訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定版 日本のいちばん長い日
決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)
(2006/07)
半藤 一利

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:決定版 日本のいちばん長い日
 著者:半藤一利
 出版:文春文庫
 定価:590円+税
 購入:ブックオフで350円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167483157/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4080201%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 十四日正午‐午後一時?“わが屍を越えてゆけ”阿南陸相はいった
 午後一時‐二時?“録音放送にきまった”下村総裁はいった
 午後二時‐三時?“軍は自分が責任をもってまとめる”米内海相はいった
 午後三時‐四時?“永田鉄山の二の舞いだぞ”田中軍司令官はいった
 午後四時‐五時?“どうせ明日は死ぬ身だ”井田中佐はいった

 他、多数あるので省略します。


──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2006年7月に出版されています。
 
 1995年に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、文藝春秋の編集長、取締役などを経て作家となった方です。
 
 著書も多数あります。



 その日は何が起きていたのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)その日は何が起きていたのか?



 後始末が大変です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)その日は何が起きていたのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 日本史をもっと勉強しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「その日は何が起きていた」のでしょうか?

▽日本の歴史が知りたくて、日本史の本をたまに読むようになりま
 した。

 以前、同じ著者の「日本史」を読んだときに、なかなか面白かった
 ので、今回は日本のいちばん長い一日である昭和20年8月14日
 正午から15日正午までに的を絞って書かれた本を読んでみました。
 
 当事者ではないので、客観的に読むことができます。
 
 日本人の特徴を考えてみると、やっぱり「和を持って尊しとなす」
 がこの時も、そして今も続いているのではないか、と思われます。
 
 ドイツのヒトラーや、イギリスのチャーチル、ソ連のレーニンや
 スターリンのような、良くも悪くもグイグイと一国を引っ張って
 いく大物の政治家や指導者が見あたりません。
 
 確かに、明治期以降、天皇を中心に担ぎ上げてはいましたが、
 あくまでも「御輿」であって、政治を主導していたのは内閣です。
 
 天皇はある事件から、例え自分の持っている意見と違っていても
 政治に介入することはしなくなりました。
 
 したがって、天皇が中心にいたことは事実ですが、国の運営は
 あくまでも「和を持って尊しとなす」だったみたいです。
 
 つまり、ドラマの主役がいなくて、脇役だけでドラマを演じていた
 ような感じです。
 
 戦争当時は、確かに軍部による独裁政治だった感じがしますが、
 それはあくまでも「軍部」という組織が強かっただけで、その
 軍部を指導していた人物というと、名前がなかなか出てこない
 です。
 
 日本は、「組織」が力を持つ国みたいです。
 
 「組織」が力を持っているために、だれも責任者がいません。
 
 何か問題が起きても、責任を取る人間が誰もいないのも、この
 日本という国の特徴です。
 
▽日中戦争から太平洋戦争にかけて、大指導者がいないがために
 組織の論理に引きずられる日本は戦争を止めるわけにもいかず、
 その時々の「空気」だけで事が決められていきます。
 
 たとえ個人的な意見が「戦争はやめるべき」だと思っていても、
 それを口に出すような「空気」ではないので、いつまでたっても
 辞められずにズルズルと長引かせてしまいます。
 
 そして、ズルズルしていた結果として、広島と長崎に原爆が投下
 され、ソ連は不可侵条約を破り、虫の息状態の日本に宣戦布告し
 樺太や満州に攻め込んで来てしまいます。
 
 その状態から、やっと「なんとかしなければ...」というのを
 「みんなで」考え始めるのです。
 
 そして、結果的に御輿として担いでいた天皇に決断を仰ぎ、日中
 戦争の当初から戦争に反対だった(らしい)昭和天皇が戦争を
 辞めることを決断します。
 
 この本を読む限り、昭和天皇の独裁国家であれば、日中戦争から
 太平洋戦争は起きなかったのではないかと思われます。
 
 歴史に「if」と「れば」と「たら」はありませんが...
 
▽日本の一番長い日は昭和20年8月14日正午から、15日正午
 まで、15日正午は昭和天皇による「玉音放送」があった時刻です。
 
 ポツダム宣言の受諾を迫る連合国に対し、受託すると打診して
 いた日本ですが、世界の目は日本のその後の行動に注がれていま
 した。
 
 政府の正式発表をしなければならない内閣は、一刻の猶予も許され
 ない状況で、さまざまな細かいことを決めなくてはなりません。
 
 軍をどうするのか、国体をどうやって守っていくのか、ここへ
 来てようやく、エンジンが掛かってきた感じです。
 
 しかし、これまで戦争に関し、国内はもとより前線の軍隊まで
 嘘の情報が流れていました。
 
 軍部の中心部と政治家以外は、日本は戦争に負けているとは思って
 ない状況の中で、「無条件降伏」という現実を突きつけられた陸軍、
 そして海軍は、到底納得がいかず、いわゆるクーデターを画策
 する人たちが現れます。
 
 弱腰の内閣の要人を殺害し、玉砕するまで徹底抗戦をするという
 のがその主張でしたが、その時の歴史はどうやら違う方向に流れて
 いたみたいです。
 
▽天皇が国民に向かって敗戦を伝える「終戦の詔(みことのり)」は
 事前に録音した音声を15日正午に玉音放送として流すことに決定。
 
 その内容文の決定に、これまた時間がかかるのです。
 
 その内容は内閣で閣議決定されるのですが、それぞれの省は敗戦の
 準備で大わらわで、大臣が何度も会議を抜けたりでなかなか進み
 ません。
 
 そして、当時陸軍大臣だった阿南陸相は、徹底的に文言にこだ
 わり続けます。
 
 そして、ようやく14日午後9時頃、終戦詔書の文言が決まり
 ました。
 
 このあたりのやりとりを読んでいると、当時確かに軍部の力が
 強くて、「軍事独裁国家」と言われてはいましたが、日本には
 「独裁政治」は根付かないのではないかと思われます。
 
 
 何とか、終戦にこぎ着けたようです。





 この本は、昭和史の中でも重要な24時間を、さまざまな資料から
 徹底的に分析し、一連のノンフィクションとして書かれたものです。
 
 著者の主観がいたる所に見えなくもないですが、歴史の事実と
 して読むにはなかなか面白い本だと思います。
 
 まだ半分しか読めてないので、残り半分を次回紹介させてもらい
 ます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/624-19161d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。