訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路の決着
猪瀬直樹 道路の決着 猪瀬直樹 道路の決着
猪瀬 直樹 (2006/04/05)
小学館

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:道路の決着
 著者:猪瀬直樹
 出版:小学館
 定価:1429円+税
 購入:アマゾンマーケットプレイスで650円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/409394167X/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4008190%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 摘発
 第二章 分裂
 第三章 謀略
 第四章 決断
 第五章 追跡



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2006年5月に出版されています。
 
 著者の本職はノンフィクション作家です。
 
 現在は、東京都副知事をしています。



 利権に群がり執着する組織・人というのは醜いです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何が起きていたのか?



 報道では分からない部分がたくさんあります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何が起きていたのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません> 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何が起きていた」のでしょうか?

▽日本国はなぜ膨大な借金を抱えているのでしょうか?

 お小遣い帳的に考えてみると、「入ってくるお金より出ていくお金
 の方が多いから」です。
 
 お小遣いの場合は、手元にある現金しか使えないため借金をする
 ことはなく赤字になることはありません。
 
 国の場合は「国債」というのを発行し借金をします。
 
 借金をするのは別に悪いことではなくて、企業や個人の商売を
 考えても、借金ができるからいろいろなことができるようになり
 発展していくことができます。
 
 しかし、借金にも限度というものがあります。
 
 企業や個人は借金が多くなると、「債務超過」で立ち行かなくなり
 破産や倒産という形になります。
 
 しかし、国がいくら借金をしても倒産することはありません。
 (もしかしたらあるのかもしれませんが...)
 
▽著者や当時の総理大臣の小泉さんがやろうとしていたのは、道路
 公団の民営化です。
 
 道路公団とは、「日本道路公団」「首都高速道路公団」「阪神
 高速公団」「本州四国連絡橋公団」の4公団です。
 
 当時、この4公団の借金の合計はなんと40兆円!
 
 年間売上高は2兆6千億円なのに、さらに借金をして道路を造ろう
 としていたのです。
 
 毎年、借金の返済に7千億もの税金が投入されていました。
 
 道路を造り維持するにはお金がかかるのは分かりますが、その内訳
 が問題です。
 
 経営努力をしてそのような状態になっているのであれば、「しかた
 ないな」と思えるのかもしれません。
 
 しかし、経営努力というものは一切無く、談合による発注も高
 コスト、道路公団に巣くっているファミリー企業には潤沢に資金が
 流れていました。
 
 そのファミリー企業には、国土交通省や道路公団のOBが多数
 天下っています。
 
 まるでブラックホールのように、名前のついていない「税金」、
 郵貯から泉のごとく湧いてくる「財政投融資」を吸い込み、私服を
 肥やし、しかし表面上は膨大な借金という構図になっていました。
 
 その入り口と出口にメスを入れたのが、道路公団民営化と郵政
 事業民営化です。
 
 立場によっては、賛成反対が分かれると思います。
 
 しかし、日本国という見方をした場合は、民営化はしなければ
 ならなかった、と個人的には思っています。
 
▽この本が面白いのは、当時のテレビや新聞で報道されていた内容
 とは違って、霞ヶ関の役人や、道路公団の総裁や副総裁等の偉い
 人たち、道路族の異名を持つ政治家、マスコミ等々の裏事情が
 分かるという部分です。
 
 道路工事は競争落札のはずですか、その落札率が97%もあります。
 
 落札率とは、発注側が算出した予算に対し、受注側がどのくらいの
 金額で受注したかというのを数値で表したものです。
 
 97%ということは、発注側と受注側が出した金額がほぼ一致する
 ということで、競争落札をしている限りありえないはずなのです。
 
 それが、何年間分の落札率を平均して97%ということは、明ら
 かに発注側と受注側が話し合って決める「談合」が行われていた
 としか考えられない事態になってました。
 
 そのことを日本道路公団の技術系のトップである、副総裁に著者が
 問いただしたところ、「そんなことは知らない」と突っぱねます。
 
 最終的にこの副総裁は逮捕されてしまいます。
 
 こういったことが、一つ々暴かれていきます。
 
 著者は道路公団民営化会議を全てをメディアに公開し、自らも
 報道番組に出演し、巧みにマスコミを利用します。
 
 この作戦は功を奏し、報道を見ていたさまざまな機関が動き始め
 ます。
 
 道路公団に強制捜査が入り、いろいろな人が逮捕され、「膿出し」
 が始まります。
 
 著者の作戦は大成功で、道路族は世論の声を無視するわけにも
 いかず、鳴りを潜めます。
 
▽このような状況になるまでには、いろいろな裏事情があります。

 最初に行われ著者が参加していた「行革断行評議会」から、
 「民営化委員会」へ移行する際に、著者がそのまま選ばれたのか
 というと、そう簡単にはいかなかったみたいです。
 
 与党の政治家からは「猪瀬外し」を小泉総理に進言したり、族議員
 と呼ばれる政治家からの圧力もありました。
 
 しかし、一番の敵は霞ヶ関の国土交通省であり、日本道路公団
 だったのです。
 
 小泉総理は「サプライズ人事」が有名で、自民党内に基盤を一切
 持たない代わりに、そういった圧力にも関係のない人だったみたい
 です。
 
 民営化委員会には一番嫌われていた著者も選ばれました。
 
 著者は言います。
 
 「道路公団職員は、監督官庁の国交省道路局と表向きは利害が
 一致する限り協調関係を装うが、実際には面従腹背なのだ。民営化
 のかけ声を巧みに利用して国交省のくびきから逃れて独立王国を
 築きたいのである」
 
 「国交省道路局対公団技術系、国交省対公団事務系、公団技術系
 対公団事務系と三つどもえの覇権争いは、際限のない陰湿な喧嘩
 と妥協の繰り返しの世界であり、隠語が支配する奇妙な秩序の
 保たれた閉鎖的な空間だった」
 
 「そこへアウトサイダーの僕が、小泉首相の”代理”として国民
 の利益代表の立場で闖入(ちんにゅう)することで強烈なアレルギー
 反応が引き起こされたのである」
 
 民営化委員の選別は小泉総理が決めるのですが、それぞれの委員を
 推薦する人がいて、その水面下ではさまざまな利権争いが行われて
 いたのです。
 
 結果、民営化委員に選ばれたのは7人でその内訳は、国交省の
 代弁者2名、道路公団事務系の代弁者が2名、高速道路と競合
 関係にあるJRの利害の代弁者が1名、利害関係がない国民の
 代弁者は著者ともう一人の2名となりました。
 
 選んだ小泉総理は委員の背後関係を調べるまでにはいたらなかった
 ためこのような人選になってしまったみたいです。
 
 民営化委員会は、さまざまな利権と権力が絡み合ってはじまたの
 です。





 この本には、私達がテレビや新聞等の報道では決して知ることが
 できなかった、裏事情がたくさん書かれています。
 
 日本の政治家、霞ヶ関の役人、競争する企業の代表者が繰り広げる
 争いは、よくできたドラマより面白いかもしれません。
 
 次回、民営化が結果的にどうなったのかを紹介したいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/531-bab6cc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。