訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うつ」をやめれば、楽になる
「うつ」をやめれば、楽になる―やっかいな心の荷物をおろしなさい 「うつ」をやめれば、楽になる―やっかいな心の荷物をおろしなさい
フランク ミナース、ポール メイヤー 他 (2002/09)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:「うつ」をやめれば、楽になる
 副題:やっかいな心の荷物をおろしなさい
 著者:フランク・ミナース、ポール・メイヤー
 出版:PHP研究所
 定価:1450円+税(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 うつの本当の正体は何か
 第2章 何が、うつをひきおこすのか
 第3章 どうやって、うつを克服するか
 附 録 うつの分類、うつ患者のケーススタディ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2002年9月に出版されています。

 ネットで検索してみると、「全米80万部の大ベストセラー」と
 あります。アメリカでは売れているようですね。

 著者は二人とも、有名な精神科医で全米各地でクリニックを開設
 しています。

 「うつ」とはどのような症状なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)うつの正体とは?
 2)うつの原因とは?
 3)うつの克服法とは?



 うつの克服法が分かれば、自分が落ちこんだときの脱出法のヒント
 になるかも知れません。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)うつの正体とは?

 「うつは複雑でつらい障害であり、心、体、スピリチュアリティ
 全てに影響します。現実の痛みを回避するために、完全に現実と
 の接点を失うところまで進んだりと、さまざまな程度の症状が見
 られます」
 
 「そのうつの症状は、臨床的に見て大きく五つに分かれます。
 それは、悲しい感情、つらい思考、身体的諸症状、不安と興奮、
 そして妄想的思考です。もし、これらの症状のために本人が生理的、
 社会的に何か悪影響を受けるようなら、うつと言えます」


 2)うつの原因とは?

 ・遺伝的なもの
 ・子ども時代に植えつけられたもの
 ・心の痛み
   自己肯定感の欠如
   他者との親密さの欠如
   神との親密さの欠如
 ・いい子に育てられた場合
 ・人を操作するためにうつになる(演技性人格障害)
 ・ストレス
   大切なものの喪失
   怒りが自分の内面に向かってくる
   自己イメージが傷つけられる
   PTSD(心的外傷後ストレス障害)
   偽りの罪悪感を持つ
   真の罪悪感うを持つ
   誤った見方


 3)うつの克服法とは?

 1.毎日、人生に感謝し、生きる決心をする。
 2.毎日、黙想する時間を持ち、生活に取り入れる。
 3.怒りを翌日に持ち越さない。
 4.伴侶、子どもたち、親、兄弟姉妹、親しい友人たちと、時間
   をともに過ごすことを毎日心がける。
 5.毎週、友人1?2名と時間をともにすごす。
 6.自分に満足をもたらす、決まった日課をする(仕事、遊び、
   家事、その他の活動などを含む)。
 7.週1回誰か一人のために何かいいことをする。

 「『できない』という言葉は使わないこと。『できない』、
 『やってみたけど』の多くはいい訳であることを知っています」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分で幸福を選択しよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「うつの正体」とは何でしょうか?

▽著者は「うつ」の症状として、次のように説明しています。

 「うつは複雑でつらい障害であり、心、体、スピリチュアリティ
 全てに影響します。現実の痛みを回避するために、完全に現実と
 の接点を失うところまで進んだりと、さまざまな程度の症状が見
 られます」
 
 「そのうつの症状は、臨床的に見て大きく五つに分かれます。
 それは、悲しい感情、つらい思考、身体的諸症状、不安と興奮、
 そして妄想的思考です。もし、これらの症状のために本人が生理的、
 社会的に何か悪影響を受けるようなら、うつと言えます」
 
 私はとりあえず大丈夫そうです。
 
 この部分に書いてある、うつの詳細な症状を読んでいると、自分
 の能天気さがよく分かりました(笑)

 うつの方はつらそうです。
 
▽また、著者は次のように言います。

 「うつは自殺の最大の原因です。自殺はアメリカ人の死因の10位
 を占め、年間2万4千人の自殺者がいます」
 
 日本は確か、年間3万人を超えてますね。
 実はアメリカよりかなり深刻な問題なのですね。
 
 死ぬくらいならそこから逃げたほうがよさそうです。
 と、簡単に言ってしまいましたが、逃げ出せないからうつになって
 しまうのでしょうね。


●では「うつの原因」にはどのようなものがあるのでしょうか?

