訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足立育朗と語る(2回目)
足立育朗と語る―現代地球文化の未来とわたしたち 足立育朗と語る―現代地球文化の未来とわたしたち
森 眞由美、足立 育朗 他 (1997/06)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:足立育朗と語る
 副題:現代地球文化の未来とわたしたち
 著者:森眞由美
 出版:PHP研究所
 定価:1429円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569556981/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f894646%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 宇宙と現代地球文化
 第2部 EVHAの文化に向けて
 第3部 新しい生き方に気づく



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、1997年7月に出版されています。
 
 著者は、様々な教育事業に携わっている人で、「コリン・ローズの
 加速学習法」の訳者としての著者を知っています。
 
 著書も何冊かあります。



 何を語っているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)病気とは?



 様々な意味があるようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)病気とは?

 「お父さんが、あるいはお母さんが一番難しいのは、子どもに
 対して、子どものEXA PIECOさん、本質に対して心から、『ありが
 とう。そういうことを私に気づかせてくれたの。ありがとう。
 おかげで成長できる』という気持ちで感謝をしたりお詫びをする
 ことです」
 
 「『いやあ、そんなことメッセージで送ってくれてたの。気づ
 かなかった。5年も前から送ってくれてたんだ』というような
 こともたくさんあるわけです」
 
 「あるいは何十年送ってもまだ気づいてくれない。子どものEXA
 PIECOさんが『違うんだよ、お父さん。こうなんだよ』という
 ふうに繰り返し送っているけど、一向に気づいてくれないという
 ファミリーがほとんどです」

 「病気は人間の顕在意識が基本的に生み出した病原菌やウィルス
 によるもの、EXA PIECOが生まれる前からプログラムをして、そう
 いう年齢のそういう時期にそのファミリーでこういう役割をしま
 しょう、そしてこういう体験をしましょうとプログラムされて
 いるものと、全部みんなEXA PIECO同士は承知しているわけです
 から」
 
 「その状態の中で、子どもが、例えば長女として病気を通じて
 この時期にお父さんやお母さんに気づいてもらえるために、そう
 いう症状でメッセージを送る」

 「往々にして多いのは、お子さんのEXA PIECOさんが、ものすごい
 振動波で調和がとれて、そして高い周波数でメッセージを送って
 いて、お父さんやお母さんの振動波、EXA PIECOさんを見ますと、
 宇宙との調和度が○(まる)になっていない、調和がとれていな
 いで、マイナスになっている場合もたくさんあるんですね」
 
 「それはどういう状態かと言いますと、子どもの難病が治るため
 に努力をするという意識の中にはお子さんが可愛そうだという
 ことで、自分の子どもだけしか意識できない状態、これは自我
 というものが拡大してしまうんですね」

 「パターンとして一番多いのは自分の子どもが可愛くて、自分の
 お子さんが一時も早く治るためにという意識と、それから、実際
 には顕在意識としては自分が辛くてしょうがないんですね」
 
 「一時も早く良くなって欲しい。自分が辛いから自分のために
 良くなって欲しい。自分の辛いのも早く救われたいから、自分の
 お子さんが早く治って欲しいという努力の仕方をしてしまうと、
 これは自我が拡大しているんです」
 
 「そうすると、お子さんのEXA PIECOさんが高い振動波でメッ
 セージを送っていても受け取れないんです。むしろ、EXA PIECOさん
 のほうがマイナスになってしまうんです」
 
 「顕在意識が、自我が拡大して自分のために子どもが良くなって
 欲しいという行動を取り始めてしまっていても気づけないんですね。
 この状態というのは一番最悪の状態なんです」

 「お子さんが病気が治る一番早い方法というのは、そのお母さん
 やお父さん、あるいは兄弟の方が、そのお子さんがなぜ病気に
 なってどういう意味で私たちにその病気の状態を示してくれて
 いるか、なぜこの病気のお兄さんとかお姉さんとか妹が存在して
 いるのか、それを通じて私は何を学べばいいのかというふうに
 一人ひとりが真剣に考えたら、必ずそこから学ぶことがたくさん
 あるんです」
 
 「そのひとつでも二つでも学んで気づいたら、必ずその病気の
 お子さんに感謝ができます。病気のお子さんに感謝ができるという
 のはEXA PIECOさんに感謝しているんです。メッセージ、ありが
 とうということで」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 メッセージに気づこう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「病気」とはどのような意味があるのでしょうか?

▽前回は家族の意味について少しだけお伝えしました。

 家族というのはEXA PIECO(エキサピーコ)同士が了解しあって
 親と子が決まります。
 
 親と子を決めて家族を作って、その家族を通していろいろなことを
 スタディしようというのがその役割のようです。
 
 そして、親にとって一番難しいのが、子どもから学ぶことみたい
 です。
 
 足立さんは次のように言います。
 
 「お父さんが、あるいはお母さんが一番難しいのは、子どもに
 対して、子どものEXA PIECOさん、本質に対して心から、『ありが
 とう。そういうことを私に気づかせてくれたの。ありがとう。
 おかげで成長できる』という気持ちで感謝をしたりお詫びをする
 ことです」
 
