訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「困った人たち」とのつきあい方
「困った人たち」とのつきあい方 「困った人たち」とのつきあい方
ロバート・M. ブラムソン (1997/06)
河出書房新社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:「困った人たち」とのつきあい方
 著者:ロバート・M・ブラムソン
 出版:河出書房新社
 定価:1600円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4309202861/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f892955%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 どこにでもいる「困った人たち」
 第2章 敵意を秘めた攻撃型の3タイプ?シャーマン重戦車型・
     狙撃手型・爆発手型
 第3章 完全な不平家型?「それにもう一つ…」
 第4章 貝型?無言で反応しない人たち
 第5章 過剰同調型と愛想がよすぎる人たち
 第6章 否定型?消極論者の影響力
 第7章 自信過剰の専門家型?ブルドーザー型と風船型
 第8章 優柔不断な決定回避型
 第9章 効果的な対処法の基本的な手順
 第10章 考え方のスタイル?対処する際にさらに気をつけたいこと
 第11章 対処法の適用?相手を窮地に追い込む?対上司と自己防衛



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1997年6月に出版されています。
 
 著者は、国際的に非常に著名なアメリカのコンサルタント、と
 紹介されています。
 
 アメリカ心理学学会、全米作家協会、応用行動科学学会などに属し、
 UCLAで講義をするかたわら、テレビ・ラジオへの出演、主要
 新聞雑誌などへの記事や連載など、各方面で活躍しているそうです。



 今のところ夫婦で悩んでいます。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)困った人たちとは、どのような人たちなのか?



 いろいろなタイプがいます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)困った人たちとは、どのような人たちなのか?

 ・敵意を秘めた攻撃型(以下の3タイプがあるそうです)
  シャーマン戦車型
  狙撃手型
  爆発手型
 ・完全な不平家型
 ・貝型(無言で反応しない人たち)
 ・過剰同調型と愛想が良すぎる人たち
 ・否定型
 ・自信過剰の専門家型
 ・優柔不断な決定回避型



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分のことを客観的に見てみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「困った人たちとは」どのような人たちなのでしょうか?

▽ちょうどいま、私と嫁さんが2人とも「困った人たち」の対処法で
 困っています。
 
 2人とも「決断回避型」のリーダーがいて、どうしたものか話し
 合いをしています。
 
 決断回避型の人の他にも「困った人たち」の種類はたくさんあり
 ます。
 
 著者は「困った人たち」を以下の7種類に分けています。
 
 ・敵意を秘めた攻撃型(以下の3タイプがあるそうです)
  シャーマン戦車型
  狙撃手型
  爆発手型
 ・完全な不平家型
 ・貝型(無言で反応しない人たち)
 ・過剰同調型と愛想が良すぎる人たち
 ・否定型
 ・自信過剰の専門家型
 ・優柔不断な決定回避型
 
 人はそれぞれいろいろな性格があるので、誰でも少しはどれかに
 当てはまっているのではないかと思います。
 
 この本に書いてある「困った人たち」とは、周りにいる人たちを
 巻き込んで不快な気分にさせたり、困らせたりすることが得意な
 人たちです。
 
 もちろん本人は、他人を不快にさせているとは少しも思ってません。
 
 おそらく指摘しても聞かないと思います。

 だから、周りにいる人たちはどう対処していいのかわからないの
 です。
 
▽そのような人たちにどう対処すればいいのか、著者が詳細に説明
 しています。
 
 全ては説明できないので、今のところ私と嫁さんが困っている
 「優柔不断な決定回避型」の困った人たちへの対処法を紹介したい
 と思います。
 
 優柔不断な人はたくさいます。
 
 私も時と場合によっては、いつまでも決定しない優柔不断型に
 なります。
 
 ただ、ここで書かれている優柔不断型はいつでもどこでもどんな
 ことでも決断しない人たちのことです。
 
 どのような人たちか、「まとめ」があるので書き出してみます。
 
 ・決定回避型は、他人に迷惑をかけるかもしれないのに決定を
  先延ばしするような、親切すぎて優柔不断なタイプである。

 ・時間が経つに連れ、決定すべきもののほとんどを先送りして
  ゆけば、いずれすぐに決定しなくてもよくなるので、このやり方
  が「うまくいく」ことになる。

 ・彼らは正直であることと、誰も傷つけたくないという気持ちの
  板挟みから逃れるために、回りくどい話し方をする。
 
 一番困るのは自分に決定権がなくて、それをお願いした人が
 優柔不断な決定回避型の困った人の場合で、その依頼は延々と
 先送りされることになります。
 
 特に、そんなにせっぱ詰まった依頼でもない場合は、何ヶ月でも
 放って置かれます。
 
 結果的に、その依頼が必要なときになってあわててどうにかしよう
 としますが、そこでも決定を回避するためズルズルと先延ばしに
 されてしまうのです。
 
 結局困るのは依頼した人です。
 
 しかも、問いつめたとしても、決定的なことは絶対に言いません。
 
 ひどいときには、別の人や別の部署の責任にしてしまうのです。
 
▽「いるいる!」と思った方も多いと思います。

 では、どういう人たちにはどのように対処すればいいのでしょうか?
 
 これにも「まとめ」があるので紹介します。
 
 ・決定を妨げている葛藤や心配事について、彼らが話しやすい
  ようにすること。

 ・どこに問題があるかを知る手がかりにするために、回りくどい
  表現、言いよどみ、言い忘れなどがあるかどうかに注意して
  話を聞くこと。

 ・問題をうまく浮き彫りにすることができたら、彼らがそれを
  解消して決定ができるよう協力すること。

 ・もし彼らの問題行動の原因があなた自身に関することである
  場合には、
  …過去の問題をすべて認識する。
  …関連のあるデータを客観的に述べる。
  …計画を提案する。
  …協力を求める。

 ・あなら自身が決定回避の原因でない場合には、彼らが事実を
  検討するのに全力で協力すること。事実に照らし合わせて、
  実現できる解決策に順位をつけること。こうすれば、彼らが
  他人の意見を退けなければならない場合に、よりやりやすくなる。

 ・それが実現された場合の、あなたの提案の質の高さとその有効性
  の見通しを強調すること。

 ・決定が行われたと思われる時にはそれをサポートすること。

 ・決定の実行段階で、できれば主導権を取ること。

 ・話の途中で相手が突然怒りだしたり、そわそわしたりしてい
  ないか、注意深く観察すること。もしそんな兆候があれば、
  決定を迫られている目の前の状況からいったん彼らを引き離す
  努力をすること。
  
 要するに、言葉は悪いかもしれませんが
 
 「腹を立てるより、手玉に取る」
 
 と思った方が上手くいくのかもしれません。
 
 でも、面倒くさいです(笑)





 この本は、上記の7つの「困った人たち」について、詳細な分析と
 その対処法が書かれています。
 
 私もこれまでいろいろな人に出会ってきて、いくつかのタイプにも
 会ってきました。
 
 そこで、いつも思うのは「こういう人にはなりたくないな」と
 いうことです。
 
 最近は、何かと腹は立ちますが「人のフリ見て我がフリ直せ」で、
 反面教師として見るようにしています。
 
 本当は受け入れてしまえばいいのですが、そんなに簡単にはいか
 ないです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/525-7ea6ca95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。