訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ美人ばかりが得をするのか
なぜ美人ばかりが得をするのか なぜ美人ばかりが得をするのか
ナンシー エトコフ (2000/12)
草思社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:なぜ美人ばかりが得をするのか
 著者:ナンシー・エトコフ
 出版:草思社
 定価:1900円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794210191/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1210589%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1章 なにが美しさをきめるのか
 2章 美人は赤ん坊にでもわかる
 3章 男は写真で、女は履歴で相手を選ぶ
 4章 人はなぜ髪と肌にこだわるのか
 5章 顔は多くを物語る
 6章 サイズが肝心
 7章 ファッションの誘惑
 8章 声、しぐさ、匂い、そしてフェロモン



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2000年12月に出版されています。
 
 著者は、ハーヴァード大学で教育学修士、ボストン大学で心理学
 博士の資格をとり、その後マサチューセッツ工科大学で脳と認知
 科学の研究を行っていて、現在はハーヴァード医科大学で教える
 かたわら、マサチューセッツ総合病院で心理学者として臨床に
 あたっているそうです。
 
 すごい経歴の人です。



 やっぱり美人は得なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)美人はなぜ得なのか?



 どのような部分が得なのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)美人はなぜ得なのか?

 「もはや『美しいものは善なり』とは言えないと考える人も多い
 だろうが、美しい人が優遇される例は、魅力のない人が差別される
 例とならんで、いともかんたんにあげることができる」
 
 「幼児から大人まで美しい人は優遇され、プラスに評価される。
 それは男性も女性も同じである」
 
 「美しい人は、セックスの相手が見つかりやすい。美しい人は
 裁判でも情状酌量をあたえられやすいし、見知らぬ人から協力を
 得られる率も高い。美しさは、わずかとはいえ確実に社会的にも
 経済的にも有利であり、同様に、醜さは社会的に不利な立場や
 差別を招きやすい」

 「見かけのいい人は、おこないも大目に見られる。そして見かけの
 わるい人は、短絡的な判断をくだされる。太った人はなまけ者で
 食い意地が張っている、といったたぐいである。私たちは美しさ
 はかならずしも善ではないとわかっている。だが、人は常に冷静
 な意識に導かれて行動するわけではない」

 「見かけのいい大人は、万引きやカンニングから凶悪犯罪まで、
 うまくやりおおせることが多いようだ。取り調べを受ける(容疑
 をかけられる)ことも少なく、取り調べを受けても告訴され有罪
 になる率は少ない」
 
 「警察官も陪審員も、現場の状況や当人の過去の行動だけでなく、
 外見をも考慮に入れて、『この人にそんなことができるだとうか』
 と考えるのだ。教師達が同じ成績表を見ながら、生徒の外見に
 よって異なった評価をくだしたのと同様である。この効果は魅力的
 な女性の場合に特にものを言う」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 美しくなろう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「美人はなぜ得」なのでしょうか?

▽「美しい人」の定義というのは、かなり曖昧のような気がします。

 人それぞれ美人の基準が違います。
 
 年齢によっても違うし、民族によっても違うし、同じ民族でも
 時代によって違います。
 
 特に、民族によって美人の基準はハッキリ違います。
 
 実際、私はアメリカでトップモデルと呼ばれる人たちのことを
 「美しい」と思ったことがあまりないです。
 
 どこかアンバランスな感じがします。
 
 また、どこか忘れましたが、南の国へ行くと、ふくよかな女性に
 人気がある国もあります。
 
 「世界共通で美人」はいないのではないでしょうか。
 
 また、日本で考えた場合も、時代によって美人の基準がぜんぜん
 変わってきます。
 
 「美人」の定義とはかなり曖昧なことのようです。
 
▽それぞれの民族で「美しい人」は、男性も女性もやっぱり
 「得してる」と思います。
 
 著者は言います。
 
 「もはや『美しいものは善なり』とは言えないと考える人も多い
 だろうが、美しい人が優遇される例は、魅力のない人が差別される
 例とならんで、いともかんたんにあげることができる」
 
