訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求めない
『求めない』 加島祥造 『求めない』 加島祥造
加島 祥造 (2007/06/29)
小学館

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:求めない
 著者:加島祥造
 出版:小学館
 定価:1365円
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/409387722X/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4403311%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 はじめに 誤解しないでほしい
 求めない?すると
 なぜ、こんな田舎に居るのかって?
 あとがき 私は日誌をつけています
 あんたがたどこさ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2007年7月に出版されています。
 
 著者は、いろいろなことをしていますが、芸術家といった方が
 いいのでしょうか。
 
 著書も多数あります。



 求めないことを目指していますが、なかなか...



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)求めないと...?




 どうなるんでしょうね。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)求めないと...?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 必要以上は求めない 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「求めないと...」どうなってしまうのでしょうか?

▽「求めないこと」。

 この言葉もいろいろな本に書いてあります。
 
 でも、人間は求めないと生きていけない生き物なのです。
 
 人間だけではなくこの地球上に生命あるものは、生きるために
 何か求めなくてはならないのです。
 
 特に人間は、住む場所が必要だし、着る物が必要だし、当然食べる
 物が必要です。
 
 それでも「求めない」と著者が主張するのは、
 
 「必要以上を求めない」
 
 ということなのです。
 
 著者は「はじめに」の冒頭で次のように言います。
 
 「誤解しないでほしい。
 『求めない』と言ったって、
 どうしても人間は『求める存在』なんだ。
 それはよく承知の上での
 『求めない』なんだ」
 
 求めなくては生きていけない生き物だけど、
 
 「求めないですむことは求めない」
 
 ということなのです。
 
▽それは分かっちゃいるけど、一等前後賞3億円の年末ジャンボ
 宝くじを求めて寒空の下行列をつくってしまうのです。
 
 分かっちゃいるけど、給料が上がるように寝る間も惜しんで必死に
 働いて体を壊して、家庭を壊して、人間関係を壊してしまいます。
 
 分かっちゃいるけど、他人の称賛を求めて自分の信条とは違う
 意見に迎合してしまいます。
 
 著者はそれをやめよう、必要以上を求めるのはやめよう、と主張
 しています。
 
▽では、「求めること」をやめるとどうなるのでしょうか?

 それが詩となって延々と書かれています。
 
 気に入った部分を書き出してみます。
 
 「求めない
 すると
 簡素な暮らしになる」
 
 「求めない
 すると
 いまじゅうぶんに持っていると気づく」
 
 「求めない
 するといま持っているものが
 いきいきとしてくる」
 
 「求めない
 すると
 それでも案外
 生きてゆけると知る」
 
 この部分は「確かにそうだ」とまでは言いませんが、現段階では
 「そうかもしれない」と感じています。
 
 特にお金・財産については、欲しいと思うことをやめると、気持ち
 が楽になります。
 
 確かに、将来のことを考えると不安がないこともないですが、
 人間なるようにしかなりません。
 
 「必要であれば必要な分だけお金はやってくる」
 
 そう思い込むと40歳になった今、何も焦る必要がないことに
 気がつきます。
 
 すると今度は「充分に持っている」ことに気がつきます。
 
 他人との比較で幸せを感じるのもどうかと思いますが、日本に
 住んでいて普通に生活している限り、おそらく充分に持っています。
 
 いや、必要以上に持っています。
 
 基本は、そのことに気がつくことだと思います。
 
 「充分に持っていることに気がつく」
 
 そうすると、いろいろと不安が消えていきます。
 
 まだまだですけど...
 
▽最後にもう一つ、一番納得した部分です。

 「求めない
 すると
 比べなくなる
 (ひとと自分を
 過去と今を
 物と価値を
 持つと持たぬとを)」
 
 人間が生きていく上で一番楽に生きられる方法が、他人と比べない
 ということかもしれないです。
 
 他人との比較によって、「もっと持たなくちゃ、もっと、もっと」
 と考えてしまいます。
 
 それをしなくなれば、何もいらないことにきがつきます。
 
 今の自分しかないですから。





 この本は「求めない」ということを徹底的に言葉で表現しています。
 
 意識しては居ますが、なかなか「求めない」ということができずに
 います。
 
 そして、「求めない」+「分かち合う」ことができれば、心豊かに
 暮らせるようになると真剣に思ってます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/563-acff634a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。