訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロシーおばさんの大事なことに気づく
──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:ドロシーおばさんの大事なことに気づく
 著者:加藤諦三
 出版:扶桑社
 定価:1143円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 自分に正直になったとき、大事なことに気づく
 第2章 本気で何かをしているとき、大事なことに気づく
 第3章 捨ててもいいと思ったとき、大事なことに気づく
 第4章 変わってもいいと思ったとき、大事なことに気づく
 第5章 少し待とうと思ったとき、大事なことに気づく
 第6章 人に頼るのをやめたとき、大事なことに気づく
 第7章 思いがけないところで、大事なことに気づく
 第8章 思いがけない時に、大事なことに気づく
 第9章 じっと見つめたとき、大事なことに気づく
 第10章 じっと聞いたとき、大事なことに気づく
 第11章 新しい人に出会ったとき、大事なこと気づく
 第12章 人を責めるのをやめたとき、大事なことに気づく
 第13章 失敗し、失望したとき、大事なことに気づく
 第14章 違う道を選んだとき、大事なことに気づく
 第15章 大事なことに気づくのは、難しいことじゃない
 第16章 いつも心を開いていたい、いつも耳を澄ましていたい、
     そうすれば、あなたは気づく、あなたは出会う、
     本当の自分に



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■□□□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■□□


 この本は2002年6月に出版されています。

 表題にある「ドロシーおばさん」とは、ベストセラーになった
 「子どもが育つ魔法の言葉」という本の著者で、この本では詩が
 いくつか紹介されています。

 その詩を元に、著者が本を書いています。

 「大事なこと」とは?
 そして、そのことに気づくとどうなるのでしょう?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)大事なこととは何?
 2)ナルシストとはどのような人のこと?
 3)本当の自分に出会うにはどうすれば良いのか?



 大事なこととナルシストの関係はどうなっているのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)大事なこととは何?
 
  「自分に正直になること」
 
  「自分に正直になると大事なことに気がつきます。今まで見え
  なかったこと、いつでも存在しているのに気がつかなかったこ
  と等が見えてくるようになります」
  

 2)ナルシストとはどのような人のこと?

  「いつも自分は他人にどのように映っているかを考えている。
  自分は他人にどのような印象を与えているかを大変気にしている」
 
  「人から笑われ、ちょっと注意されると、すぐに傷つく」
 
  「自身のことをよく話す、自分のした経験、自分の感情、自分
  のアイデアについて、よく話をする」

  「とにかく注目の的になるのが好きである」
 
  「『私は特別な人間である』と思っている」
 
  「他人に色々と期待をする」
 
  「人の幸運が羨ましい」
 
  「私が値するもの全てを得なければ満足できない」


 3)本当の自分に出会うにはどうすれば良いのか?

  「本当の自分に出会うためには、何よりもまず自分の執着に気
  が付くことが必要です。その奥にある本当の自分に気が付き、
  そこから自己実現が始まります」

  「自分中心の心のあり方をやめることが大切」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分のなかのナルシストを意識しよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●初めに「大事なこと」とは何のことを言っているのでしょうか?

▽この本はドロシーおばさんの詩を元に本が構成されています。
 目次にもなっているのですが、もう一度記載します。

 「自分に正直になったとき、大事なことに気づく」
 「本気で何かをしているとき、大事なことに気づく」
 「捨ててもいいと思ったとき、大事なことに気づく」
 「変わってもいいと思ったとき、大事なことに気づく」
 「少し待とうと思ったとき、大事なことに気づく」
 「人に頼るのをやめたとき、大事なことに気づく」
 「思いがけないところで、大事なことに気づく」
 「思いがけない時に、大事なことに気づく」
 「じっと見つめたとき、大事なことに気づく」
 「じっと聞いたとき、大事なことに気づく」
 「新しい人に出会ったとき、大事なこと気づく」
 「人を責めるのをやめたとき、大事なことに気づく」
 「失敗し、失望したとき、大事なことに気づく」
 「違う道を選んだとき、大事なことに気づく」
 「大事なことに気づくのは、難しいことじゃない」
 「いつも心を開いていたい、いつも耳を澄ましていたい」、
 そうすれば、あなたは気づく、あなたは出会う、本当の自分に」
 
 この本で主張している「大事なこと」とは、簡単に要約してしま
 うと「自分に正直になること」です。
 
 自分に正直になると大事なことに気がつきます。
 今まで見えなかったこと、いつでも存在しているのに気がつかな
 かったこと等が見えてくるようになります。
 
 著者は次のように言っています。
 
 「現実は不安な人間が感じているほどつらいものではあありません。
 自分を取り巻く世界に対する偏見。自分自身についての先入観、
 それらのものから脱出しさえすれば、新しい世界が開けるのです」
 
 「新しい世界は外にあるのではありません。自分の心の内にある
 のです。自分の心の内部に隠されている不安や葛藤に気づけば
 世界は開けるのです」
 
 大事なことに気づくとは、考え方一つなんですね。


●では「ナルシスト」とはどのような人のことを言うのでしょうか?

▽この本では、大事なことに気がついてない人たちのことを「ナル
 シスト」と呼んでいます。

 ナルシストの基準がいくつか書かれているのでご紹介します。
 
 「いつも自分は他人にどのように映っているかを考えている。
 自分は他人にどのような印象を与えているかを大変気にしている」
 
 「人から笑われ、ちょっと注意されると、すぐに傷つく」
 
 「自身のことをよく話す、自分のした経験、自分の感情、自分の
 アイデアについて、よく話をする」

 このほかにも、次の5つのナルシストの基準が紹介されています。
 
 「とにかく注目の的になるのが好きである」
 
 「『私は特別な人間である』と思っている」
 
 「他人に色々と期待をする」
 
 「人の幸運が羨ましい」
 
 「私が値するもの全てを得なければ満足できない」
 
 いかがでしょうか?
 
 私は、前半の3つ目「自分のことをよく話す...」に当てはっ
 てました。

 よくやったのは、おじさんにありがちな「おれが20代の頃は.」
 のような話です。
 
 ごく最近ですが言わなくなりました。人に同じような話をされた
 とき、あまり面白くないのと、聞いている方は「いつ終わるのだ
 ろう」とか「どこまで本当なんだろう」程度にしか考えていない
 からです。
 
 おっ!これも大事なことに気が付いたってことですね。

 このような「ナルシスト」は、自分のことしか見ていません。
 心の中が自己中心的にできています。

 「大事なことに気がつく」とは「ナルシスト」をやめることなの
 です。


●最後に「本当の自分に出会う」にはどうすれば良いのでしょうか?

▽著者は次のように言います。

 「ナルシズムとは、ある意味で自己執着のことです。自己陶酔で
 すが、同時に陶酔している自己に執着する心理です。本当の自分
 とは、自己執着する自分の逆です。自己への執着があるかぎり、
 本当の自分には出会えません」
 
 「本当の自分に出会うためには、何よりもまず自分の執着に気が
 付くことが必要です。その奥にある本当の自分に気が付き、そこ
 から自己実現が始まります」
 
 「そして、本当の自分と出会ったときに他人にも出会うでしょう」

 本当の自分に出会うためには、心の方向を変えましょうと言って
 いるのです。

 自分中心の心のあり方をやめることが大切なんですね。




 この本では「ナルシストをやめよう」と主張しています。
 「ナルシスト」の解説がいろんな所に書かれているのですが、
 「どきっ」とするところがたくさんありました。
 
 どうやら私も「ナルシスト」のようです。


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/6-c956956a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。