訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人とは何か。(2回目)
日本人とは何か。―神話の世界から近代まで、その行動原理を探る (NON SELECT)日本人とは何か。―神話の世界から近代まで、その行動原理を探る (NON SELECT)
(2006/07)
山本 七平

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:日本人とは何か。
 副題:神話の世界から近代まで、その行動原理を探る
 著者:山本七平
 出版:詳伝社
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで750円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4396500939/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4060343%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ 「大勢三転考」の日本?伊達千広が描いた歴史観
 第1部 「骨の代」から「職の代」へ
  1章 日本人とは何か
  2章 文字の創造
  3章 律令制の成立
  4章 神話と伝説の世界
  5章 仏教の伝来
  6章 <民主主義>の奇妙な発生
 第2部 「職の代」から「名の代」へ
  7章 武家と一夫一婦制
  8章 武家革命と日本式法治国家の成立
  9章 武家砲の特徴
  10章 エコノミック・アニマルの出現
  11章 下克上と集団主義の発生
  12章 貨幣と契約と組織?中世の終わり
 第3部 名の代・西欧の衝撃
  13章 土一揆・一向宗・キリシタン
  14章 貿易・植民地化・奴隷・典礼問題
  15章 オランダ人とイギリス人
  16章 「鎖国」は果たしてあったのか
  17章 キリシタン思想の影響
 第4部 伊達千広の現代
  18章 家康の創出した体制
  19章 幕藩体制の下で
  20章 タテ社会と下克上
  21章 五公公民と藩の経営
  22章 幕藩体制下の経済
  23章 江戸時代の技術
  24章 江戸時代の民衆生活
  25章 江戸時代の思想
  26章 現代日本人の原型
  27章 現代日本国の原型
 エピローグ 明治維新の出発点



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、平成18年8月に出版されています。
 
 1989年(平成元年)に上下2巻として刊行されたものを、
 1巻にして再刊したものです。
 
 著者は、最近読むことが多くなった山本七平さんです。
 
 日本の文化と社会を独自の手法で分析していく論考は「山本学」
 と称されいまなお広く読み継がれているそうです。



 現代の日本人は日本の歴史を背負っています。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本人の宗教観とは?



 これも面白いです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本人の宗教観とは?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっと日本のことについて勉強してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本人の宗教観とは」どのようなものだったのでしょうか?

▽この本は800ページに渡り日本の歴史について解説されています。

 その全てをお伝えするのは到底無理なので、個人的に気になった
 部分に絞ってお伝えします。
 
 その気になった部分とは「日本人の宗教観」です。
 
 日本人に「あなたの宗教は?」と聞くと、大多数の人は「特定の
 宗教には参加していません」と言うそうです。
 
 私もその中の一人ですが、特定の宗教に参加していないにもかか
 わらず、誰かが死ぬとほとんどの場合、仏式の葬式を行います。
 
 そして、節分や祭り等、それぞれの季節毎にいろいろな神式の
 行事が組み込まれています。
 
 でも、お経は全く知らないし、神道のことについてもほとんど
 知識はありません。
 
 これは、一神教(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教等)を信仰
 する民族にとっては、信じられないことのようです。
 
▽日本は明治元年(1868年)に政府が「神仏判然令」を公布
 するまで、神道と仏教が一体化していました。
 
 仏教の寺院の境内に神社があったり、また神社に社僧(または
 供僧(ぐそう))がいたり、仏像が御神体の神社があったりで
 ハッキリと分かれていなかったのです。
 
 そう言えば先日、浅草の浅草寺に行った時、「お寺だから正月
 はすいているだろう」と予想して行ってみると、お寺の境内まで
 続く仲見世通りに、隙間が無いくらいの人が行列を作って参拝
 しています。
 
 「お寺に初詣?」と変な感じがしましたが、日本の歴史では当たり
 前のことみたいです。
 
▽中国を経て朝鮮から日本に伝わってきた仏教は、道教と儒教も
 含まれていたそうです。
 
 元もと日本には土着宗教があって、それを統一していったのが
 神道と言われているもので、その大元締めが天皇だったのです。
 
 そして、仏教が伝わってきたときに、その天皇が仏教も取り入れて
 しまったのです。
 
 それが西暦587年頃の話です。
 
 その頃から、いろいろな宗教が混ざっていたんですね。
 
▽やがて、キリスト教が日本に伝わってきます。
 
 キリスト教は日本の歴史の中で「弾圧されていた」というイメージ
 がありますが、実はそんなことはなかったようです。
 
 武士の中にもキリスト教を信じていた人達はたくさんいたし、
 信長や秀吉、そして家康もキリスト教という宗教に関しては特に
 禁止はしていなかったのです。
 
 ところが、ときどきの権力者はキリシタンを禁止します。
 
 それは、「国内の安定」ということを考えた場合、キリスト教が
 それを脅かすから、というのが理由でした。
 
 信長の時代も、秀吉の時代も、家康の場合も、宗教に関しては
 特にうるさくはなかったのですが、その宗教団体が武力を持って
 政治に干渉してくる「一揆」をとても恐れていたのです。
 
 国内政治の安定を脅かす宗教は弾圧する、というのが日本の権力者
 が行ってきたことなのです。
 
 したがって、それさえなければ時の権力者も宗教については特に
 禁止することもなかったのです。
 
 元々は「八百万の神々」と言われるように、多神教の土着宗教の
 素地があったので、仏教を受け入れることもできて、キリスト教も
 受け入れることができたみたいです。
 
 受け入れて、みな一緒にしてしまうのが昔からの日本人の特徴です。
 
▽そう思って現在の日本を見てみると、いろいろな面で変わって
 ないということが分かります。
 
 「受け入れてみな一緒にしてしまう」
 
 宗教に限らず、これが日本人の特徴のようです。





 歴史のことについて書かれた本の書評を書くのはなかなか難しい
 です。
 
 要約して書くことになりますが、要約すればするほどいい加減に
 伝えているような気分になってきます。
 
 日本人の特性は「受け入れてみな一緒にしてしまう」ということ
 ですが、さらにもう一つ「受け入れたものを独自に変化・発展
 させる」という特性もありそうです。
 
 日本人っておもしろい民族です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/585-f8a3e784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。