訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路の権力
道路の権力 道路公団民営化の攻防1000日 道路の権力 道路公団民営化の攻防1000日
猪瀬 直樹 (2003/11/13)
文藝春秋

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:道路の権力
 副題:道路公団民営化の攻防1000日
 著者:猪瀬直樹
 出版:文藝春秋
 定価:1600円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4163654003/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1614088%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 行革断行評議会篇
  第1章 聖域に挑む
  第2章 実力者たち
  第3章 九三四二キロという旗
  第4章 変人の戦術
 第2部 道路公団民営化委員会篇
  第5章 民営化委員会発足
  第6章 総裁たちの弁明
  第7章 「凍結」の道路
  第8章 論破
  第9章 最終答申
  終 章 国民の選択



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2003年11月に出版されています。
 
 著者の職業は作家です。
 
 以前、「日本国の研究」を読んだことがありましたが、良く知る
 ようになったのは、特殊法人の廃止・民営化の委員をやって、
 テレビに出るようになってからです。
 
 著書も多数あります。



 道路になぜ権力があるのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)道路の権力とは?



 どのようなドラマが起きていたのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)道路の権力とは?

 まずは、著者の主張。
 
 「道路4公団の分割民営化は、永田町の利益や霞ヶ関の利益の
 ためではなくて、国民の利益のためにやるんだということが第一
 前提だと思います」
 
 「永田町や霞ヶ関の人だけでこういうことを討論したり決めて
 いくと、必ずしも国民の利益になるかどうかわからない。した
 がって僕は民間人の立場から、国民の利益をつねに考えた意見を
 述べさせていただきたい、こう思っています」

 そして、当時総理大臣だった小泉さんの主張。
 
 「公務員、役所の構造改革という分野での改革は、小泉内閣が
 目指す改革の中核です。改革が一番遅れているのが役所の構造
 改革だ」
 
 「郵政3事業だけでなく、国全体の財政投融資制度、特殊法人、
 天下り問題などの仕事を見直さなければいけない。その象徴として
 あげたのが、郵政3事業の民営化であり、道路公団の民営化など
 である」
 
 「この税金を誰が、いつ負担するかという問題を解決しないと
 日本の経済の再生はない。だからいま構造改革に最も力を入れて
 いるんです」

 「道路はただの道路ではない。道路建設は巨大な資源の分配であり、
 どこに、いつ、どれだけのコストをかけてつくるのか、それを
 決めるのが政治であり、権力の行使そのものだからだ。そして
 日本の意思決定は、官僚機構と族議員との間で、国民のあずかり
 知らぬ密室でなされてきたのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「道路の権力」とはどのようなことなのでしょうか?

▽今から4、5年前、ニュースステーション等のテレビのニュースを
 見ていると、毎日のように「民営化」の話題があったような記憶が
 あります。
 
 つい最近の話しような気がしますが、もう何年も経っています。
 (現在では郵政事業の民営化が始まっています)

 そして、この本の著者である猪瀬直樹さんもよくテレビに出てま
 した。
 
 確か、「特殊法人の廃止、民営化」について話をしていたと思い
 ます。
 
 「思います」ということは、私自身そのときには何が問題なのか
 何も分かってなかったということです。
 
▽日本という国は「特殊法人」という、国が管理している組織が
 あります。(現在どのようなっているかよく分かりません)
 
 特殊法人の何が悪いのかというと、要するに「金」が問題なのです。
 
 この本に書かれているのは「道路公団」のことなので、道路公団
 に限って言えば、その当時の役人の試算でいくと、
 
 「今後20年間にわたって毎年3000億円(計6兆円)の税金を
 投入すれば、現行の料金収入水準を維持しつつ9342キロの
 高速道路を整備することが可能である」
 
 と言われていたそうです。
 
 当時の道路公団は4つあって、「日本道路公団」「首都高速道路
 公団」「阪神高速道路公団」「本州四国連絡橋公団」です。
 (ちなみに2005年9月に全て民営化され株式会社になってます)
 