 「幼児から大人まで美しい人は優遇され、プラスに評価される。
 それは男性も女性も同じである」
 
 「美しい人は、セックスの相手が見つかりやすい。美しい人は
 裁判でも情状酌量をあたえられやすいし、見知らぬ人から協力を
 得られる率も高い。美しさは、わずかとはいえ確実に社会的にも
 経済的にも有利であり、同様に、醜さは社会的に不利な立場や
 差別を招きやすい」
 
 実際に「美しい人」というのは得することが多いみたいです。
 
▽よく「見かけよりも行いや生き方が大切だ」と言われます。

 私自身も、見てくれより実際の生き方の方が大事だと思っています。
 
 そうは言っても、現実的に現在の社会では見てくれのいい人の
 方が得をするみたいです。
 
 著者は言います。
 
 「見かけのいい人は、おこないも大目に見られる。そして見かけの
 わるい人は、短絡的な判断をくだされる。太った人はなまけ者で
 食い意地が張っている、といったたぐいである。私たちは美しさ
 はかならずしも善ではないとわかっている。だが、人は常に冷静
 な意識に導かれて行動するわけではない」
 
 内面的な美しさというのは、その人と時間を掛けて付き合って
 みないと分かりません。
 
 それができない場合は、人は外見で判断してしまいます。
 
 これは仕方のないことです。
 
 外見で判断されることによって、様々に得することがあるようです。
 
 そういうことを実際に実験している心理学者がいます。
 
 男子学生に女性の写真を見せて、
 「家具を動かすのを手伝う」
 「血液を提供する」
 「溺れそうな彼女を1.5キロ泳いで助ける」
 「燃え上がる建物から彼女を助け出す」
 「テロリストの手投げ弾から身を挺して助ける」
 といったことをする場合に、美人の女性とそうではない女性の
 どちらを選ぶか、というテストを行うとほとんどの男子学生は、
 美人の方を助けると回答するそうです。
 
 別の実験では、車のタイヤがパンクしたという設定で、美人の
 女性とそうでない女性が道端に立った場合、美人の方が早く助けて
 もらえたそうです。
 
 著者は言います。
 
 「見かけのいい大人は、万引きやカンニングから凶悪犯罪まで、
 うまくやりおおせることが多いようだ。取り調べを受ける(容疑
 をかけられる)ことも少なく、取り調べを受けても告訴され有罪
 になる率は少ない」
 
 「警察官も陪審員も、現場の状況や当人の過去の行動だけでなく、
 外見をも考慮に入れて、『この人にそんなことができるだとうか』
 と考えるのだ。教師達が同じ成績表を見ながら、生徒の外見に
 よって異なった評価をくだしたのと同様である。この効果は魅力的
 な女性の場合に特にものを言う」
 
 とにかく、美しい人というのは、そうでない人よりも何かとお得
 みたいです。





 この本には、美に関する人間の感じ方、美の本質とは何か、といった
 ことが書いてある本です。
 
 ただ、外国の学者が書く本にありがちで、しつこいくらいに書いて
 あるので知りたい部分だけ読むのにそんなに時間はかかりません。
 
 時間をたくさんかけるような本ではないです。
 
 個人的には、美人というのは確かに得する存在に見えるかもしれ
 ませんが、人間の人生は一生を終えるときにだいたい平均化される
 と考えています。
 
 人によって差があるかもしれませんが、良いこともあれば悪い
 こともあるし、悪いことがあれば良いことも必ずあります。
 
 古くさい言い方かも知れませんが、外見の美しさより内面の美しさ
 の方が大切だと思います。
 
 そして、内面の美しさというのは将来かならず顔に出ます。
 
 その人の生き様が顔に出てくるのです。
 
 美しくなりたいのであれば、生き方を考えないとならないです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/476-bf8ef409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。