訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連合赤軍「あさま山荘」事件
連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫) 連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫)
佐々 淳行 (1999/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


★諸事情により、12月から休日の読書と書評をお休みします。
 ブログの更新は日曜日と月曜日がお休みになります。



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:連合赤軍「あさま山荘」事件
 副題:実戦「危機管理」
 著者:佐々淳行
 出版:文春文庫
 定価:514円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167560054/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1067681%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 出陣
 第2章 苦杯
 第3章 爆弾
 第4章 戦略
 第5章 偵察
 第6章 死闘
 第7章 凱歌



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1999年6月に出版されています。
 
 1993年1月に単行本が出版され、その文庫版となります。
 
 著者は、先日紹介した「東大落城」を書いた、佐々さんです。
 
 警察庁の警備幕僚長として危機管理に携わってきた人です。
 
 著書も多数あります。



 ぜんぜん記憶にはありません。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何が起きていたのか?



 これも日本の歴史の1ページです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何が起きていたのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何が起きていた」のでしょうか?

▽先日は同じ著者の本で「東大落城」(Vol.549:2007/11/11,
 Vol550:2007/11/12)を紹介しました。
 
 これは昭和44年頃の出来事で、私はまだ2歳の頃のことです。
 
 そして今回は、昭和47年2月の頃の話で、私は5歳。
 
 やはり、ぜんぜん覚えていません。
 
 「連合赤軍」が何なのか、なぜこんなに大騒ぎしていたのか、
 そのあたりのことを知りたくて購入しました。
 
▽この事件の様子は全国中継され、NHKの最高視聴率が89%を
 超えたそうです。
 
 日本全国のほとんどの国民がテレビを見ていたことになります。
 
 それほど当時の日本人には関心があったようです。
 
▽事件は、昭和47年2月19日に発生します。

 といってもこの日にいきなりこの事件が起きたのではなく、
 「東大落城」以前から様々な流れがあって、この事件につながって
 います。
 
 この日、連合赤軍のメンバーが軽井沢に現る、との通報があり
 ました。
 
 この連合赤軍は何をしていたかというと、全国を股にかけて銀行や
 郵便局など金融期間の連続強盗を働き、また警察署、交番、警察
 幹部の自宅及び家族を狙う爆弾テロなどの犯行を重ねていたそう
 です。
 
 何を主張していたのか知りませんが、今から見ると単なる犯罪者に
 しか見えません。
 
 しかし、当時の連合赤軍のメンバーはそんなことは思ってなくて、
 真剣に革命を起こそうと思っていたみたいです。
 
▽そもそも「連合赤軍」とは何なのでしょうか?

 書いてある通りに紹介していくと、昭和44年9月に共産同戦旗派
 から分裂して「赤軍派」というのが結成されます。
 
 日本の共産化革命を目指した人たちは、時が経つに連れ、主張に
 違いによって様々に分裂し、この頃にはかなりの派閥に分かれて
 いたみたいです。
 
 それぞれの派閥が「内ゲバ」と称して、互いにいがみ合い、リンチ
 によって多数の死者を出していました。
 
 内部分裂してその中で革命を起こしていたみたいです。
 
 最初は、共産党や朝鮮総連が主体で主に大学生が「学生運動」と
 してやっていましたが、時が経つと高校でも大学並みに授業放棄や
 バリケード封鎖というのが行われていたそうです。
 
 赤軍派は結成と同時に武装蜂起を始めます。
 
 また、赤軍派とは別に、「日共革命左派神奈川県委員会」という
 日共反党グループの中の親中共分子が「毛沢東主義」を掲げて
 「京浜安保共闘」と名乗る労学提携のウルトラ過激派を誕生させ
 ました。
 
 書いていて、何の事やらサッパリ分かりません(笑)
 
 赤軍派は爆弾闘争、京浜安保共闘は銃による闘争を特徴としてい
 ました。
 
 昭和45年は日米安保条約改定の年で、反安保大衆運動が盛んに
 なりますが、次第に沈静化していきます。
 
 しかし、赤軍派、京浜安保共闘などのウルトラ過激派のテロは、
 追いつめられ、学生からの支持を失うにつれて一層過激となり、
 、火炎ビン闘争から、銃器・爆弾闘争へ移行していきます。
 
 その後、赤軍派による「日航機よど号ハイジャック事件」が起き
 赤軍派の9人が北朝鮮へ亡命します。
 
 超過撃破の赤軍派と京浜安保共闘が合体して「連合赤軍」になり
 ます。
 
 昭和46年12月31日のことでした。
 
 全共闘として、大学に籠城していた派閥の流れからできた団体
 ですが、全く別物の凶悪殺人団体と化してしまったのです。
 
▽そして、昭和47年2月に入ると、連合赤軍のメンバーが次々と
 逮捕されます。
 
 2月19日「連合赤軍、軽井沢に現る」の報で、事件は始まります。
 
 最初は「あさま山荘」ではなく、「さつき山荘」で連合赤軍と
 機動隊が遭遇し、銃撃戦が始まりました。
 
 連合赤軍メンバーは「さつき山荘」を出て、「あさま山荘」に
 逃げ込み、管理人夫人の牟田泰子さんを人質に立てこもったの
 です。
 
 この日から、約9日間に及ぶ戦いが始まります。





 「東大落城」を読んでいたときは、投石、火炎ビン、薬品といった
 武器を使っていましたが、次第に過激になり、爆弾や銃を使い、
 銀行強盗をしたり、警察署を襲ったり、警察関係者の家族を襲っ
 たりと、何をもって「革命」と言いたいのか分からない集団と
 化していました。
 
 どのメンバーも20代前半から25歳くらいまでの青年で、良いか
 悪いかは別として、きっと最初は大きな志を持って「革命」と
 叫んでいたのだと思います。
 
 それが、次第に内部分裂を繰り返し、暴力に染まるようになり
 気が付いたら、革命集団ではなくて単なる犯罪集団になってし
 まったようです。
 
 次回、メインのあさま山荘での機動隊と連合赤軍の攻防戦を紹介
 します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/564-e3e67ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。