訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和史
昭和史 1926-1945昭和史 1926-1945
(2004/02/11)
半藤 一利

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:昭和史
 副題:1926?1945
 著者:半藤一利
 出版:平凡社
 定価:1600円+税
 購入:ブックオフで850円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4582454305/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1641056%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 昭和史の根底には“赤い夕陽の満州”があった?日露戦争に勝った意味
 昭和は“陰謀”と“魔法の杖”で開幕した?張作霖爆殺と統帥権干犯
 昭和がダメになったスタートの満州事変?関東軍の野望、満州国の建国
 満州国は日本を“栄光ある孤立”に導いた?五・一五事件から国際連盟脱退まで
 軍国主義への道はかく整備されていく?陸軍の派閥争い、天皇機関説
 二・二六事件の眼目は「宮城占拠計画」にあった?大股で戦争体制へ
 
 他、多数あるので省略します。




──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2004年2月に出版されています。
 
 著者は、文藝春秋の編集長、取締役などを経て作家となった方です。
 
 著書も多数あります。



 昭和とはどのような時代だったのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)昭和時代の重要なポイントとは?



 どこかに転換点があるような気がします。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)昭和時代の重要なポイントとは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 歴史に学ぼう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「昭和時代の重要なポイント」とはどのようなことなのでしょうか?

▽個人的には日本という国が好きで、日本の歴史についていろいろ
 なことを知りたいと考えています。
 
 日本の歴史を知ろうとした場合、神話の時代から明治期あたり
 までは、読む本を選ぶのはそんなに難しくありません。
 
 ところが、これが明治期以降、特に日露戦争以降、太平洋戦争の
 敗戦に至るまでの歴史を知ろうとした場合、読む本を選ぶのに
 苦労します。
 
 本がたくさん出版されているという理由もありますが、書く人の
 立場や思想によって、内容がガラッと変わってしまうためです。
 
 昭和史のことを書いた本は、多少詳しく書かれた本を読むと、
 事細かに書いてあって、途中で嫌になる場合がおおいのですが、
 今回紹介するこの本は、あまり難しい記述はなく、読みやすい
 部類に入るのではないかと思います。
 
▽昭和史の本を読む上では重要だと思われるので、著者がどのような
 立場と思想の人かということを、一応書いておきます。
 
 ウィキペディアから引用します。
 
 「文藝春秋社に所属していたこともあり、保守派の論客として
 有名であるが、太平洋戦争当時の日本軍部(特に日本陸軍)及び
 靖国神社におけるA級戦犯の合祀には極めて批判的である」
 
 「昭和天皇については、当時の軍部による暴走を押し留めようと
 したことを肯定的に評価している」
 
 「また近年は護憲派としての活動を積極的に行っている」
 
 「こうした半藤の立場に対しては自由主義史観を支持する人々
 などからは、『自虐史観の持ち主である』などといった批判も
 ある」
 
 これらのことを頭に入れながら読むと、読みやすいと思います。
 
▽西暦1926年から1945年まで、20年弱の期間にまさに
 「激動」と呼ばれる期間がありました。
 
 日露戦争に勝って、日本は満州を管轄することになりました。
 
 そこはロシアから日本を守るための重要な戦略地点となります。
 
 満州とは、元もとは清国の領土だったところにロシアが強引に
 割り込んで「借地」していた土地でした。
 
 そこを日本軍が占拠します。
 
 当時の中国は、いくつかの軍閥が存在していて、国民党や共産党等、
 いくつかの勢力が覇権争いをしていました。
 
 そこで日本軍は、満州の大軍閥として君臨していた「張作霖
 (ちょうさくりん)」という人物と手を結び、蒋介石率いる国民党軍
 と対峙させます。
 
 日本軍の後ろ盾を得た張作霖率いる東北軍は、北京まで進攻し、
 北京政府を作ってしまいます。
 
 しかし、この張作霖が次第に日本の言うことを聞かなくなって
 きます。
 
 そこで、日本の軍部は役に立たなくなった張作霖を亡き者にしよう
 と計画を練り始めます。
 
 そこへ、国民党軍と衝突して敗戦した張作霖が、北京から奉天へ
 戻ってくるという情報を掴んだ日本の関東軍は、張作霖が乗った
 列車ごと爆破し、爆殺してしまいます。
 
 関東軍は阿片中毒の2人の中国人の仕業にする予定でしたが、
 計画がずさんだったため、あっという間にばれてしまいます。
 
 関東軍は、しらを切り通しますが、世界的には関東軍が、つまり
 日本が意図的に爆殺したというふうに見られています。
 
 国内でも、「陸軍が勝手にやった」ということに気づき始めます。
 
 実際は、当時の関東軍参謀の河本大作大佐という人が指揮して、
 列車を爆破させたそうです。
 
 調べれば調べるほど、関東軍の謀略が明らかになってきます。
 
 当時の内閣総理大臣(田中義一)が、昭和天皇から指示を受け
 調査を始めますが、陸軍から様々な妨害を受け、とうとう事件から
 1年くらい経ってから、「やったのは陸軍ではない」という報告を
 します。
 
 納得しない昭和天皇は、再び田中首相を呼び出し、「お前は辞める
 ように」といったことを伝えます。
 
 田中首相はこれを受け、内閣を総辞職し、その後すぐに亡くなって
 しまいます。
 
 とりあえずこれで爆殺事件はケリがついてしまいました。
 
 ここで大事なのは、天皇が直接政治に口を出して内閣総理大臣を
 辞めさせてしまったことです。
 
 このあたりから、昭和天皇の側にいる重臣たちと、陸軍の間に
 不穏な空気が流れ始めます。
 
 これが後に二・二六事件を引き起こす原因にもなります。
 
 この事件をきっかけに、昭和天皇はある決意をします。
 
 「この事件にあって以来、私は内閣の上奏する所のものはたとえ
 自分が反対の意見を持っていても裁可を与える事に決心した」
 
 この本を読む限り、昭和天皇はかなりまともな考え方をしていた
 人に思われます。
 
 それにもかかわらず、「憲法違反になるから」と、この事件を
 きっかけに政治に口を出さなくなるのです。
 
 昭和の最初の出来事ですが、陸軍の暴走と傲慢、そして、昭和
 天皇の決意が昭和のポイントだと思われます。





 この本は、昭和史について、誰にでも理解できるように丁寧に
 書かれた本です。
 
 逆に言うとあまり踏み込んで書かれていないので、読みやすいの
 かもしれません。
 
 この本は500頁あって、まだ半分しか読めていません。
 
 次回もう一度紹介します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/607-c3042653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。