訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独力
孤独力―人間を成熟させる「ひとりの時間」(ソリテュード・タイム) (こころライブラリー) 孤独力―人間を成熟させる「ひとりの時間」(ソリテュード・タイム) (こころライブラリー)
津田 和寿澄 (2003/09)
講談社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:孤独力
 副題:人間を成熟させる「ひとりの時間」
 著者:津田和寿澄
 出版:講談社
 定価:1500円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4062594544/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1592332%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 私が「孤独」に救われたとき
 第2章 積極的孤独の意味―ロンリネスからソリテュードへ
 第3章 ソリテュードが人をつくる
 第4章 「群れ」から「個」の時代へ
 第5章 ソリテュードを極めた人たちに学ぶ
 第6章 孤独の効用―ソリテュード・パワーとは
 第7章 ソリテュード・タイムの楽しみ方



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は、2003年9月に出版されています。
 
 著者は、経営コンサルティング会社を経営している方です。



 なぜ、人間には孤独力が必要なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)孤独力とは?



 孤独は寂しいものですが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)孤独力とは?

 「『孤独』のひとつの意味は、みなさんがよくイメージするもの
 です。それは社会との関係性を断ち切られ、つらく、暗く寂しい
 『消極的な孤独』のことです。これを『ロンリネス』と名付けます」
 
 「一方『消極的な孤独』を『ソリテュード』と名付け、この2種類
 をみなさんとの共通言語にしたいと思います」

 「いきることに光と自信を与え、しばしば新しい道筋を生み出す
 インキュベーター(揺籃器:ゆりかごのことです)の働きをし、
 解放をもたらすものです」
 
 「『孤独(ソリテュード)』の中にこそ、自分の魂が発行する
 時間が流れ、じっと耳を傾けると内なる静寂の声が聞こえてくる
 のです」
 
 「現実の生活に現れる事象だけではなく、心のどこか深いところで
 それを生み出している精妙な落ち着きに気が付いたように思える
 体験は、いつも輝かしく幸福感に満たされる瞬間となります」

 効用1:ソリテュードは勇気・決断を与える
 
 効用2:ソリテュードは自己バランスを取り戻す
 
 効用3:ソリテュードは考える力を高める
 
 効用4:ソリテュードは心身を総合する癒しへの道
 
 効用5:ソリテュードはストレス・フリーの人間関係を生む
 
 効用6:ソリテュードこそ21世紀の美人道



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 孤独を楽しもう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「孤独力」とはどのようなものなのでしょうか?

▽人にはそれぞれ特質というのがあります。

 一人でいることが何ともない人と、一人でいることに耐えられ
 ない人もいます。
 
 私はどちらかというと、一日の内で一人でいる時間がないと、
 耐えられない人間で、トイレの個室の中にいるとなぜか落ち着き
 ます。
 
 家でも、毎日4時に起きて、約2時間くらいの間は一人の時間を
 作っています。
 
 独身時代も一人でいることに何の不安も、何の恐れも持つことも
 なく、一人でできることをしてましたし、それを楽しむことも
 できました。
 
 さすがに現在は、結婚して10年になるので「ずっと一人でいろ」
 といわれたらしばらくは寂しい状態が続くかもしれません。
 
 でも、おそらく一人になっても普通に生きていくことはできるの
 ではないかと思ってます。
 
▽孤独に耐えられるかどうかは、個人の資質にもよると思われます。

 著者は幼稚園の頃から「みんなで一緒に元気よく」という教育
 方針に違和感を感じていたそうです。
 
 実は私も、幼稚園の頃の記憶はそんなに残ってないのですが、
 集団でやる「お遊戯会」等の行事が嫌いでした。
 
 今でも覚えているのは、お遊戯会で白いタイツをはかされて何か
 セリフを言うのが、とても恥ずかしくて嫌でした。
 
 そう考えると、かなり小さい頃から一人でいることの方が好き
 だったのではないかと思います。
 
▽著者は、「孤独」を二つに分けて考えています。

 著者は言います。
 
 「『孤独』のひとつの意味は、みなさんがよくイメージするもの
 です。それは社会との関係性を断ち切られ、つらく、暗く寂しい
 『消極的な孤独』のことです。これを『ロンリネス』と名付けます」
 
 「一方『積極的な孤独』を『ソリテュード』と名付け、この2種類
 をみなさんとの共通言語にしたいと思います」
 
 この本では「ソリテュード」の大切さを解説しています。
 
 「ソリテュード」とは、どのような状態なのでしょうか。
 
 著者は言います。
 
 「生きることに光と自信を与え、しばしば新しい道筋を生み出す
 インキュベーター(揺籃器:ゆりかごのことです)の働きをし、
 解放をもたらすものです」
 
 「『孤独(ソリテュード)』の中にこそ、自分の魂が発行する
 時間が流れ、じっと耳を傾けると内なる静寂の声が聞こえてくる
 のです」
 
 「現実の生活に現れる事象だけではなく、心のどこか深いところで
 それを生み出している精妙な落ち着きに気が付いたように思える
 体験は、いつも輝かしく幸福感に満たされる瞬間となります」
 
 何となく分かるような気がします。
 
 現代は、携帯電話やパソコンが発達しているので、常にだれかと
 つながっている(と本人は思っている)状態にあります。
 
 携帯がないと、「不安になる」「何も出来ない」という人も私の
 まわりにけっこういます。
 
 「ソリテュード」とは、「ロンリネス」という寂しく孤独の状態
 から、自分一人でも生きていけるという状態を確立することです。
 
 したがって、「ソリテュード」を体験した人とは、例え携帯が
 なくても、電話がなくても、パソコンがなくても決して「ロンリネス」
 の状態になることはなく、一人なら一人でその状態を楽しめる
 人のことだと思います。
 
▽「ソリテュード」の状態になると、何かいいことがあるのでしょうか?

 著者は「ソリテュードは『創造の源』である」と言い、その効用を
 5つあげています。
 
 効用1:ソリテュードは勇気・決断を与える
 
 効用2:ソリテュードは自己バランスを取り戻す
 
 効用3:ソリテュードは考える力を高める
 
 効用4:ソリテュードは心身を総合する癒しへの道
 
 効用5:ソリテュードはストレス・フリーの人間関係を生む
 
 効用6:ソリテュードこそ21世紀の美人道
 
 「ソリテュード」にはいろいろと良いことがあるみたいです。





 この本には、「孤独」という状態の中でも、「ソリテュード」
 という、「ポジティブな孤独」のことを解説し、その状態になる
 ことを推奨しています。
 
 私も「孤独」の状態を楽しめるようになって初めて、普通に人間
 関係を保つことができるようになるのではないかと思います。
 
 人に依存することなく、嫌なことは嫌と主張できる状態が、人間
 関係を上手く運ぶためには必要だと思います。
 
 ただ、人それぞれ持って生まれた資質というのがあるので、一概に、
 「みなソリテュードが必要だ」と言わなくてもいいのではないかと
 思います。
 
 孤独を楽しめるかどうかは人によって違います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/465-f094ace4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。