訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからあなたは騙される
だからあなたは騙される (角川oneテーマ21)だからあなたは騙される (角川oneテーマ21)
(2001/04)
安斎 育郎

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:だからあなたは騙される
 著者:安斎育郎
 出版:角川新書
 定価:571円+税
 購入:ブックオフで300円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4047040258/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1332017%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 跡を絶たない「騙し」のテクニック
 第2章 人は、どうして騙され続けるのか?
 第3章 騙されないための六カ条
 第4章 人生、どう生きるか



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2001年4月に出版されています。
 
 著者は、工学博士で立命館大学の教授をされています。
 
 Japan Skeptics(「超自然現象」を批判的・科学的に究明する会)の
 会長も務めています。
 
 著書も多数あります。



 なぜ人は騙されるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)騙されないためには?



 世の中を知らないとならないです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)騙されないためには?

 「『思い込み』は、状況に即して自分で考えることをやめること
 であり、あらかじめ頭の中にパターンとして成立している思考
 回路で情報を処理しようとする方法である」

 「社会的地位が高い人、有名な人、大きな教団の教祖、著名な
 賞の受賞者や専門学会の会長、大学教授や××学の権威、博士や
 医者や先生、自分が尊敬している人、等々。それらの人々が言った
 ことは、中身にかかわりなくある種の権威をまとい、反対や批判を
 受け入れられていく」

 この本には「騙されないための6カ条」というのが書かれています。
 
 1.「そんなことできるんなら、どうしてこうしないのか」と考えよう
 
 2.「抽象的な話」は「具体的な話」に置き換えて、じっくり考えよう
 
 3.具体的に事実をちりばめた本当らしい話も、もう一度疑ってみよう
 
 4.「分からないことは引き続き調べればいい」という姿勢を大切に
 
 5.「人間は騙されやすい動物だ」ということをしっかり認識しよう
 
 6.「綺麗なバラにはトゲがある」という諺の意味を深く理解しよう



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 さまざまな執着を捨てよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「騙されないためには」どうすれば良いのでしょうか?

▽毎日毎日、必ずどこかで騙されている人がいます。

 「どこかの宗教団体に入信して、高額な壺を買わされた」とか、
 「おれおれ詐欺に騙された」とか、
 「何十万円もする英語の教材を買ってしまった」とか、
 「どこかの宗教団体に入信したら、人殺し集団だった」とか、
 「結婚詐欺にあった」とか、
 「家に掛かってきた先物取引の勧誘の電話に言われるがままに
 手を出したら大損した」とか、思い出してみてもいくつか騙しの
 方法が簡単に出てきます。
 
 そして、その手口というのは基本的には変わってません。
 
 以前からテレビや新聞で報道されているにもかかわらず、人々は
 いとも簡単に騙されてしまいます。
 
 そういった騙しが後を絶たないということは、それだけ騙される
 人がいるということになります。
 
 「人の弱みにつけ込んで」騙す人たちもいますが、騙される方も
 「何らかの現世利益」を求めたがゆえに騙されているのです。
 
 この本の冒頭に、いくつかの騙しの事件が挙げられています。
 
 内容は省略しますので、興味がある方はネットで調べてみて下さい。
 
 ・ライフスペース事件
 ・法の華の足裏診断
 ・心霊手術
 ・サイ・ババの物質化現象
 ・明覚寺の霊感商法
 ・こっくりさん
 ・UFOの目撃
 ・神の手を持つ旧石器文化研究所の副理事長
 ・ミステリーサークル
 ・血液型占い
 等々
 
 見てみると、宗教がらみの騙しが多いです。
 
▽自分の場合を考えてみると、血液型占いはよくやりましたが、
 高額なお金を出して騙されるとか、高い商品を買うといったことで
 騙されたことは一度もありません。
 
 私の母親が現実的な人だったので、
 
 「世の中にはそんなにうまい話はない」
 
 という考え方が身についているみたいです。
 
 したがって、特定の宗教団体に入信すれば心が癒されるとか、
 人生が良くなるとか、そういったことも絶対に信じません。
 
 だから、テレビや新聞の報道でいとも簡単に騙されている人の
 ことを知ると、「何で騙されるんだろう?」と不思議でしょうが
 ないです。
 
▽人はなぜ騙されてしまうのでしょうか。

 人は目に見えるもの、耳に聞こえる音等の五感(視覚・聴覚・
 触覚・味覚・嗅覚)を感じると、信じてしまいます。
 
 特に目に見えてしまうと、簡単に騙されてしまいます。
 
 また、「思い込み」というのも騙される危険性があります。
 
 著者は言います。
 
 「『思い込み』は、状況に即して自分で考えることをやめること
 であり、あらかじめ頭の中にパターンとして成立している思考
 回路で情報を処理しようとする方法である」
 
 問題解決の方法はこれしかない、という思い込みは危険です。
 
 また、人は「権威」に弱いところがあります。
 
 著者は言います。
 
 「社会的地位が高い人、有名な人、大きな教団の教祖、著名な
 賞の受賞者や専門学会の会長、大学教授や××学の権威、博士や
 医者や先生、自分が尊敬している人、等々。それらの人々が言った
 ことは、中身にかかわりなくある種の権威をまとい、反対や批判を
 受け入れられていく」
 
 また、テレビや新聞や雑誌等に掲載されただけで、ある種の権威を
 まとうこともあります。
 
 そういった「権威」に簡単に騙される人もいます。
 
 まとめてみると、お金や身体等、物質的な「欲」を持っていると
 騙される確率が高くなるみたいです。
 
 「執着を捨てる」ということは、楽に生きるという目的の他に、
 欲に絡んだことで騙されないという目的もあるみたいです。
 
▽では、騙されないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 この本には「騙されないための6カ条」というのが書かれています。
 
 1.「そんなことできるんなら、どうしてこうしないのか」と考えよう
 
 2.「抽象的な話」は「具体的な話」に置き換えて、じっくり考えよう
 
 3.具体的に事実をちりばめた本当らしい話も、もう一度疑ってみよう
 
 4.「分からないことは引き続き調べればいい」という姿勢を大切に
 
 5.「人間は騙されやすい動物だ」ということをしっかり認識しよう
 
 6.「綺麗なバラにはトゲがある」という諺の意味を深く理解しよう
 
 心に刻んで生活します。





 この本は、多額の金銭の騙しから些細な騙しまで、さまざまな
 騙しのテクニックと、騙されないための教訓がたくさん書かれて
 います。
 
 今のところ、自分の人生で騙されて大変な思いをしたことがない
 ので、もしかしたら幸せなのかもしれません。
 
 ただ、騙す方も騙される方も何らかの「欲」に目がくらんでいる
 ことは確かです。
 
 その欲さえなくなってしまえば、騙されることもなくなるのでは
 ないかと思います。
 
 実はそれが一番難しかったりしますが...



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/623-16e63ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。