訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大落城(2回目)
東大落城―安田講堂攻防七十二時間 (文春文庫) 東大落城―安田講堂攻防七十二時間 (文春文庫)
佐々 淳行 (1996/01)
文芸春秋

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:東大落城
 副題:安田講堂攻防七十二時間
 著者:佐々淳行
 出版:文春文庫
 定価:447円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/416756002X/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f776848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 任命
 第2章 出動
 第3章 包囲
 第4章 突入
 第5章 激闘
 第6章 落城
 第7章 終熄



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、1996年1月に出版されています。
 
 1993年1月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、日本の危機管理のエキスパートとして知られています。
 
 著書も多数あります。



 学生達は何を戦っていたのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何が目的だったのか?



 政治的な目的があったのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何が目的だったのか?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何が目的だった」のでしょうか?

▽「東大の安田講堂」と聞くと、「学生運動」「全共闘」といった
 言葉を思い浮かべます。
 
 しかし、実際に何が起きていて、何を主張していて、結果的に
 どうなったのか、実は全く知りません。
 
 以前、テレビで何度か映像をみたことはありますが、今では
 外国でしか見ることができないような映像が流れていました。
 
▽実際に事件が起きたのは、昭和44年1月、私が2歳の頃です。
 
 戦っていたのは、その頃20歳前後の学生で、今なら60歳前後
 の人たちです。
 
 昭和40年代の学生達は元気があったみたいです。
 
 この本を読んでいると、知らない単語がたくさん出てきます。

 「ゲバ・スタイル」「セクト集団」「アジ演説」「全共闘」
 「反安保闘争」「学園紛争」「内ゲバ」「代々木派」「反代々木派」
 「新宿騒擾(そうじょう)事件」「フロント」「革マル派」「中核派」
 「ML」「四トロ」「全学連」「血のメーデー事件」「社学同」
 「社青同解放派」「トロツキズム」「第一次羽田闘争」「代々木系民青」
 「トロ・トロちゃん」「民コロ」等々、当時学生だった人には
 懐かしい言葉かもしれないですが、私と同じ40歳前後の人は
 おそらく知らない言葉だと思います。
 
 全国の大学を舞台に日本中が混乱していみたいです。
 
▽この本の主題になっている「東大安田講堂事件」の背景について
 紹介します。
 
 昭和25年(1950年)、朝鮮戦争が始まったとき、スターリン
 は全世界の共産党に対し、北朝鮮を支援し、アメリカ帝国主義の
 後方をかく乱するために、武装闘争を解するように指令します。
 
 とっばじめはやはり政治思想みたいです。
 
 日本共産党は、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)と、誕生した
 ての全学連(全日本学生自治会総連合)と共闘して、「火炎ビン
 闘争」とよばれる武装革命闘争を全国規模で起こします。
 
 今でも日本共産党と朝鮮総連は破壊活動防止違反法の容疑団体に
 指定されているそうです。
 
 その頃、革命を起こそうとしていた団体の基本理念は「反米、
 反帝、反社会主義のマルクス・レーニン世界革命路線」だった
 そうです。
 
 と言われても何のことやらサッパリ分かりませんが、とにかく
 何かの革命を起こして、日本を共産主義にしてしまおう、という
 のがこの頃の目的だったのです。
 
 昭和30年になると、日本共産党は平和革命路線に思想を変更し
 ます。
 
 昭和35年(1960年)には、世界的に米ソ平和共存政策へ
 路線変更されました。
 
 この頃から、「全学連」が共産党に忠実な「代々木系」と、のちに
 3派系全学連(中革派、社学同、社青同解放派)とよばれることに
 なる反代々木系に分裂します。
 
 代々木系は正当派マルクス・レーニン主義による平和革命路線を
 堅持したのに対し、反代々木系の全学連は、「世界急進同時革命・
 武力革命」のトロツキズムの性格を強め、両派は次第に争いを
 始めるようになります。
 
 「トロツキズム」とは、ウィキペディアによると「マルクス主義
 および共産主義革命理論のこと」です。
 
 詳細はやはり分かりません。
 
 二つの会派の闘争目標は「70年闘争」というスローガンがあって
 昭和35年に有効期限10年間として締結された「日米安保条約」
 の改定の日、昭和45年6月23日を決戦に日として、それぞれの
 セクト(分派)の政治勢力の強化を図っていたのです。

 「セクト(分派)」とは、「カルト」と同様に、社会的に警戒を
 要する団体という否定的な意味があるそうです。
 
 そして、昭和42年(私が生まれた年です)10月8日、「第一
 次羽田闘争」が始まって、その革命的エネルギーは、昭和45年
 6月23日までの990日間にわたって、トロツキスト主導型の
 連続武装闘争が続くのです。
 
 最初は一緒に戦っていた全学連は、代々木系と反代々木系に分かれ
 、双方激しい敵意を抱いて対立し、至る所で乱闘さわぎを起こします。
 
▽昭和40年代に全国的に行われた、大学紛争の発端は、昭和40年
 の授業料値上げにありました。
 
 当初の学園紛争は「経済闘争」であり、「学園民主化」として
 始まったのです。
 
 しかし、そのとき、中国で「文化大革命」が起こり、毛沢東が
 言った「造反有理(反抗することには理由があり、反体制運動は
 正しいという意味)」という反体制精神が日本の大学生にも影響を
 及ぼしていたようです。
 
 その「造反有理」を、反代々木派の過激派全学連が、彼らの目指す
 「反戦・反米・反帝政治闘争、とくに1970年の「日米安保条約
 改定の阻止」という政治目標に向けて、「政治闘争」を大学に
 持ち込んでしまったのです。
 
 学園闘争は、次第にエスカレートし、最盛期には都内102の
 大学のうち55校がバリケード封鎖される自体となり、社会問題、
 政治問題、教育問題に発展したのです。
 
 学園闘争の当初の目的は授業料値上げ反対、学園運営の民主化等
 だったのですが、そこへ「革命」という政治思想を持ち込んでし
 まったために騒ぎが大きくなってしまったのです。
 
 東大キャンパスでも、代々木派と反代々木派の争いは過激になり
 負傷者も600名を超え、治安問題にまで発展していました。
 
 政府はどうしていたかというと、当時は佐藤内閣で、当初基本的に
 大学内で起きていることは内部で解決せよ、という考えだったよう
 ですが、「この状態が続くなら昭和44年度の東大入試の中止も
 やむなし」という意見が出て、文部省から大学側へ「昭和44年
 1月15日までに正常ができない場合は、東大入試は中止する」
 との指示がなされたのです。
 
▽そこで、当時東京大学の大学総長代行だった加藤一郎は、学生達と
 交渉を行いますが、どうにも成らなくなり、とうとう著者が当時
 課長を勤めていた警視庁警備課に連絡が入ります。
 
 そこから機動隊が東大の校内に流れ込んでいくことになります。





 この本には、私が知らない昭和の歴史の一部が、著者が所属していた
 機動隊の立場から描かれています。
 
 私は残念ながら大学に行ったことはありませんが、現在の大学でも
 起こりうる事なのでしょうか。
 
 今から約40年くらい前の話です。
 
 今とはかなり変わったんでしょうね。
 
 まだ、一冊読み切れていないので、次回もう一度紹介させてくだ
 さい。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/544-fde24626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。