訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーランを知っていますか
コーランを知っていますか (新潮文庫)コーランを知っていますか (新潮文庫)
(2005/12)
阿刀田 高

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:コーランを知っていますか
 著者:阿刀田高
 出版:新潮文庫
 定価:552円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101255296/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3709980%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1話 扉を開けると
 第2話 象の年に生まれて
 第3話 アラーは駱駝を創った
 第4話 預言者たちが行く
 第5話 妻を娶らば
 第6話 神は紙に描けない
 第7話 砂漠のフェミニズム
 第8話 救世者の称号
 第9話 君去りし後
 第10話 聖典の故里を訪ねて



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、平成18年1月に出版されています。
 
 平成15年8月に単行本が出版され、その文庫版となります。
 
 著者は作家で、国立国会図書館に勤務しながら執筆活動をされて
 いるそうです。
 
 様々な賞をもらっている方です。
 
 著書も多数あります。



 何が書いてあるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)コーランの教えとは?



 神の啓示です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)コーランの教えとは?

 「慈悲あまねく慈悲深きアラーの御名において。
 
 万有の主、アラーにこそ全ての称賛あれ、
 
 慈悲あまねく慈悲深き御方、
 
 最後の審(さば)きの日の主宰者に。
 
 わたしたちはアラーにのみ崇め仕え、アラーにのみ御助けを請い願う。
 
 わたしたちを正しい道に導きたまえ、
 
 アラーが御(み)恵みを下された人々の道に、
 
 アラーの怒りを受けし者、また踏み迷える人々の道ではなく」
 
 
 「“わたしたちはアラーにのみ崇め仕え、アラーにのみ御助けを
 請い願う。”は、とても大切。うっかりしているとと見過ごして
 しまいそうだが、ここにある“アラーにのみ”はかりそめのもの
 ではなく、アラーが唯一の神であること、他の神にはけっして
 浮気しないことを宣言している。唯一神アラーに呼びかけて
 “正しい道”に導いて欲しいと願っているのだ」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「コーランの教え」とはどのようなものなのでしょうか?

▽宗教の勉強の一環として購入した本です。

 「コーラン」でアマゾンを検索しても、難しそうな本ばかり出て
 きます。
 
 大きな本屋さんに行って、いくつか手にとって中を読んでみると、
 この本が一番読みやすそうだったので買ってきました。
 
 一番簡単そうでも363ページあります。
 
▽「コーラン」とは、誰もが知っていると思いますが、世界第2位の
 信者、約10億人を持つイスラム教の聖典です。
 
 当然、イスラム教徒はこのコーランを大切にし、生きるための
 指針としています。
 
 コーランは、全部で114章で構成されていて、その内容は多岐
 に渡ります。
 
 人間であるマホメットが得た「神の啓示」を20年間に渡って
 書き連ねたのがコーランで、すべては「神の言葉である」という
 ことになっています。
 
▽雰囲気を味わってもらうために、コーランの一番最初「開端」
 という題名がついている章を紹介します。
 
 「慈悲あまねく慈悲深きアラーの御名において。
 
 万有の主、アラーにこそ全ての称賛あれ、
 
 慈悲あまねく慈悲深き御方、
 
 最後の審(さば)きの日の主宰者に。
 
 わたしたちはアラーにのみ崇め仕え、アラーにのみ御助けを請い願う。
 
 わたしたちを正しい道に導きたまえ、
 
 アラーが御(み)恵みを下された人々の道に、
 
 アラーの怒りを受けし者、また踏み迷える人々の道ではなく」
 
 著者は言います。
 
 「“わたしたちはアラーにのみ崇め仕え、アラーにのみ御助けを
 請い願う。”は、とても大切。うっかりしているとと見過ごして
 しまいそうだが、ここにある“アラーにのみ”はかりそめのもの
 ではなく、アラーが唯一の神であること、他の神にはけっして
 浮気しないことを宣言している。唯一神アラーに呼びかけて
 “正しい道”に導いて欲しいと願っているのだ」
 
 「唯一神」を信ずるのは、ユダヤ教とキリスト教も同じです。
 
 それもそのはずで、この3つの宗教はどうやら同じ「唯一神」を
 崇めているのです。
 
 最初にユダヤ教が現れ、旧約聖書(ユダヤ教の場合は単に聖書)
 が創られていました。
 
 そのユダヤ教からキリスト教が生まれます。
 
 イエスはユダヤ教のラビ(僧)でした。
 
 キリスト教は旧約聖書と、それに加えてキリストを中心として
 物語りが書いてある新約聖書を合わせて「聖書」としています。
 
 元もとの旧約聖書の全てを含んでいるわけではないですが、ほぼ
 同じ構成の旧約聖書+新約聖書を「聖書」としています。
 
 そして、紀元6世紀頃に、マホメットに降りた神の啓示を書いた
 のがコーランですが、その頃にはユダヤ教の聖書とキリスト教の
 新約聖書が存在していたので、コーランにはそれらの聖書に出て
 くる物語がたくさん出てくるのです。
 
 つまり、立場的には、旧約聖書に書かれているのも預言者を通して
 伝えられた神の啓示。
 
 新約聖書も預言者イエスを通して伝えられた神の啓示。
 
 「それだけでは足りなかったので」預言者マホメットを通して
 伝えられた神の啓示がコーランということになっています。
 
 コーランはユダヤ教もキリスト教も含んでいるという形になって
 いるのです。
 
 モーセも出てくるし、イエスも出てきます。
 
 したがって、イスラム教徒はユダヤ教徒やキリスト教徒との結婚
 は許されていますが、それ以外の宗教の信者とは結婚してはいけ
 ないことになっているそうです。
 
 ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も同じ一神教だから結婚しても
 良いそうです。
 
 イスラム教は仏教を認めていません。
 
 仏教の祖である「ブッダ」は人間だからダメなんだそうです。
 
 ということは、日本の「八百万の神々」なんて絶対に受け入れ
 られないのではないでしょうか。
 
▽ユダヤ教には聖書の他に「タルムード」という日々の生活を規定
 する膨大な量の文献がありますが、イスラム教にも「ハーディース」
 という、これはマホメットの言葉や行動や考えを示した、これも
 膨大な量の文献があるそうです。
 
▽読んでみて個人的に思うのは、「神の啓示」であるけれど、マホ
 メットに都合の良いように書かれているような気がしてならない
 です。
 
 しかたないですけど...





 この本は、コーランに書かれている事について、全てではありま
 せんが、そのエッセンスが書かれています。
 
 ただ、読んでいるうちにどうでもよくなってくるのは、私自身が
 コーランに興味が湧かないのか、言っちゃ悪いですが、コーランに
 書いてあることが、ところどころウソっぽいような感じがする
 からかもしれません。
 
 こんなことはイスラム教徒ではないから言えることかもしれませんが...
 
 コーランに出てくる神様は、人間に罰を与える、やけに厳しい
 神様です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/578-aec8bc88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宗教 を一語で検索

宗教での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。 一語で検索【2007/12/21 04:56】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。