訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快癒力2
快癒力〈2〉この生き方・考え方が健康をもたらす 快癒力〈2〉この生き方・考え方が健康をもたらす
篠原 佳年 (1997/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:快癒力2
 副題:この生き方・考え方が健康をもたらす
 著者:篠原佳年
 出版:サンマーク出版
 定価:1600円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4763191853/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f892622%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ
 第1章 病気にかかってしまう本当の理由
 第2章 体からのメッセージはこう読む
 第3章 快癒力をつかむ四つの発想
 第4章 すべての選択権はあなたにある



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□


 この本は1997年6月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、しのはら医院という病院の院長をされて
 います。
 
 膠原病、主に慢性関節リウマチを中心に治療を行っているそうです。
 
 著書も何冊かあります。



 最高の健康法とはどのような方法なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)快癒力をつかむ4つの発想とは?



 人間、考え方次第のようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)快癒力をつかむ4つの発想とは?

 1.「望んだものは全て手に入れている」
 
  患者にとって「病気が治らない」というのは、思っていた
  ことが実現した結果なのです。ということは、思い通りになった
  ということです。思いどおりになったものを、手放すわけが
  ありません。そうなれば当然、治るわけもないのです。
 
 2.「病気になとうろなるまいと、寿命がこないと死なない」
 
  治る可能性のある時点までに、生き方を変え、自分らしさを
  取り戻すことができれば、病気によって死ぬことを避けられる
  かもしれない。あるところまで行ってしまったら、どんなことを
  しようとあきらめるしかない。それは、寿命というものなのです。
  
 3.「あなたの体はあなたのものではない」
 
  あなたの意志には関係なく、あなたの体は生きているという
  ことなのです。人間の体こそ、自然そのもので、宇宙の全てが
  内蔵されているのだと気がついたら、いままでとは違うかたちで
  世界が見えてくるに違いありません。
  
 4.「あなたはあなたにしかなれない」
 
  あなたがどんなに頑張っても、あなたはあなた以外の人間には
  なれない。病気というのは、「いまのあなたは、あなたではない」
  ということを知らせているのです。つまり、病気というのは、
  自分が自分らしくないために起こるメッセージだといえるのです。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の生き方にストレスがないか考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「快癒力をつかむ4つの発想」とはどのようなものなのでしょうか?

▽何日か前に、この著者の前著「快癒力」を紹介しました。

 そこには、「あらゆる病気はその人が作りだしている」という
 ことが書かれていました。
 
 そして、病気が治らないのもその人にとって、治らない方が都合の
 良い理由があるからなのです。
 
 というようなことを考えると、病気になる人というのは現在の
 自分に何らかの不満があるということになりそうです。
 
 現在の自分に何の不満も無いのであれば、現在のままの自分で
 あり続けようとするはずです。
 
 しかし、病気になって現在の自分をやめようとする人は、現在の
 自分に不満があり「もう続けたくない」という心の声を、身体が
 敏感に、忠実に聞いてその通りの自分を作りだしてくれます。
 
 だから、病気にも感謝しないとならないのかもしれません。
 
▽著者は多くの病気の人を診ているとあることに気がついたそうです。

 著者は言います。
 
 「病気の人は、自分がやりたいことが浮かばない。わくわくする
 ことが思いつかないのだということです」
 
 確かに、病気になって苦しんでいるわけですから、わくわくする
 ことと言ってもなかなか思いつかないと思います。
 
 しかし、病気になる人というのは、現状の自分に不満を持って
 いるわけですから、自分がやりたいこと、わくわくすることを
 していないそうです。
 
 そこで、著者は自分の患者さんに、
 
 「治ったら、あなたは何をしたいですか」
 
 という質問をしてみるそうです。
 
 その結果、答えは次の5つのパターンしかなかったそうです。
 
 1.「絶句」
 
  …一番多いのが「絶句」だそうです。
  
 2.「仕事をしたい」
 
  …本当は仕事をやりたくないのに、やりたいと思うように自分を
   だましつつ生きてきたのですから病気にもなります。
 
 3.「家事をしたい」
 
  …「しなければならない」ものばかりで、決して「治ったら、
   わくわくしながらやりたい」ものではありません。
 
 4.「旅行に行きたい」
 
  …患者さんはかなり遠くから旅をしてくる人が多いそうです。
   したがって、特に行きたいわけではないそうです。
  
 5.「人のためになるようなことをしたい」
 
  …具体的にどんなことをしたいかは全く何も考えていないそう
   です。
 
 このように、病気になってしまう人は、どうしても病気が治りたい
 と思っている人たちではなく、たとえ病気が治っても戻りたく
 ない日常が待っているだけという人がほとんどのようです。
 
 これだと病気にもなるし、それが治るはずもありません。
 
 病気とは、自分の生き方に対する思いが現実になっただけに
 すぎないようです。
 
▽では、健康に生きていくためにはどのような考え方をすれば良い
 のでしょうか?
 
 著者は、以下にあげる4つのことが普段患者さんの言っている
 ことで、この本の中でも一番伝えたいことなのだそうです。
 
 簡単に紹介します。
 
 1.「望んだものは全て手に入れている」
 
  患者にとって「病気が治らない」というのは、思っていた
  ことが実現した結果なのです。ということは、思い通りになった
  ということです。思いどおりになったものを、手放すわけが
  ありません。そうなれば当然、治るわけもないのです。
 
 2.「病気になろうとなるまいと、寿命がこないと死なない」
 
  治る可能性のある時点までに、生き方を変え、自分らしさを
  取り戻すことができれば、病気によって死ぬことを避けられる
  かもしれない。あるところまで行ってしまったら、どんなことを
  しようとあきらめるしかない。それは、寿命というものなのです。
  
 3.「あなたの体はあなたのものではない」
 
  あなたの意志には関係なく、あなたの体は生きているという
  ことなのです。人間の体こそ、自然そのもので、宇宙の全てが
  内蔵されているのだと気がついたら、いままでとは違うかたちで
  世界が見えてくるに違いありません。
  
 4.「あなたはあなたにしかなれない」
 
  あなたがどんなに頑張っても、あなたはあなた以外の人間には
  なれない。病気というのは、「いまのあなたは、あなたではない」
  ということを知らせているのです。つまり、病気というのは、
  自分が自分らしくないために起こるメッセージだといえるのです。
 
 高い理想を描いて、自分では決してなれない自分になろうとして
 毎日ストレスを感じていると病気になります。
 
 現在の自分を受け入れて、その人生を十分に楽しむことが健康に
 なる秘訣のようです。





 この本には、病気を治すための方法というよりは、「いかに病気に
 ならないか」ということの方に重点を置いています。
 
 それには毎日、健康に気を遣うことではなく、薬や食事に気を
 遣って生活することでもなく、毎日をストレス無く楽しんで生活
 することが大切みたいです。
 
 健康とは「生き方」です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/469-16187ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。