている文章等の「話」の場合は、「神話」として
 片付けられてしまうのです。
 
 物も話もいろいろなものがたくさん発見されているにもかかわらず
 無視されてしまいます。
 
 こういった話は、歴史に関しては、どの分野でもあるみたいですね。
 
▽今回紹介する「神々の世界」の話も、そういった「物」や「話」が
 たくさん出てきます。
 
 著者は学者ではないため、自由に発想することができます。
 
 予想することから始め、封印された歴史の事実を積み重ねていき
 ます。
 
 今回のテーマは「海に沈んだ神話の世界」です。
 
 まだ読んだことはありませんが、聖書(旧約?)には「ノアの箱舟」
 の話が書かれているそうです。
 
 神の怒りに触れた人類を滅ぼすために、洪水を起こすが、神の
 啓示があったノアは、大きな船を造り、あらゆる生物のつがいを
 船に乗せ、7日間水の上を漂います。
 
 水か引き始め、やっと陸地が見え、新たな人類の歴史が始まります。
 
 簡単に書くとこんな感じでしょうか。
 
 実は、この「洪水神話」は、聖書に書かれているものだけでは
 なくて、世界各地に残っているそうです。
 
 そのどれも、洪水が起きたのが何時のことなのか書かれていない
 ため全て「神話」で片付けられているのです。
 
 世界各地に残っている「洪水神話」は単なる神話なのでしょうか?
 
▽地球の歴史は約46億年と言われています。
 
 その長い歴史の途中には何度かの「氷河期」というものが存在
 します。
 
 氷河期の間は、ヨーロッパ、北米、シベリア付近は、氷に閉ざ
 された世界で、その氷の厚さは四キロにも及んだそうです。
 
 その氷が、地球の温暖化とともに次第に溶け始め、海面が上昇し...
 と書いてしまうと、徐々にしか海面は上昇しません。
 
 ところが厚い氷は徐々に溶け始め、何千年もの間「巨大な氷のダム」に
 溶け出した水が溜まり、やがて氷のダムは崩壊し、一気に海洋に
 流れ込んだそうです。
 
 このような現象が世界各地で同時期に起こり、一気に海面が上昇し、
 地球全体に大洪水を引き起こしたとのこと。
 
 地質調査によって、約15000年前から約7000年前に世界
 規模の大きな洪水が3度あったことが証明されているそうです。
 
 「巨大な氷のダム」の他にも、厚い氷の下を溶け出した水が勢い
 よく流れ、やがて巨大な氷の固まりが地表を滑り始め、海洋に
 到達し、津波を引き起こしたりします。
 
 調査の結果、氷の下でできた地層や、巨大な氷の固まりが通過した
 跡も、証拠としてしっかりと残っているそうです。
 
 厚さが4キロもある巨大な氷がいっきになくなると、氷の重さに
 よってへこんでいたプレートは元に戻ろうとし、それによって
 大きな地震が発生します。
 
 しかも、その頃には火山が活発に活動していた時期にもあたる
 とのこと。
 
 その様子はまさに世界の終わりに見えたのではないでしょうか。
 
 「アトランティス大陸が一夜にして海に沈んだ」という神話も
 実は神話ではなく、実際にあった出来事だったのではないかと
 思います。
 
 証拠はたくさん出ていますが...





 この本は、神話として、世界各地に伝わっている「洪水伝説」に
 ついて、さまざまな観点から証拠を集め、予想し、そして学説
 よりも納得がいく解説をしています。
 
 神話だと思っても思わなくても自由ですが、現在の地球を見ても、
 急激な温暖化、水面の上昇等々、否定しきれない事実がたくさん
 あります。
 
 地球が生まれてから46億年といわれていますが、その長い歴史の
 間に、こういったことが延々と繰り返されてきたのではないかと
 思います。
 
 そのたびに人類は減り、やがて以前の文明は神話となり、次の
 歴史に引き継がれていくのではないかと思われます。
 
 以前読んだエドガー・ケイシーの本には、人類の歴史は1050
 万年前から始まると書かれていました。
 
 その間、どれだけの文明が滅んできたことでしょう。
 
 歴史はやっぱり面白いです。
 
 650頁もあって、まだ半分しか読めていないので、次回もう一度
 紹介させていただきます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ




 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/631-319e7dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。