 「道路は国の政策なので、税金を投入して当たり前」という理論
 の基、ジャブジャブとお金を投入してきたのです。
 
 とにかく9342キロを作ってしまうのが先決だと。
 
 「そのためには税金をいくら投入しても構わない」というのが
 「道路」に関連する人、組織の主張なのです。
 
▽「道路」に群がっているのは、国土交通省そして、いわゆる
 「道路族」と言われる政治家等、ジャブジャブ投入される税金に
 群がってくるアリはたくさんいました。
 
 そこにメスを入れたのが「変人」の小泉さんでした。
 
 そして、著者は「行政改革断行評議会」という行政改革担当大臣の
 諮問機関として発足した会のメンバーに選出されたのです。
 
▽本を読んでいると、役人と政治家の知らなかった姿がよく見えて
 きます。
 
 なぜ、「道路族」という族議員が出てくるかというと、彼らは
 地元の選挙で戦う時に、「おらが町に高速道路を引く」というのを
 公約に掲げた人たちなのです。
 
 したがって、その公約を守れない場合は次の選挙に勝てない、
 というのが切実なる政治家の思いなのです。
 
 従って、税金はいくら投入したとしてもかならず高速道路は自分の
 地元まで引かなくてはならないのです。
 
 そして、高速道路を引いた結果として、ほとんど交通量のない
 地方の片田舎に道路ができてしまったりするのです。
 
 また、役人にしてみると、特殊法人という赤字になってもいくら
 でも金が使えるおかしな組織にいる限り、その特殊法人の別の
 組織を作って自分の天下り先を確保するという甘い汁を手放す
 わけにはいかないのです。
 
 そういったことを見直そうというのが、「民営化」なのです。
 
▽いろいろな立場のいろいろな人が言いたいことがあるのですが、
 その主張を抜粋してみます。
 
 まずは、著者の主張。
 
 「道路4公団の分割民営化は、永田町の利益や霞ヶ関の利益の
 ためではなくて、国民の利益のためにやるんだということが第一
 前提だと思います」
 
 「永田町や霞ヶ関の人だけでこういうことを討論したり決めて
 いくと、必ずしも国民の利益になるかどうかわからない。した
 がって僕は民間人の立場から、国民の利益をつねに考えた意見を
 述べさせていただきたい、こう思っています」
 
 我々国民からするととても真っ当な意見です。
 
 そして、当時総理大臣だった小泉さんの主張。
 
 「公務員、役所の構造改革という分野での改革は、小泉内閣が
 目指す改革の中核です。改革が一番遅れているのが役所の構造
 改革だ」
 
 「郵政3事業だけでなく、国全体の財政投融資制度、特殊法人、
 天下り問題などの仕事を見直さなければいけない。その象徴として
 あげたのが、郵政3事業の民営化であり、道路公団の民営化など
 である」
 
 「この税金を誰が、いつ負担するかという問題を解決しないと
 日本の経済の再生はない。だからいま構造改革に最も力を入れて
 いるんです」
 
 私たち一般人にはなかなか分かりづらい構図ですが、国のお金の
 流れを変えないと日本は良くならないよ、と言うのが小泉さんの
 主張です。
 
 その他に、役人の主張、族議員の主張も当然それぞれあります。
 
 その主張を読んでみると、「変人」なのは役所の人間であり、
 族議員のような気がしてならないです。

▽道路の権力について、著者は次のように書いています。

 「道路はただの道路ではない。道路建設は巨大な資源の分配であり、
 どこに、いつ、どれだけのコストをかけてつくるのか、それを
 決めるのが政治であり、権力の行使そのものだからだ。そして
 日本の意思決定は、官僚機構と族議員との間で、国民のあずかり
 知らぬ密室でなされてきたのである」
 
 まるで砂糖に群がるアリの群れです。





 この本は、著者が実際に参加した政治の世界を、作家の視点で
 書いている本です。
 
 実はこの本を買った時はあまり興味がなくて、「どんなことが
 起きてたんだろう」ということを知りたくて買ったのですが、
 読んでみるとなかなか面白いです。
 
 政治家の思惑、役所の思惑、役所の人間の思惑、小泉首相の決意
 著者の主張等々、それぞれの思惑や言いたいことを読んでいく
 だけでも面白いですが、そこに役所や族議員の著者への嫌がらせや
 圧力、脅し、協力等、まるで子どもの遊びのようなあからさまな
 駆け引きが出てきます。
 
 とても大人のやることには思えません。
 
 
 この本は500頁近くあって、実はまだ半分しか読めてません。
 
 というわけで、次回もう一度残りの半分を紹介します。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/512-6eebb1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。