訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(6回目)
CD付[新版]生きがいの創造 CD付[新版]生きがいの創造
飯田 史彦 (2003/03/20)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生の自己評価とは?



 「死」を体験した後、反省するようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生の自己評価とは?

 「指導役の意識体たちは、今終えてきたばかりの人生を回顧する
 ようにうながし、目の前でパノラマのように、その一生のビジョン
 を見せてくれます。そのビジョンを見ながら、終えてきた人生に
 おける後悔や罪悪感、自責の念が、心の底からわき上がってくる
 のです」

 「中間生に戻って終えてきた人生を見せられ、後悔を体験する
 ことは、一種の地獄を体験することと同じである。自分の犯した
 罪が、言い訳も理由づけもすべてはぎ取られて、生々しく醜い姿
 をさらけ出すからだ」

 「ここで問われるのが、結局のところ、『どれだけ人々を愛したか』
 『つねに良心的な言動をとったか』ということのみであり、この世
 で儲けたお金や、得た地位がいっさい評価されないことは、きわ
 めて重要です。これこそが、生まれ変わりの法則をつかさどる、
 基本原則だということができるでしょう」

 「たとえ有名な大スターや、大企業の社長や、総理大臣になった
 としても、その人生で多くの人を裏切り、傷つけてしまった場合
 には、もだえ苦しみながら深く反省することになります」
 
 「その逆に、たとえ一生をお金や地位とはまったく無縁な農民
 として過ごしたり、社会的にはうだつのあがらないサラリーンマン
 として終わったとしても、その人生で多くの人々に愛情を与え、
 かかわった人々を幸せにしてきた場合には、指導役の意識体たち
 からたいへん称賛され、自分の成長度を確認して大いに満足する
 ことができるのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 死んでから後悔しないように現世を生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人生の自己評価」とはどのようなことなのでしょうか?

▽私たちが現世で「死」を体験すると、その意識体(魂)は中間生に
 戻ります。

 中間生では「指導役の意識体」というのが存在してい、戻ってきた
 意識体が終えてきたばかりの人生を自己評価するのを助けてくれる
 そうです。
 
 自己評価の方法とは、自分自身の人生を目の前でパノラマのように
 見せてくれ、それを見ながら反省を促されるそうです。
 
 著者は言います。
 
 「指導役の意識体たちは、今終えてきたばかりの人生を回顧する
 ようにうながし、目の前でパノラマのように、その一生のビジョン
 を見せてくれます。そのビジョンを見ながら、終えてきた人生に
 おける後悔や罪悪感、自責の念が、心の底からわき上がってくる
 のです」
 
 人生のパノラマを見ているだけだと何の意味もありません。
 
 テレビをみているのと同じです。
 
 そこで見せてくれる自分の人生を見て、今終えてきた人生で他人に
 与えた苦しみが、あたかも自分がその苦しみを受けるかのように
 感じるのです。
 
 後悔や罪悪感、自責の念が一つ一つ実感をともなって、あっという間
 に再現されるのです。
 
 そして、人生の一つ一つの出来事に対して厳しく自己分析を行い、
 反省するのです。
 
 精神的に、身体的に自分が傷つけた人の気持ちを体験したり、
 自分が病気になった時の親や家族の気持ちを自分のことのように
 体験し、理解します。
 
 退行催眠で被験者に過去生を体験させ、研究をしているホイットン
 博士という人がいて、その人が次のように言っているそうです。
 
 「中間生に戻って終えてきた人生を見せられ、後悔を体験する
 ことは、一種の地獄を体験することと同じである。自分の犯した
 罪が、言い訳も理由づけもすべてはぎ取られて、生々しく醜い姿
 をさらけ出すからだ」
 
 現世において「善行を積みなさい」と言われるのは、こういった
 地獄の体験を軽くするためだと思われます。
 
 そういうことがあると分かれば、今からでも他人の気持ちを理解
 して後悔しないように人生を生きなくてはならないです。
 
▽私達は、自分の人生の再現を見せられながら、終えてきた人生に
 おける全ての言動の説明を求められるそうです。
 
 責任ある行動をとらなければならないということですね。
 
 そこで問われるのは、その人の誠実さと道徳性のみだそうです。
 
 著者は言います。
 
 「ここで問われるのが、結局のところ、『どれだけ人々を愛したか』
 『つねに良心的な言動をとったか』ということのみであり、この世
 で儲けたお金や、得た地位がいっさい評価されないことは、きわ
 めて重要です。これこそが、生まれ変わりの法則をつかさどる、
 基本原則だということができるでしょう」
 
 現世で得た物質、地位や名誉、お金、そういったものは何の評価も
 されない、つまり、人生には生きていく程度の物やお金があれば
 いいということになります。
 
 また、それも人それぞれで、自分の人生は自分で計画しているため、
 たとえば、人を喜ばせる商売をして、それで得たお金でさらに人を
 幸せにする、という人生を送る人もいると思います。
 
 たぶん、そういったお金の使い方というのは評価されると思います。
 
 ただ、「お金が欲しい」という自分のエゴのために金儲けをし、
 物質を手に入れても何の評価もされません。
 
 したがって、お金をたくさん持っている人を「羨ましい」と思い、
 「自分も...」と考えるのは、悪いことではないと思いますが、
 自分の人生計画に「お金を得る」というのがあればお金持ちに
 なれるし、人生計画に「お金持ち」がなければお金持ちにはなら
 ないのです。
 
 したがって、他人の人生と自分の人生を比べるのは、何の意味も
 ないのです。
 
 どのような人生を送ろうとも、その根底にある基本原則「愛」が
 ないと、評価されません。
 
 著者は言います。
 
 「たとえ有名な大スターや、大企業の社長や、総理大臣になった
 としても、その人生で多くの人を裏切り、傷つけてしまった場合
 には、もだえ苦しみながら深く反省することになります」
 
 「その逆に、たとえ一生をお金や地位とはまったく無縁な農民
 として過ごしたり、社会的にはうだつのあがらないサラリーンマン
 として終わったとしても、その人生で多くの人々に愛情を与え、
 かかわった人々を幸せにしてきた場合には、指導役の意識体たち
 からたいへん称賛され、自分の成長度を確認して大いに満足する
 ことができるのです」
 
 もし、自分の今までの人生を振り返ってみて、
 「人々を幸せにしてきたか?」
 「多くの人々に愛情を与えてきたか?」
 と問われたら...
 
 今からでも、大いに反省しなくてはならないです。
 
▽ここで出てくる「指導役の意識体」という存在は、裁判官のような
 存在ではなく、あくまでも自分たちの味方で、助けてくれる存在
 です。
 
 意識体が成長するのを、決して見捨てることなく助けて指導して
 くれる教師として存在しています。
 
 安心して成長することができます。





 今回は、人生の自己評価ということで、私たちが現世で死んだあと、
 中間生に行ったときに、自分自身をどのように評価するかを紹介
 しました。
 
 物質界に住んでいる私たちには、お金や物を手に入れるのに興味
 が向かう傾向にあります。
 
 生きていくためにはある程度物質は必要なので、仕方がないのかも
 しれません。
 
 しかし、必要以上のお金や物を得ても何の評価もされないなら
 あまり持っている意味はないのではないかと思うようになって
 きました。
 
 きれい事なのかもしれません。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/537-d2d788d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。