訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルヘン・セラピー「般若になったつる」
メルヘン・セラピー「般若になったつる」―絵語りで癒す心のほころび メルヘン・セラピー「般若になったつる」―絵語りで癒す心のほころび
岩月 謙司 (2002/07)
佼成出版社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:メルヘン・セラピー「般若になったつる」
 副題:絵語りで癒す心のほころび
 著者:岩月謙司
 出版:佼成出版社
 定価:1200円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4333019680/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1466659%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 般若になったつる
 Q&A?あなたらしく生きるために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、平成14年7月に出版されています。
 
 著者は、香川大学の教授で、動物生理学、動物行動学および人間
 行動学(対人関係論、親子関係論)を専攻しています。
 
 著書も多数あります。
 
 また、挿絵は奥さんの岩月マリさんが書かれています。



 どのようなお話なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どのような物語なのか?



 何の話なのでしょう?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どのような物語なのか?

 ※今回は「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の「生き役」を確認しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「どのような物語」なのでしょうか?

▽「メルヘン・セラピー」という題名に惹かれて買ってしまった
 本です。
 
 著者は、このメルマガでは何度も登場している岩月謙司さんです。
 
 メルヘン・セラピーとは、現在の状況とかけ離れてしまった日本の
 昔話に対し、新しい昔話を創作し、現代の状況に合わせた教えに
 しようとしたものです。
 
 本の前半は「般若になったつる」という創作昔話、後半はその話に
 関連するQAが記載されています。
 
▽「般若になったつる」を簡単に紹介します。
 
 昔、ある呉服問屋に奉公に出ていた「つる」という15歳の少女
 がいました。
 
 つるは気だてが良く、男性の奉公人から可愛がられていましたが、
 若い女性の奉公人には嫉妬されるようになり、イジメがはじまり
 ました。
 
 毎日つらいイジメに遭い、一日しかないお盆休みも泣きながら家に
 帰り、母親に話を聞いてもらうしかできません。
 
 家を変える頃には真っ暗になってしまい、心配した父親はつるに
 お面を持たせ「悪いヤツがいたら、これをかぶって自分の身を
 守るんだよ」とつるに教えます。
 
 それは般若のお面でした。
 
 すっかり暗くなってしまった奉公先へ帰る山道で、怖くなった
 つるは般若のお面を付けてあるきます。
 
 すると、それを見た近所の家の子どもがびっくりしてしまいます。
 
 
 奉公先の女性達からのイジメは相変わらずです。
 
 この頃の奉公人の休みはお盆と正月の2日間しかありません。
 
 つるは毎日のイジメに気が狂いそうでした。
 
 ある日、つるが自分の荷物を片付けていると、お盆の時父さん
 からもらった般若のお面が出てきました。
 
 つるはそこであることを思いつきます。
 
 自分をイジメる人たちを驚かせて復習してやろう、と考えます。
 
 奉公人の女性達が銭湯へ行った帰り、般若の面を着けて、近くの
 橋で待ち伏せします。
 
 女性たちが通りかかったとき、「つるをイジメたやつは食って
 しまうぞお!」と脅します。
 
 つるは秘密の近道を通って、先に奉公先へ帰り、その女性たちを
 待ちます。
 
 それからはすっかりつるに対するイジメがなくなりました。
 
 その女性達はつるを見るとオドオドするようになり、つるはそれを
 見下すようになってました。
 
 しかし、つるは人を驚かせた快感が忘れられず、周に一度は奉公先
 を抜け出して般若の面をかぶり人を驚かせるようになってしまい
 ました。
 
 そしてある日、「これで最後にしよう」と思って般若の面をかぶり
 通りがかりの女性たちを驚かせ、お面を外そうとしたとき、般若の
 面が顔から外れなくなってしまったのです。
 
 つるは逃げだし、気が付いたときには古びたお寺の前にいました。
 
 そこでお寺の和尚さんに事情を話し、しばらくお寺で使っても
 らうことになりました。
 
 つるは毎日、お寺から半里ほど登ったところにある泉まで水を
 くみに出かけます。
 
 そこの泉には、般若の顔が見事に写ってしまいます。
 
 そこで日を過ごすうちに、つるは和尚さんのいろいろなことを
 教えてもらいます。
 
 人間には「怒り」があること。
 
 その怒りを抑えるには、自分が楽しいことをして、悦びを得ること。
 
 自分にとって最も楽しい「生き約」を見つけること。
 
 そうすれば、怒りを抑えて生きていけるということ。
 
 
 ある日、つるは死にそうになっている子猫を拾って帰り、寝床と
 食べ物を与えます。
 
 子猫は元気を取り戻し、般若の顔のつるになつきます。
 
 つるは何日か子猫と戯れるうちに、子猫がいない生活は考えられ
 ない程になっていました。
 
 数ヶ月して、子猫がいなくなってしまうと、つるは子猫を愛して
 いたことに気が付きます。
 
 毎日のお寺への奉公で、「人に必要にされている」ということと、
 子猫に「愛する」ことを学んだつるは、ある日いつものように
 水くみへ行って、水面の自分の顔を覗いてみると、そこには般若
 の顔はなく、元の美しい少女の顔に戻ってました。
 
 つるは嬉しくなって、お寺に向かって走ります。
 
 「和尚さんにお礼を言わなくちゃ」
 
 そう思い、つるは夢中で走ります。
 
 しかし、そこで見た光景とは...





 この本は、人間が本来持っている「怒り」という感情が、「イジメ
 に会う」という体験で、なぜ心優しい少女の心を蝕んでしまうのか?
 
 なぜ、鬼と化してしまうのか?
 
 どうすれば、その怒りを抑えて生きていけるのか?
 
 なぜ、人間は怒りを持ってしまうのか?
 
 怒りを持っている人間はどうすれば怒りを解消することができるのか?
 
 こういったことがQAで分かるようになっています。
 
 結論的には、人間は楽しむためにこの世に生まれてきた、という
 ことです。
 
 人生を十二分に楽しむために、どう生きていけば良いのかを教えて
 くれる本です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/475-bd04dd25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。