▽著者はうつの原因として、次のようなことをあげています。

 ・遺伝的なもの
 ・子ども時代に植えつけられたもの
 ・心の痛み
   自己肯定感の欠如
   他者との親密さの欠如
   神との親密さの欠如
 ・いい子に育てられた場合
 ・人を操作するためにうつになる(演技性人格障害)
 ・ストレス
   大切なものの喪失
   怒りが自分の内面に向かってくる
   自己イメージが傷つけられる
   PTSD(心的外傷後ストレス障害)
   偽りの罪悪感を持つ
   真の罪悪感うを持つ
   誤った見方

 うつの原因のほとんどは「ストレス」です。
 現代病でもあるのですね。
 
 そして、うつの種のほとんどは、1?6歳までの子ども時代に植
 えつけられるそうです。
 
 逆に、遺伝的な原因というのはほとんどないそうです。


●では「うつの克服法」とはどのような方法なのでしょうか?

▽著者は次のように言います。

 「7つの習慣にのっとって生きていけば、だれでもうつのつらさ
 の大半は避けられると確信しています」
 
 その「7つの習慣」とは、どのような習慣なのでしょうか?
 
 1.毎日、人生に感謝し、生きる決心をする。
 2.毎日、黙想する時間を持ち、生活に取り入れる。
 3.怒りを翌日に持ち越さない。
 4.伴侶、子どもたち、親、兄弟姉妹、親しい友人たちと、時間
   をともに過ごすことを毎日心がける。
 5.毎週、友人1?2名と時間をともにすごす。
 6.自分に満足をもたらす、決まった日課をする(仕事、遊び、
   家事、その他の活動などを含む)。
 7.週1回誰か一人のために何かいいことをする。

 こう見ていくと、簡単そうなことばかりです。
 
▽ただし、7つの習慣を実施する前に、著者はひとつだけ注意をし
 ています。

 「『できない』という言葉は使わないこと。『できない』、
 『やってみたけど』の多くはいい訳であることを知っています」
 
 「『できない』の代わりに『しない』を使うこと」
 
 「『できない』をすべて『しない』に変えれば、現実を避けるこ
 とをやめ、自分をあざむくことをやめて、真実に生きられるよう
 になります。うつになっている人は、自らうつを選んでいるのです」

 たとえば、

 「夫と仲良くできません」
 「子どもを思うようにしつけられない」
 「仕事が見つけられない」

 等々、これらは次のように言い換えるべきだと。
 
 「夫と仲良くしません」
 「子どもを思うようにしつけません」
 「仕事を見つけません」

 どういうことかと言うと、うつの人は、現実を避けて他人の責任
 にして生きているというのです。自分の責任で生きることができ
 ない人たちだと言っています。
 
 だから、「できない」は「しない」に言い換えて、自分の責任で
 行動することが大事なのです。





 この本の、いたるところに出てくる言葉があります。
 それは、「幸福は自分が選ぶもの」です。

 著者によると、うつの人は自分から「うつ」を選択していると言
 うのです。
 
 ということは、自分から「幸福」を選択することもできるのです。
 
 ただし、自分で自分の心を直すのは、難しそうなので、「うつかな」
 と思ったら、専門医に見てもらった方が一番良い「幸福」の選択
 だと思います。



──────────────────────────────
 ◆編集後記
──────────────────────────────
 2.「豊かな人生」とは、お金の多い少ないにはあまり関係ない。

 これについては、いろいろな本に書かれています。

 言っていることはなんとなく分かるのですが、「お金持ち」を
 やったことがないのでこればかりは納得できません。
 
 一度、お金持ちになってみます。



 では今日はこの辺で。



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/48-120990da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。