 「『いやあ、そんなことメッセージで送ってくれてたの。気づ
 かなかった。5年も前から送ってくれてたんだ』というような
 こともたくさんあるわけです」
 
 「あるいは何十年送ってもまだ気づいてくれない。子どものEXA
 PIECOさんが『違うんだよ、お父さん。こうなんだよ』という
 ふうに繰り返し送っているけど、一向に気づいてくれないという
 ファミリーがほとんどです」
 
 家庭内の様々な問題、子どもに関する問題、夫婦に関する問題は
 それぞれのEXA PIECO(魂と訳した方が分かりやすいかも)が
 メッセージを送っているのです。
 
 「何かに気づきなさい」というメッセージを、何らかの問題を
 起こすということで伝えています。
 
 それに気づくことが学びになります。
 
▽これは病気も同じで、何らかのメッセージを伝えようとしています。

 「病気は人間の顕在意識が基本的に生み出した病原菌やウィルス
 によるもの、EXA PIECOが生まれる前からプログラムをして、そう
 いう年齢のそういう時期にそのファミリーでこういう役割をしま
 しょう、そしてこういう体験をしましょうとプログラムされて
 いるものと、全部みんなEXA PIECO同士は承知しているわけです
 から」
 
 「その状態の中で、子どもが、例えば長女として病気を通じて
 この時期にお父さんやお母さんに気づいてもらえるために、そう
 いう症状でメッセージを送る」
 
 「人生に偶然はあり得ない」と言われるのは、このあたりの仕組み
 にありそうです。
 
 子どもの病気も、自分の病気も、パートナーの病気も、何かの
 メッセージを含んでいるのです。
 
 そのメッセージに他の家族が気づかなければならないのです。
 
 足立さんは続けて次のように言います。
 
 「往々にして多いのは、お子さんのEXA PIECOさんが、ものすごい
 振動波で調和がとれて、そして高い周波数でメッセージを送って
 いて、お父さんやお母さんの振動波、EXA PIECOさんを見ますと、
 宇宙との調和度が○(まる)になっていない、調和がとれていな
 いで、マイナスになっている場合もたくさんあるんですね」
 
 「それはどういう状態かと言いますと、子どもの難病が治るため
 に努力をするという意識の中にはお子さんが可愛そうだという
 ことで、自分の子どもだけしか意識できない状態、これは自我
 というものが拡大してしまうんですね」
 
 なかなか厳しいことではありますが、自分の子どもが難病になった
 場合、とうぜん自分の子どもが可愛いですから、我が子だけしか
 目に入らないです。
 
 しかし、自分のEXA PIECOが学ぶためには、地球上にいる同じ
 ような病気の子どもたちにも気づくことが必要みたいです。
 
 さらに続けて言います。
 
 「パターンとして一番多いのは自分の子どもが可愛くて、自分の
 お子さんが一時も早く治るためにという意識と、それから、実際
 には顕在意識としては自分が辛くてしょうがないんですね」
 
 「一時も早く良くなって欲しい。自分が辛いから自分のために
 良くなって欲しい。自分の辛いのも早く救われたいから、自分の
 お子さんが早く治って欲しいという努力の仕方をしてしまうと、
 これは自我が拡大しているんです」
 
 「そうすると、お子さんのEXA PIECOさんが高い振動波でメッ
 セージを送っていても受け取れないんです。むしろ、EXA PIECOさん
 のほうがマイナスになってしまうんです」
 
 「顕在意識が、自我が拡大して自分のために子どもが良くなって
 欲しいという行動を取り始めてしまっていても気づけないんですね。
 この状態というのは一番最悪の状態なんです」
 
 親としては子どもの病気が良くなって欲しいというのは当たり
 前の話です。
 
 愛する者が苦しんでいる姿を見るのは辛いですから。
 
 しかし、治って欲しいと思う心が「自分のため」であると、それは
 自我しかありません。
 
 メッセージは違うことを意味しています。
 
▽では、どうすれば子どもの病気が治るのでしょうか?

 足立さんは次のように言います。
 
 「お子さんが病気が治る一番早い方法というのは、そのお母さん
 やお父さん、あるいは兄弟の方が、そのお子さんがなぜ病気に
 なってどういう意味で私たちにその病気の状態を示してくれて
 いるか、なぜこの病気のお兄さんとかお姉さんとか妹が存在して
 いるのか、それを通じて私は何を学べばいいのかというふうに
 一人ひとりが真剣に考えたら、必ずそこから学ぶことがたくさん
 あるんです」
 
 「そのひとつでも二つでも学んで気づいたら、必ずその病気の
 お子さんに感謝ができます。病気のお子さんに感謝ができるという
 のはEXA PIECOさんに感謝しているんです。メッセージ、ありが
 とうということで」
 
 病気のメッセージに気が付くと、子どもの病気は次第に治って
 いくのです。
 
 子どもの病気にも何らかのメッセージが含まれています。





 今回は、家族の病気に的を絞ってお伝えしました。
 
 この本を読んでいると、「宇宙語」というのがたくさん出てきます。
 
 それが、なかなか理解しづらい部分でもありますが、その言葉を
 使うしか表現の方法がないみたいです。
 
 私たち人間が話す言葉というのは、なかなか不自由みたいです。
 
 一応対談形式の本になってますが、ほとんどは足立さんが話して
 いる内容が書かれています。
 
 難しい部分もありますが、いろいろと気づく部分もたくさんあり
 ます。
 
 「波動の法則」と同様にお勧めの本です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/561-7e64b61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。