訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック ユダヤ人大富豪の教え 1、2巻
コミック ユダヤ人大富豪の教え(1) アメリカ旅立ち篇 コミック ユダヤ人大富豪の教え(1) アメリカ旅立ち篇
本田 健、今谷 鉄柱 他 (2005/08/18)
大和書房

この商品の詳細を見る

コミック ユダヤ人大富豪の教え(2) 弟子入り修業篇 コミック ユダヤ人大富豪の教え(2) 弟子入り修業篇
本田 健、今谷 鉄柱 他 (2005/08/18)
大和書房

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:コミック ユダヤ人大富豪の教え 1、2巻
 副題:アメリカ旅立ち篇(第1巻)、弟子入り修行編(第2巻)
 著者:本田健
 出版:大和書房
 定価:952円+税
 購入:いずれもブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4479791299/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4479791302/oyajimushicom-22/ref=nosim/

 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3623165%2f
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3623167%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2005年9月に出版されています。
 
 著者は、「お金の専門家」「人間関係の専門家」で有名な方です。
 
 もう何年か前からのファンです。
 
 著書も多数あります。



 たまにマンガを読むのも楽しいです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どうやって自分の好きなことを見つけるのか?



 まだ他にもたくさんありそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どうやって自分の好きなことを見つけるのか?

 「人生で成功したければ、まず自分が魂を打ち込める何かを見つ
 けることだ」

 「好きなことがわからないのは、得意なこと親、社会が望むことを
 小さいことからやってきたからなんだ。そして安定した人生を
 求め夢を忘れる」
 
 「でもそれは『退屈な人生を生きる終身刑』を自らに科している
 のに等しいんだ」

 「『好きなこと』とはもっと静かで落ち着いたものなのだよ。
 周りの評価も気にならずやっているだけで楽しいことだ」

 「そして、大好きなこととめぐり会う一番の方法は、今、その時に
 やっていることがなんであれ、それを愛することだ」
 
 「自分が『何をやりたいか知り』『今やっていることを愛する』
 この2つのバランスがあれば、導かれるように好きなこと、
 ライフワークにたどりつけるだろう」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の大好きなことをもう一度自問してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「どうやって自分の好きなことを見つける」のでしょうか?

▽「ユダヤ人大富豪の教え」は、以前単行本が出版されたときに
 読んだことがあります。
 
 今回はそのコミック版があったので読んでみました。
 
 著者が書いた本は、「いかに豊かになるか」という、どちらかと
 いうと成功法則に近いもののように聞こえますが、本質は違う
 部分にあります。
 
 「自分の大好きなことをして幸せな小金持ちになろう」
 
 というのが著者が主張していることです。
 
 そして、この本では著者が大学生の頃、アメリカに講演旅行を
 した際に様々な人に出会い、その中でもとびっきりのお金持ち
 の所で滞在したときに聞いた話や、他のメンターと呼ばれる人
 たちから聞いた話を統合して一つの物語としています。
 
 この本に出てくるとびっきりのお金持ちは「ゲラーさん」という
 ユダヤ人の大富豪です。
 
 私が著者のファンなのは、単に「お金持ちになろう」というわけ
 ではなく、「自分らしくどう生きるか」を哲学にしているからだと
 思います。
 
▽その中でも、一番納得がいくのが「自分が好きなことで成功する」
 という部分です。
 
 お金持ちになるかどうかは別として、人間が生きていく上で、
 幸せな毎日を送るためには、自分の大好きなことを仕事にする
 必要があります。
 
 特に大人になってから、仕事は人生のかなりの部分を占めます。
 
 多いときには、1日の3分の2を仕事に費やしている人もいる
 かと思います。
 
 大人になってから、人生の大部分を占める仕事が自分の好きな
 ことではない場合、人生の大部分が幸せではないということに
 なってしまいます。
 
 「現在の生活を維持するためには仕方がない」と割り切れれば
 いいのですが、そのために毎日愚痴を言い、上司の悪口を言い、
 待遇の不平不満を嘆くのであれば、現在の生活は維持できなく
 ても自分の大好きなことを仕事にした方が、確実に幸せになれ
 そうです。
 
 ゲラーさんは次のように言います。
 
 「人生で成功したければ、まず自分が魂を打ち込める何かを見つ
 けることだ」
 
 しかし、ほとんどの人は自分が何が好きなのか分からないし、
 どうやって見つければいいのかも分かりません。
 
 「魂を打ち込める何か」をいくら考えてみても思いつかないのです。
 
 まだ小さな子どもの頃は、おそらく自分の好きなことしかやって
 なかったと思います。
 
 しかし、大人になるにしたがっていつの間にか自分の好きなこと
 から遠く離れたことをやっていることに気が付きます。
 
 気が付くならまだしも、もしかしたらそのことに気が付かずに
 人生を終えてしまうかもしれません。
 
 なぜそうなってしまったのでしょうか?
 
 ゲラーさんは次のように説明しています。
 
 「好きなことがわからないのは、得意なこと、親、社会が望む
 ことを小さいことからやってきたからなんだ。そして安定した
 人生を求め夢を忘れる」
 
 「でもそれは『退屈な人生を生きる終身刑』を自らに科している
 のに等しいんだ」
 
 小さい頃から、周りの人間が望むことをすると誉められ、望む
 ことをやらないと叱られるうちに、次第に自分の好きなことができ
 なくなってしまうのです。
 
 例えば、学校から帰ってきて遊びに行こうとすると、「宿題とか
 ちゃんとやることやってから遊びにいきなさい」と毎日言われると、
 
 「好きなことをやる前に、やるべき事を終わらせなければならない」
 
 と思うのは当然です。
 
 それが潜在意識に強烈にインプットされ続けます。
 
 そうなると、それが生きる上での前提になってしまうのです。
 
▽ただ、自分の好きなことを見つける時に気を付けなければなら
 ないのは、「好きなこと」と「得意なこと」を混同しないこと
 なのだそうです。
 
 それは、どうやって見分ければ良いのでしょうか?
 
 ワクワクして興奮しているうちは本物の『好きなこと』ではない
 そうです。
 
 ゲラーさんは、その見分け方を次のように解説しています。
 
 「『好きなこと』とはもっと静かで落ち着いたものなのだよ。
 周りの評価も気にならずやっているだけで楽しいことだ」
 
 一種のオタクみたいなものなのかも知れません。
 
 さらにゲラーさんは言います。
 
 「そして、大好きなこととめぐり会う一番の方法は、今、その時に
 やっていることがなんであれ、それを愛することだ」
 
 「自分が『何をやりたいか知り』『今やっていることを愛する』
 この2つのバランスがあれば、導かれるように好きなこと、
 ライフワークにたどりつけるだろう」
 
 現在、楽しいことは楽しいですが、まだまだ私は「ライフワーク」
 にたどり着いてないのかもしれません。





 この本は、「お金持ちになる方法」というメッセージを含んで
 ますが、その基本的な部分というのは「生き方」にあると説いて
 いる本です。
 
 自分を見つめ、好きなことを仕事にする。
 
 そうすれば人生は楽しくなります。
 
 それが基本にあって、その基本の上にお金やその他の要素が積み
 上がっていくのです。
 
 まずは、自分の好きなことを見つけましょう。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/553-748e9ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。