訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はなぜ敗れるのか
日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条 (角川oneテーマ21) 日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条 (角川oneテーマ21)
山本 七平 (2004/03)
角川書店

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:日本はなぜ敗れるのか
 副題:敗因21ヵ条
 著者:山本七平
 出版:角川新書
 定価:781円+税
 購入:ブックオフで400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4047041572/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1650760%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 目撃者の記録
 第二章 バシー海峡
 第三章 実数と員数
 第四章 暴力と秩序
 第五章 自己の絶対化と反日感情
 第六章 厭戦と対立
 第七章 「芸」の絶対化と量
 第八章 反省
 第九章 生物としての人間
 第十章 思想的不徹底〔ほか〕
 第十一章 不合理性と合理性
 第十二章 自由とは何を意味するのか
 あとがきにかえて



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2004年3月に出版されています。
 
 野生時代という雑誌の1975年4月号から1976年4月号まで
 連載されていた記事を再編集したものです。
 
 著者は、最近よく読むようになった山本七平さんです。
 
 評論家で、その著書は日本文化論の基本文献として広く読まれて
 います。



 日本はなぜ敗れてしまうのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本の敗因21カ条とは?



 日本人には変な特性があります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本の敗因21カ条とは?

 1.精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。
   然るに作戦その他で兵に要求される事は、総て精兵でなければ
   できない仕事ばかりだった。
   武器も与えずに。
   米国は物量に物言わせ、未訓練でもできる作戦をやってきた
 
 2.物量、物質、資源、総て米国に比べ問題にならなかった
 
 3.日本の不合理性、米国の合理性
 
 4.将兵の素質低下(精兵は満州、支那事変と緒戦で大部分は
   死んでしまった)
 
 5.精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い不利となると
   さっぱり威力なし)
 
 6.日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する
 
 7.基礎科学の研究をしなかった事
 
 8.電波兵器の劣等(物理学貧弱)
 
 9.克己心の欠如
 
 10.反省力なき事
 
 11.個人としての修養をしていない事
 
 12.陸海軍の不協力
 
 13.一人よがりで同情心が無い事。
 
 14.兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事
 
 15.バアーシー海峡の損害と、戦意喪失
 
 16.思想的に徹底したものがなかった事
 
 17.国民が戦いに厭きていた
 
 18.日本文化の確立なき為
 
 19.日本人は人命を粗末にし、米国は大切にした
 
 20.日本文化に普遍性なき為
 
 21.指導者に生物学的常識がなかった事



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本の敗因21カ条」とはどのようなことなのでしょうか?

▽著者の本をまとめて何冊か購入し、手持ちではこの本が最後の本
 となります。
 
 難しい内容の本もありましたが、なかなか読み応えのある文章を
 書く人です。
 
 著者は、1921年生まれで、太平洋戦争当時、砲兵少尉として
 マニラで戦い捕虜となります。
 
 今回紹介する本は、戦争に参加し実際に現地で戦った人の視点から
 
 「日本がなぜ戦争に負けたのか」
 
 という日本の戦争の敗因を書いた内容になっています。
 
 この内容は、太平洋戦争の体験を通して「戦争になぜ負けたのか」
 を書いていますが、それは日本人の特性として、現在の日本でも
 同じ事が言えるのではないか、といった観点で読んでみると、
 うなづけるものがあります。
 
▽この本は、小松真一という人が書いた「虜人日記」という資料を
 基に書かれています。
 
 この人もエネルギーの研究者として戦争に参加し、米軍の捕虜に
 なり、そこで書かれたのが「虜人日記」です。
 
 こういった、戦争当時の実際を正確に物語るには、その資料の
 「現地性」と「同時性」が大切になるそうです。
 
 「現地性」とは、その資料がその場所で書かれたものであること。
 
 そして、「同時性」とは、その時に書かれたものであること。
 
 例えば、戦争体験者が戦争が終わって、日本に帰ってから書いた
 資料というのは、あまり役には立たないそうです。
 
 戦っているときの思想と、戦争が終わって落ち着いている時の
 思想は基本的に違うものになるそうです。
 
 その点、「虜人日記」は、現地性と同時性を満たした記録として
 かなり有効な資料になるのです。
 
▽「虜人日記」に書かれていた日本の敗因21カ条というのがあり
 ます。
 
 小松真一さんが、分析した太平洋戦争における日本の敗因が21
 項目に渡って書かれています。
 
 以下に書き出してみます。
 
 1.精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。
   然るに作戦その他で兵に要求される事は、総て精兵でなければ
   できない仕事ばかりだった。
   武器も与えずに。
   米国は物量に物言わせ、未訓練でもできる作戦をやってきた
 
 2.物量、物質、資源、総て米国に比べ問題にならなかった
 
 3.日本の不合理性、米国の合理性
 
 4.将兵の素質低下(精兵は満州、支那事変と緒戦で大部分は
   死んでしまった)
 
 5.精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い不利となると
   さっぱり威力なし)
 
 6.日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する
 
 7.基礎科学の研究をしなかった事
 
 8.電波兵器の劣等(物理学貧弱)
 
 9.克己心の欠如
 
 10.反省力なき事
 
 11.個人としての修養をしていない事
 
 12.陸海軍の不協力
 
 13.一人よがりで同情心が無い事。
 
 14.兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事
 
 15.バアーシー海峡の損害と、戦意喪失
 
 16.思想的に徹底したものがなかった事
 
 17.国民が戦いに厭きていた
 
 18.日本文化の確立なき為
 
 19.日本人は人命を粗末にし、米国は大切にした
 
 20.日本文化に普遍性なき為
 
 21.指導者に生物学的常識がなかった事
 
 日本は明治以降、戦いにおいて精神面を強調しすぎたのかもしれ
 ません。





 この本は、日本が太平洋戦争に負けた原因を、現地の戦争体験者の
 視点から書いたものです。
 
 元もと勝てる見込みのない戦いではあったのですが、その中でも
 これが負けた原因だ、というのが上記の21項目になります。
 
 次回、その詳細を抜粋して紹介します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/568-98702758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。