訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様に好かれる話
神さまに好かれる話―悩みを解消する法則 神さまに好かれる話―悩みを解消する法則
小林 正観 (2007/10)
五月書房

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:神様に好かれる話
 副題:悩みを解消する法則
 著者:小林正観
 出版:五月書房
 定価:1429円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4772704663/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5035186%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 宇宙の法則を使いこなす
 第二章 人生の味方をつくる
 第三章 人に喜ばれる存在になる
 第四章 人生を楽に楽しく味わう



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2007年10月に出版されています。
 
 出たばかりみたいです。
 
 著者は、このメルマガではおなじみになった正観さんです。
 
 本が出る度に買ってます。



 今回はどのような気づきがあるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生の味方をつくるには?



 人生を面白くしたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生の味方をつくるには?

 「人生とは味方をつくる日々です。味方をつくる日々とは、上昇
 志向を持って一生懸命に自分の尻を叩くことではありません」
 
 「目の前に存在する一人ひとりに、『私の力では、とても及ばない
 状態で生きています。皆さんのお陰です。ありがとう』と言って
 頭を下げていくと、人生はそれだけで勝手に進んでいきます」

 「味方をつくると、人生は面白くなります。ですから、損得勘定
 として、今日から味方をつくることをお勧めします。お金も仕事も
 子どもも夫も舅も姑も全部味方にするのです」
 
 「初対面の人にまで、『ありがとう』と言って味方につけていっ
 たら、結果として、人生は楽しいだけになります。今日からたく
 さんの味方をつくって生きていくと、面白いと思います」
 
 「力を抜くだけでも十分に楽になれますが、更に毎日意識しながら
 味方をつくっていくと、困ったときに味方がたくさんいることに
 なります」

 「人との縁は、自然に切れることはありません。『袖すり合うも
 他生の縁』というとおり、出会った人とはすべて大事にすべき
 『他生の縁』がありますが、その縁が切れるときは、すべて気づか
 ないうちに自分から切っているのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 出会った人、これから出会う人全てを味方にしよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人生の味方をつくる」にはどうすればよいのでしょうか?

▽「人生ってなんだ?」と真剣に考え始めたのが、私の場合40歳
 近くなってからでした。
 
 普通は思春期とか20歳前後で悩み・考えるそうですが、40歳
 手前まで、のほほんと生きてきたのです。
 
 特に何の人生哲学もなく、ただただ流されるまま。
 
 40歳手前でやっと「あれっ?何で生きてんだっけ?」と考え
 始めたは良いのですが、未だに明確な解答はつかんでいません。
 
 ただ、一つだけハッキリとつかんだのは「人生は楽しく生きるもの」
 ということだけです。
 
 「人生つらかったら何かが間違っているということだから、その
 状況から抜け出して楽しいことをする」
 
 これがこの世を生きるための心構えの一つだと考えてます。
 
▽ここ数ヶ月で自分について特に思うのは、まだまだ他人を許せ
 ない部分を多々持っているということでした。
 
 自分の思い通りにならないこと(特に仕事で)にイライラする
 ことが最近よく起こります。
 
 これは「何かに気づかなければならないということだ」と勝手に
 考えて、「腹を立てない・怒らない」「不平・不満、愚痴、悪口、
 泣き言、文句を言わない」というようなことを心に刻んで日々
 生活しています。
 
 考え方を少しだけ変えてみると、腹を立てることなく過ごせる
 ことがなんとなく分かってきました。
 
 ただ、それだけでは足りないようです。
 
▽著者は、人生についてを次のように書いています。

 「人生とは味方をつくる日々です。味方をつくる日々とは、上昇
 志向を持って一生懸命に自分の尻を叩くことではありません」
 
 「目の前に存在する一人ひとりに、『私の力では、とても及ばない
 状態で生きています。皆さんのお陰です。ありがとう』と言って
 頭を下げていくと、人生はそれだけで勝手に進んでいきます」
 
 私にとって、この言葉は衝撃でした。
 
 「人生とは味方をつくる日々である」
 
 いままで全く味方をつくらなかったというわけではないです。
 
 ただ、意識して「味方をつくる」ということはしていませんでした。
 
▽自分の人生をよくよく思い返してみると、私の場合、親の仕事の
 都合で転勤したり、家が手狭になった等の理由で引っ越したりして
 ました。
 
 南は九州の熊本から、東北岩手の盛岡、北は北海道に住んで、
 就職で東京へ出てきて、今は横浜に住んでいます。
 
 今では、熊本の中学時代の友人とは音信不通、盛岡の友人とは
 何年かに一度連絡するくらい、北海道の友人とはたまに電話で
 話す程度。
 
 転職する前の会社の同僚とは年に1度会うくらいです。
 
 その場所々では友人ができるのですが、転勤や転職、引っ越しで
 つきあいがなくなってしまう人がたくさんいました。
 
 それを、「距離的にも、時間的にも仕方がないよな」と自分で
 納得していたのですが、実はそうではなかったみたいです。
 
 私の人生の課題の一つは、「いろいろな時代、いろいろな場所で
 味方をつくって、味方を増やすこと」だったのではないかと思える
 のです。
 
 そして、せっかくその場所・時代で味方をつくったのに、自ら
 その味方を切って捨ててきてしまったのではないか?と思い始め
 ました。
 
 しかも、味方をつくってきたのではなく、自分の気に入った人たち
 とだけ関わりを持っていたように思います。
 
 著者は言います。
 
 「味方をつくると、人生は面白くなります。ですから、損得勘定
 として、今日から味方をつくることをお勧めします。お金も仕事も
 子どもも夫も舅も姑も全部味方にするのです」
 
 「初対面の人にまで、『ありがとう』と言って味方につけていっ
 たら、結果として、人生は楽しいだけになります。今日からたく
 さんの味方をつくって生きていくと、面白いと思います」
 
 「力を抜くだけでも十分に楽になれますが、更に毎日意識しながら
 味方をつくっていくと、困ったときに味方がたくさんいることに
 なります」
 
 人に腹を立てて敵をつくるのではなく「味方になってもらう」
 ことを意識して生きてみようと思います。
 
▽さらに、著者は次のようなことも書いていました。

 「人との縁は、自然に切れることはありません。『袖すり合うも
 他生の縁』というとおり、出会った人とはすべて大事にすべき
 『他生の縁』がありますが、その縁が切れるときは、すべて気づか
 ないうちに自分から切っているのです」
 
 まさに私のことを言っている感じがします。
 
 今日、この時点から、出会う人みんなに味方になってもらえる
 ようになり、人との縁を大切にしていきたいと思います。





 この本には、人生を楽しく生きるための知恵が満載です。
 
 正観さんの本はどの本を何度読んでも何か気づきがあります。
 
 この本も、今の私に必要なことがたくさん書かれていました。
 
 きっと皆さんにも何か必要なことが書かれていると思います。
 
 かなりお勧めの一冊です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/548-26437d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。