訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つっこみ力
つっこみ力 ちくま新書 645 つっこみ力 ちくま新書 645
パオロ・マッツァリーノ (2007/02/06)
筑摩書房

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:つっこみ力
 著者:パオロ・マッツァリーノ
 出版:ちくま新書
 定価:700円+税
 購入:ブックオフで400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4480063471/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4290173%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一夜 つっこみ力とはなにかもしくはなぜメディアリテラシーは
     敗れ去るのか
  愛の章  わかりにくさは罪である
  笑いの章 つっこみ力の神髄
  勇気の章 権威へのつっこみ
  幕間   みんなのハローワーク?職業って、なんだろう
 第二夜 データとのつきあいかた



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は、2007年2月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、日本文化に造詣の深い、自称イタリア
 生まれの30代で、現在は千葉県民と書かれています。
 
 プロフィールが書いてありますが、かなり怪しげな感じです。
 
 何をしている人か良く分かりません。
 
 著書が何冊かあります。



 何に対してのつっこみ力なんでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)つっこみ力とは?



 良く分かりません。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)つっこみ力とは?

 「メディアリテラシー」という言葉をご存じでしょうか?

 「テレビや新聞、雑誌、広告が伝える内容には、創作側の意図に
 よる偏りが含まれるから、鵜呑みにせず、制作者の意図をきちんと
 見抜いて判断しましょうね、ということ」

 「いっそのことメディアリテラシーを日本人向けに『つっこみ力』
 と改名したらどうかと、ご提案するのです。そう、漫才で使う、
 あのつっこみです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「つっこみ力」とはどのようなことなのでしょうか?

▽はっきり言うと、この本を読んでも著者が何を言いたいのか私には
 良く分かりませんでした。
 
 もしかしたら、私の読み方が良くないのかもしれません。
 
 話があちこちに飛び回るので、何が本筋なのか良く分からないの
 です。
 
 どうやら、最初の方はメディアリテラシーのことについて書か
 れているらしいのですが、雑学がいたるところにちりばめられて
 いて、主題が何なのか良く分かりません。
 
 しかも、言い訳させてもらうと、この日カバンに入れて持って
 いった本がこの本1冊しかなかったので、読んだ本もこの本だけ
 です。
 
 仕方ないので、私が読みとった限りの内容で紹介します。
 
▽「メディアリテラシー」という言葉をご存じでしょうか?
 
 著者は言います。
 
 「テレビや新聞、雑誌、広告が伝える内容には、創作側の意図に
 よる偏りが含まれるから、鵜呑みにせず、制作者の意図をきちんと
 見抜いて判断しましょうね、ということ」
 
 私がテレビや新聞をほとんど利用しないのも、このメディアリテ
 ラシーが存在するからです。
 
 特にテレビや新聞はどうも嘘が多いような気がします。
 
 報道する内容には、必ず一定の現実があって、それだけを伝えれば
 良いような気がしますが、報道する側が持っている「思想」を必ず
 繁栄させます。
 
 したがって、起きている事象は全く同じであるにもかかわらず、
 報道される内容がぜんぜん違う、ということが起こります。
 
 例えば、新聞でいうと朝日新聞と産経新聞を両方読んでみると
 分かります。
 
 思想の違いが良く分かります。
 
 一般家庭では、おそらく新聞は1社しか取りません。
 
 ということは、その新聞で報道されていることを読んでいると、
 読み手側も必ずその新聞と同じ思想になります。
 
 我が家では、朝日、読売、日経、産経を取ったことがありますが、
 読んでいると、何が真実なのか良く分からなくなってきます。
 
 テレビも同じです。
 
 報道番組でも必ず作り手の思想が入ります。
 
 有名なキャスターがいる番組は、そのキャスター思想がかなり
 繁栄された報道になります。
 
 もちろん、番組制作側の思想と合ってないとそのキャスターは
 使ってもらえないと思いますが...
 
 そういったメディリテラシーの存在が自分で気が付いてから、
 テレビや新聞はほとんど利用しなくなりました。
 
 偏った思想や考え方を持つのがなんとなく嫌だったのです。
 
 日本で一番購読数が多い新聞は朝日新聞ですが、朝日新聞しか
 取ってない方は、一度産経新聞を読んでみると面白いです。
 
 同じ日の新聞を比べて読んでみると、なかなか面白いです。
 
 テレビや新聞を利用しなくなって、社会から取り残されてしまうの
 では、と恐怖心を抱く方もいるかもしれませんが、決してそんな
 ことはありません。
 
 普通に生きていけます。
 
 「情報が命」の職業に就いている方は利用しないわけにはいきま
 せんが、社会の最新情報にあまり関係ない仕事をしている方は、
 いっそのこと利用するのを止めることをお勧めします。
 
▽その「メディリテラシー」という言葉ですが、私は知りません
 でした。

 この本を読んで初めて知った言葉です。
 
 そこで、この本の題名である「つっこみ力」が出てくるのです。
 
 著者は言います。
 
 「いっそのことメディアリテラシーを日本人向けに『つっこみ力』
 と改名したらどうかと、ご提案するのです。そう、漫才で使う、
 あのつっこみです」
 
 そして、著者はつっこみ力に必要なのは「愛と勇気とお笑い」
 だと言います。
 
 
 ・・・やっぱり理解できん。





 この本は、メディアが発する報道や、その報道の根拠になっている
 データに対して疑問を投げかけている(と思います)本です。
 
 ただ、先程も書いたように、いたるところに雑学知識が書かれて
 いて、結局何を伝えたいのか私には読みとることができませんで
 した。
 
 その雑学はけっこう面白く読めます。
 
 肩の凝らない本ではあります。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/507-6cf4d640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。