訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分であり続けるために
自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ 自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ
田坂 広志 (2005/12/16)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:自分であり続けるために
 副題:流されず、いまを生き切る50のメッセージ
 著者:田坂広志
 出版:PHP研究所
 定価:1100円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569646700/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3705445%2f
 



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 自分の内なる声
 パリで画家が育つ理由
 若き日のこだわり
 たしかな基準
 木を植える覚悟
 
 他、多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■□□□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2006年1月に出版されています。
 
 著者は、メディアバンクというシンクタンクの代表をされている
 方で、他に、新しい時ぢの生き方と働き方を学ぶ「未来からの風
 フォーラム」というコミュニティも主宰しています。
 
 著者も多数あります。



 自分であり続けるのは、なかなか難しいみたいです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)今を生き切るメッセージとは?



 大切なのは「今」だということは分かっているのですが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)今を生き切るメッセージとは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 毎日が人生最後の日だと思って生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「今を生き切るメッセージ」とはどのようなメッセージなので
 しょうか?
 
▽著者の本の紹介は、このメルマガでは3冊目になります。

 過去の紹介分は次の通りです。
 
 ・「人生の成功とは何か」 Vol.305 2007/3/12
 ・「なぜ働くのか」 Vol.429 2007/7/14
 
 東京大学大学院修了の工学博士でシンクタンクの代表と聞くと
 とても堅そうな感じがします。
 
 しかし、生きること・働くことに対する著者のメッセージは魂に
 届きます。
 
 バランスをとっているのだと思います。
 
▽今回読んだ本は、著者が週1回発行する「風の便り」というメル
 マガから厳選されたメッセージが、「今を生き切る」というテーマで
 50掲載されています。
 
 その中から、私が気に入ったメッセージの一部分をいくつか紹介
 します。
 
 選別は私の独断で行っています。
 
▽最初は、宗教改革で有名なマルティン・ルターの言葉を引用して
 いる部分。
 
 「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、私は、リンゴの木を
 植える」
 
 なかなかいい言葉です。

 この言葉は、次のことを意味しているそうです。
 
 「世界が、どう在るかではなく、自己が、どう在るか」
 
 私たちはどうしても自分の周りの人々の言動を気にしてしまいます。
 
 他人の称賛が気になって、自分が本当にやりたいことができなく
 なっている人が多いと思います。
 
 もしくは、日々の生活のためにやりたくない仕事をしている人も
 いると思います。
 
 「世界が、どう在るかではなく、自己が、どう在るか」
 
 今を生き切るためには、自分が何をどうしたいのかをしっかり
 つかむ覚悟が必要です。
 
▽ある男性が海外へ出張したとき、一瞬の不注意から自動車事故を
 起こしてしまい、九死に一生を得たのですが左足を失ったそうです。
 
 男性は病院のベッドの上で嘆き悲しんでいました。
 
 そこへ、男性の妻が日本から病院に駆けつけ、男性を抱きしめ
 次のように言ったそうです。
 
 「あなた、良かったわね。命は助かったし、右足は残ったじゃない」
 
 著者は次のように言います。
 
 「我々の人生の、本当の『分かれ道』は、どこにあるか。
 それは、どのような出来事が起こったかに、あるのではない。
 起こってしまった出来事を、どう解釈するか。
 その解釈にこそ、あるのです」
 
 不幸だとか幸せだと感じるのは、そう思う心があるだけで、
 宇宙に起きる現象には幸も不幸もありません。
 
 どう解釈するかは、その人の考え方次第です。
 
 その解釈からその後の人生が変わります。
 
 つまり起きた出来事に対して、どのように解釈するか、それが
 「人生の分かれ道」になるのです。

▽アップルコンピュータの創業者であるスティーブ・ジョブスが
 17歳のとき、ある言葉に感銘を受けたそうです。
 
 「もし、あなたが、毎日、これが最後の日と思って生きるならば、
 いつかきっと、正しい道に進むだろう」
 
 皆さんはいかがでしょうか?
 
 「本日の夜0時をもって、地球は消滅します」
 
 と言われた時にどうやってその日を過ごすでしょうか?
 
 きっと、いつもと同じ事を淡々とやる人はあまりいないと思います。
 
 愛する人とそれまで過ごしてきた人生について語り合う人もいるで
 しょうし、お世話になった人にお礼をして回る人もいると思います。
 
 著者は言います。
 
 「もし、今日が、人生最後の日だったら、今日やろうとしている
 ことを、やりたいと思うか」
 
 きっと、子どもなら学校には行かないと思いますが、おそらく
 いつも通り遊びに行くのではないかと思います。
 
 でも、大人はそれができません。
 
 人生最後の日に何をしたいか?
 
 人生最後の日にやりたいことが毎日できれば、人生は楽しくなり
 そうです。
 
 私は...





 この本は、「今を生き切る」というテーマで著者が発したメッセージ
 がたくさん書かれています。
 
 ページ数も120頁くらいで、30分もかからず読めてしまいます。
 
 でも、そこに込められた思いは十分に伝わってきます。
 
 人生に終わりがやってきて、その時に誰かにこう問われるそうです。
 
 「良き人生であったか?」
 
 この問いにどう答えるでしょうか。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/552-cf8cd809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。