訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(5回目)
CD付[新版]生きがいの創造 CD付[新版]生きがいの創造
飯田 史彦 (2003/03/20)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)死んだ後に気が付くこととは?



 いろいろなことに気づくようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)死んだ後に気が付くこととは?

 「人生を終えてから初めて『愛』の大切さに気づく人が多く、
 十分に愛してあげなかった人々への罪悪感から、その人たちへの
 罪滅ぼしの意味も込めて、その後の人生を見守って助けようと
 することが少なくないようです」

 「人生を終えた後でも、物質世界に遺した愛する人たちのそばに
 いて、意識体の姿で見守っていたという記憶が、催眠状態で次々
 に出てきます」
 
 「このような記憶からは、私たちにとって、『別離』という言葉が
 幻想に過ぎないことがわかります。私たちは愛する人たちと、
 心の奥で、永遠に『つながって』いるのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 後悔しないように生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「死んだ後に気が付くこと」とはどのようなことなのでしょうか?

▽前回の紹介では、人は死んだ後、トランスパーソナルな状態
 (自己を超えてつながり合っている存在)に戻るため、あの世へ
 先だっていった人たちと再会しますが、その人たちののことが
 手に取るように解るようになります。
 
 そして、自分が何をすべきだったのかが全て理解出来るようになる
 ということでした。
 
 ということは、死んでみないと本当の自分の目的が何だったのか
 というのは解らないということになります。
 
 それに気が付くことが、この世で私たちに課せられた(と言うか、
 自分で自分に課した)課題なのです。
 
▽人生の大きな目的は、「愛」について学ぶことにあるそうです。

 そして、死んだとたんにそのことに気が付く(思い出す)のです。
 
 著者は言います。
 
 「人生を終えてから初めて『愛』の大切さに気づく人が多く、
 十分に愛してあげなかった人々への罪悪感から、その人たちへの
 罪滅ぼしの意味も込めて、その後の人生を見守って助けようと
 することが少なくないようです」
 
 例えば、我が子を虐待して育ててしまい、十分な愛を与えること
 ができず、結果的に離ればなれに暮らすことになってしまった
 ような現実があったとします。
 
 その子どもも、親からの愛を十分に与えてもらえなかったため、
 その結果として、またその子どもにも愛を与えることが出来ません
 でした。
 
 それでも人生を終えた後は、愛を十分に与えてあげられなかった
 ことを後悔し、まだこの世に残っている我が子を見守ろうとする
 ことが多いのです。
 
 本当は、この世で生きている間に気がつかなくてはならなかった
 のですが、それが思い通りにいかなかたっとしても、死後全てに
 気がつくのです。
 
 だとしたら、現在自分はどうすれば良いのか?
 
 自分が生まれる前に計画してきたこととは何なのか?
 
 自分にとって何が一番ベストなのか?
 
 といったことを常に考えながら、この世を生きていくことが、
 死後に後悔することがなくなるということではないでしょうか。
 
▽死んでしまうと、物質としてこの世に残ることはできません。

 復活することもできません。
 
 死後、自分の身体から抜け出しトランスパーソナルな状態になると、
 自分の行きたい空間に瞬時に行けるようになります。
 
 よく、誰かが亡くなった直後に「虫の知らせ」がある、という
 ことを聞きます。
 
 これは、気のせいでもなんでもなく、亡くなった人が別れの挨拶に
 来ているのです。
 
 しかし、物質的な身体がないために直接コミュニケーションを
 とることはできません。
 
 この世で生きている人にとっては、物質的なことしか目に見え
 ないのでなかなか理解できませんが、亡くなった人とは、常に
 つながっている状態にあります。
 
 自分が気が付かないだけです。
 
 この世で愛する人と別れ、自分が遺されたとしても、その人の
 ことを心に思うだけで、その人の意識体はすぐ側にいてくれます。
 
 これらのことは、数多くの「退行催眠」による被験者の証言に
 よって、明らかになっているそうです。
 
 著者は言います。
 
 「人生を終えた後でも、物質世界に遺した愛する人たちのそばに
 いて、意識体の姿で見守っていたという記憶が、催眠状態で次々
 に出てきます」
 
 「このような記憶からは、私たちにとって、『別離』という言葉が
 幻想に過ぎないことがわかります。私たちは愛する人たちと、
 心の奥で、永遠に『つながって』いるのです」
 
▽この世で生きていると、愛する人たちとの別れというのは、悲しい
 限りです。
 
 身体はなくなって自然に帰っていきます。
 
 物質界にいる私たちには、永遠の別れにしか思えません。
 
 二度と会えないのですから。
 
 しかし、実際は常につながっているのです。
 
 亡くなった人のことを心で思えば、その人の意識体はすぐ側に
 来て見守ってくれています。
 
 確かに言葉を交わすことは出来ませんが、思いは確実に伝わります。
 
 生きていたときは言えなかったことがあったら、心に思うだけで
 相手に伝わります。
 
 物質的な身体があるかないか、「死」とはただそれだけのこと
 みたいです。





 今回は、死んだ後に気が付くことということを紹介しました。
 
 死後は様々なことに気が付くみたいです。
 
 本来は、生きている間に気がつければ一番なのですが、なかなか
 そうもいかないみたいです。
 
 誰かが亡くなって、何か後悔することがあったなら、心でその
 ことを思うだけで、亡くなった人の意識体には確実にその思いは
 届きます。
 
 思いを伝えましょう。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/478-e783098d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。