訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創世の守護神 下巻(2回目)
創世の守護神〈下〉 創世の守護神〈下〉
グラハム ハンコック、ロバート ボーヴァル 他 (1996/10)
翔泳社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:創世の守護神(下)
 著者:グラハム・ハンコック、ロバート・ボーヴァル
 出版:翔泳社
 定価:1500円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4881354213/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f838464%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第3部 二重性・続
  第10章 ホルス=王の探求
 第4部 地図
  第11章 見えない教団
  第12章 賢者たちと「従う者たち」
  第13章 星を追って
  第14章 空間と時間の座標
  第15章 空と地上が一つになるとき
  第16章 瓶の中のメッセージ?
  第17章 「最初の時」の場所
  第18章 始まりへの回帰
 付録1?6



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1996年10月に出版されています。
 
 著者の一人、グラハム・ハンコックは、大学で社会学を専攻し、
 現在は調査旅行と執筆に明け暮れる生活をしているそうです。
 
 「神々の指紋」「神々の刻印」は世界中でベストセラーになって
 います。
 
 もう一人の、ロバート・ボーヴァルは、土木建築技師として人生の
 大半をエジプトや中近東で過ごすうちに、ピラミッドと星の相関
 関係に興味を抱くようになったそうです。



 ピラミッドとスフィンクスの謎がいよいよ解き明かされます。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)スフィンクスとピラミッドの本当の目的とは?



 ポイントは「二重性」にあります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)スフィンクスとピラミッドの本当の目的とは?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「スフィンクスとピラミッドの本当の目的」とはどのようなこと
 なのでしょうか?

▽前回の紹介では、エジプトの歴史というのは、現在分かっている
 王朝時代が始まる前に、36620年の年月が流れていると書か
 れた資料があることをお伝えしました。
 
 最初の王朝が始まったのが、紀元前2500年前。
 
 それ以前に36620年歴史があると書かれています。
 
 現在分かっている人類の歴史は、その時代には存在していない
 ことになっているのです。
 
▽ここで、天文学では一般的らしいのですが、私たちがあまり知ら
 ない地球の動きを説明します。
 
 それは「歳差運動」と呼ばれる動きで、言葉で説明するととても
 難しいのですが、ウィキペディアに分かりやすい写真が掲載されて
 いるのでこちら http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B3%E5%B7%AE
 を参照ください。
 
 この歳差運動で、地軸が元の位置に戻るのに25800年かかり
 ます。
 
 1度動くのに71.6年かかります。
 
 歳差運動があることによってどうなるのかと言うと、春分点
 (太陽が毎年春に天の赤道を南から北へ横切る点)が、12宮
 (黄道を中心とした空における帯状の領域)の上を逆方向に
 動き、2100年で一つの星座を通り過ぎることになるそうです。
 
 現在の春分点は魚座と水瓶座との境界にあるそうです。
 
 つまり、時代によって同じ時期の同じ場所に見える星座というのは、
 変わるということになります。
 
 1度動くのに71.6年かかるので、人間にはその変化というのは
 見た目にはほとんど分からないと思われます。
 
 25800年見続けると、また同じ星座が同じ時期に同じ場所に
 見ることができるということになります。
 
 そして、このピラミッドを建造した人たちは、どうやらその歳差
 運動を知っていたらしいのです。
 
▽エジプトにあるピラミッドで特に有名な3つのピラミッドは、
 現在では、それぞれの王の墓と言われています。
 
 それぞれクフ王、カフラー王、メンカフラー王の墓と言われて
 いますが、遺体らしきものは一つも発見されていません。
 
 しかし、その配置を見ると3つのピラミッドが直線で並んでいる
 わけではなく、微妙にずれています。
 
 このずれは、天空に輝くオリオン座の中心にある三つの星(オリ
 オンベルト)の配置と全く同じ配置になっているのです。
 
 そして、ライオンの形をしたスフィンクスは、頭、肩、背中だけが
 地面の上に見えている姿で、真東の地平線を見つめています。
 
 ライオンとは日本語では獅子を示します。
 
 著者は、オリオンベルトと獅子座を、3大ピラミッドとスフィン
 クスに当てはめて、ある推測をします。
 
 著者は言います。
 
 「ギザの建造物は、悠久の昔の春分の夜明けに起こった天文学的
 にもめずらしい同時発生事件のモデルである。大スフィンクスが
 空の獅子座を見つめているだけでなく、(スフィンクスが見つ
 めている地平線から)太陽が昇ると同時に、オリオン・ベルト
 (三つのピラミッドのモデル)が南の子午線を横切るのだ」
 
 言葉にするとサッパリ分からないと思いますが、本には分かり
 やすいイラストが書かれています。
 
 現在は、そのような星座の状態にはなりません。
 
 真東を向いているスフィンクスが見つめる地平線上に、獅子座の
 頭、肩、背中が見えている状態で、オリオンベルトが地平線上に
 並んだときの状態が、地上に投影されていると言うのです。
 
 そして、歳差運動を計算したソフトを使って、コンピュータで
 再現してみると、なんと紀元前10500年に獅子座とオリオン座
 がそのような状態になるそうです。
 
▽星座が、上記のような状態になるのは夜明け前で、太陽はまだ
 地平線上には出ていません。
 
 この星座の状態のときは、カフラー王のピラミッドから伸びる
 「参道」上に太陽が昇ります。
 
 上記の状態で太陽の位置を図に示してみると、獅子座の後ろ足の
 12度ほど下に位置に当たるそうです。
 
 これを地上に投影してみると、スフィンクスの後ろ足のおよそ
 30メートル下に位置することになります。
 
 そして、そこには...





 この本には、ピラミッドとスフィンクスに関する謎が、著者の
 視点から書かれています。
 
 学説には決して受け入れられない説らしいのですが、ピラミッド群
 の位置、内部の構造、スフィンクスの位置、ピラミッド・テキスト
 の記述、そしてコンピュータを駆使して、全てを統合してみると、
 太古の昔に存在した文明が後世の文明に何かを伝えようとして
 いたのではないかという推測は、おそらく間違っていないと思い
 ます。
 
 そして、その謎というのは、ピラミッドの構造や寸法、内部構造を
 知ることによって、全てが計算できるようになっています。
 
 歳差運動まで計算できるのです。
 
 それほど正確にピラミッドは建造されているのです。
 
 何が真実かは私には分かりませんが、歴史とは見える物だけから
 判断するのではなく、見えないものも一つの可能性として考えて
 みるのも必要なのかもしれません。
 
 あくまでも「仮説」ですが、ピラミッドの謎に興味がある方は
 読んでみて下さい。
 
 とても興味深く読めます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/502-0f89457f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。