訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創世の守護神(上)
創世の守護神〈上〉 創世の守護神〈上〉
グラハム ハンコック、ロバート ボーヴァル 他 (1996/10)
翔泳社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:創世の守護神(上)
 著者:グラハム・ハンコック、ロバート・ボーヴァル
 出版:翔泳社
 定価:1500円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4881354205/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f838463%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 謎
  第1章 地平線の住人
  第2章 スフィンクスの謎
  第3章 深まるミステリー
  第4章 星と時間
 第2部 探求者たち
  第5章 霊能者、学者、スフィンクス
  第6章 鉄板、フリーメーソン、遺品、シャフト
  第7章 ロボット、ドイツ人、扉
 第3部 二重性
  第8章 二重性の手掛かり
  第9章 スフィンクスとその地平線



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1996年10月に出版されています。
 
 著者の一人、グラハム・ハンコックは、大学で社会学を専攻し、
 現在は調査旅行と執筆に明け暮れる生活をしているそうです。
 
 「神々の指紋」「神々の刻印」は世界中でベストセラーになって
 いるそうです。
 
 もう一人の、ロバート・ボーヴァルは、土木建築技師として人生の
 大半をエジプトや中近東で過ごすうちに、ピラミッドと星の相関
 関係に興味を抱くようになったそうです。



 ピラミッドは何のために存在するのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)ピラミッドやスフィンクスは何のために造られたのか?



 知りたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)ピラミッドやスフィンクスは何のために造られたのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「ピラミッドやスフィンクスは何のために造られた」のでしょうか?

▽現代を生きる私たちは、基本的に未来を知ることはできません。

 たまに見える人もいますが、きっと知らない方が楽しいです。
 
 しかし、過去についてはある程度知ることができます。
 
 何らかの文献が残っていたり、伝承が残っていたり、近代であれば
 映像として記録に遺されていたりすれば、全てではないにしても
 ある程度の過去は知ることができます。
 
 そして、人々は近いにしろ、遠くにしろ、過去にとても興味が
 あります。
 
 しかし、近い過去であれば、比較的真実に近い過去を知ることは
 できますが、遠い過去になると、仮説でしかなくなります。
 
 特に、歴史家や考古学者と呼ばれる人々にとっては、自分が立てた
 仮説が正しいかどうかを知りたくてうずうずしていると思います。
 
 現在の科学力では仮説を確認することはできませんが...
 
▽特に、人類の最初の文明だとか、もっと古ければ、生物誕生の
 歴史だとか、もっともっと古ければ、地球が誕生した瞬間だとか、
 宇宙誕生の歴史だとか、古ければ古いほど人々は知りたくなるの
 ではないでしょうか。
 
 私も、とても興味があります。
 
 中学・高校ではあれほど歴史が嫌いだったのに、今では歴史関係の
 本を読むのが好きです。
 
▽この本には、エジプトに存在するピラミッドとスフィンクスに
 焦点を当てて、創造の謎を解き明かそうというものです。
 
 ギザにあるスフィンクスとピラミッドは、古代エジプトの第4
 王朝のファラオ、カフラー王によって建造されたとするのが現在の
 考古学者の一般的な意見なのだそうです。
 
 カフラー王は、紀元前2520年唐?紀元前2494年までエジ
 プトを統治していたとのこと。
 
 エジプトに関する様々な文献の中では、次のように書かれている
 そうです。
 
 「スフィンクスは、カフラー王を象徴している」
 
 というわけで、ピラミッドはカフラー王の墓で、スフィンクスも
 同じ時期に造られたという見解です。
 
▽しかし、一つおかしな点が出てきました。

 現在のスフィンクスは風化が激しいそうです。
 
 特に、「水による浸食」が首のあたりまで達しているとのことです。
 
 一般的な見方だと、ナイル川が洪水を起こしそれによって浸食
 されたとみるのが普通ですが、それが「スフィンクスの首のあたり
 まで」ということになると、高さが18メートルの洪水になるの
 です。
 
 これは洪水とは言いませんね。
 
 しかも、スフィンクスとは別の、同じように水に浸食されている
 部分を探ってみると、そこからさらに30メートルの高さの洪水が
 襲った計算になるそうです。
 
 したがってどうやら洪水が原因でスフィンクスの身体が水に浸食
 されていたわけではなさそうです。
 
▽さらに、地質学的調査によるとスフィンクスの建造時期は、もっと
 も保守的に考えても「紀元前7000年から前5000年」に
 なるとのこと。
 
 エジプト学者たちは、その頃のナイル地方には、新石器時代の
 原始的な狩猟採集民しか住んでいなかったと主張しているそうです。
 
 従って、スフィンクスが「紀元前7000年から前5000年」に
 造られるはずがないと言って、まったくこの意見にはとりあって
 くれないのだそうです。
 
 水による浸食が起きるのは、長い年月、水の中に埋まっていな
 ければなりません。
 
 それが可能なのは、地球が最後の氷河期が終わった時代よりも
 前に建造されていなければならないのです。
 
 そうなると、スフィンクスは紀元前15000年以前に造られて
 いたのではないかということになります。
 
 楽しくなってきました。
 
 エジプトを調査している学者たちの間では、高度な文明を持った
 人類は、約2500年前、最初にナイル川流域に住み着いたことに
 なっています。
 
 それ以前には、高度な文明はなかったと...
 
 しかし、どうやらスフィンクスとピラミッドというのは、それ
 よりもはるか以前にもっと優れた文明を持つ太古の人々によって
 造られているそうです。
 
▽また、ピラミッドを形作っている石は、一つひとつが200トン
 あって、これを現代のクレーン技術で持ち上げることは、ほぼ
 不可能なのだそうです。
 
 それを、あれだけたくさんの石を積み重ねているのは、現在の
 私たちよりもはるかに高度な文明によって造られているとしか
 考えられないのです。
 
 しかも、信じられないくらい精巧に。
 
 現在の建築技術を持ってしても、ピラミッドのような精巧な建物を
 造るのは至難の業なのだそうです。
 
▽では、スフィンクスとピラミッドは、誰が、いつ、何の目的で
 造ったのでしょうか?
 
 それが、この本で解き明かされます。
 
 あくまでも仮説でしかありませんが...





 この本は、学者が書いているわけではないので、文献的な価値は
 ほとんど無いかもしれません。
 
 しかし、著者が言っていることは、考古学者たちが言っている
 ことよりもスジが通っている気がします。
 
 ピラミッドとスフィンクスは適当に造られていたわけではなく、
 ある法則に基づいて、信じられないくらい精巧に作られています。
 
 それは、天空の星たちに関係しています。
 
 興味がある方は読んでみて下さい。
 
 下巻がまだ手元にないので、手に入り次第読んでみたいと思います。
 
 歴史は楽しい。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/444-ffb67376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

辰巳悦加の画像、動画♪おっぱい丸見えです。おっぱいポロリ衝撃映像

辰巳悦加の画像、動画♪おっぱい丸見えです。おっぱいポロリ衝撃映像 今、ネット上で 辰巳悦加の画像、動画♪おっぱい丸見えです。おっぱいポロリ衝撃映像【2007/08/27 15:55】

小林恵美の画像、動画♪おっぱい丸見えです。おっぱいポロリ衝撃映像

小林恵美の画像、動画♪おっぱい丸見えです。おっぱいポロリ衝撃映像 今、ネット上で 小林恵美の画像、動画♪おっぱい丸見えです。おっぱいポロリ衝撃映像【2007/09/05 17:25】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。