訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(4回目)
CD付[新版]生きがいの創造 CD付[新版]生きがいの創造
飯田 史彦 (2003/03/20)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)死後の世界でのコミュニケーション方法とは?



 死後の世界ではどのように会話が成り立つのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)死後の世界でのコミュニケーション方法とは?

 「もともとトランスパーソナルな存在(自己を超えてつながり
 合っている存在)である私たちは、この物質世界を訪れてひとつの
 肉体に入ったあとでも、肉体的な制限は受けながらも、やはり
 トランスパーソナルな存在として、心の奥ではつながり合って
 いるというわけです」
 
 「たとえば、ある磁石(私)と別の磁石(あなた)が、間に1枚
 の紙(肉体)を置いていても引き付け合うように、物質的には
 紙(肉体)によって遮断されているかのように見えても、実は
 磁力(見えないコミュニケーション)によって結ばれているのです」
 
 「また、人生を終えたあとで、すでに先立っていた人々の意識体と
 コミュニケーションをとり、その人生での人間関係の秘密を理解
 して互いに許し合うという、一種の儀式のような過程が待っている
 ようです」
 
 「このような(退行催眠での)証言は実に多いため、人生で出会う
 人々は、親友も宿敵もみな、深い理由に基づき、必然性があって
 出会っているのだということがわかります」

 「まず、生前は『キンキンした声でまくし立てるようにしゃべる人』
 であった姉が、他界したあとには、『穏やかで、落ち着いてみて、
 まるで、一緒にいる人の心を包み込むような感じ』になっていた
 という点です」
 
 「言い換えれば、私たちは、この物質世界で生きている時には
 自己中心的な性格であったとしても、人生を終えて本来の姿に
 なったあとには、みな『善なる存在』に戻っていくのです」
 
 「また、『今は、夫の気持ちも理解できます』という証言からは、
 物質世界では理解できなかった人の気持ちや、複雑な人間関係の
 しくみも、人生を終えて本来の姿に戻ったあとには、すべて理解
 できるようになることがわかります」
 
 「死後には完全にトランスパーソナルな状態に戻るため、自分
 以外の存在の気持ちが、手に取るようにわかるからです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 現在は何を解決すべきか考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「死後の世界でのコミュニケーション方法」とはどのような方法
 なのでしょうか?

▽前回(3回目、Vol417)のメルマガで「愛する個人との再会」の
 ことについて紹介しました。
 
 人は死んで肉体は機能しなくなっても、魂(この本では「意識体」
 と表現しています。以降「意識体」と書きます)は永遠に存在し
 ます。
 
 肉体という鎧を脱ぎ捨てた後、「意識体」は時間も空間も存在
 しなくなり、何処へでも瞬時に飛んでいけるようになります。
 
 ということは、たとえ愛する人が亡くなったとしても、いつでも
 どこでもつながっていることができるということになります。
 
 ただし、肉体は存在しないので、基本的には触れることも会話を
 することもできません。
 
 でも、つながっていられることは確かなのです。
 
▽死後の世界へ旅立ち、肉体を持たない「意識体」という存在に
 なった時、どのようにして他の意識体たちとコミュニケーション
 をとるのでしょうか?
 
 ここでは、退行催眠によって、前世で死んだときの場面に戻った時
 のことが書かれています。
 
 どうやら、「思いが通じ合う」というコミュニケーション方法を
 とるようです。
 
 相手の思っていることが実際に会話を交わさなくても分かって
 しまうのです。
 
 物質界に存在していると、「思いが通じ合う」という状態は、
 あまりよくないかもしれません。
 
 表面上は、上手く付きあっていたとしても、心の中では全く違う
 ことを考えている場合もあります。
 
 しかし、肉体を脱ぎ捨てて意識体になると、特にそのような心配は
 いらないみたいです。
 
 著者は言います。
 
 「もともとトランスパーソナルな存在(自己を超えてつながり
 合っている存在)である私たちは、この物質世界を訪れてひとつの
 肉体に入ったあとでも、肉体的な制限は受けながらも、やはり
 トランスパーソナルな存在として、心の奥ではつながり合って
 いるというわけです」
 
 「たとえば、ある磁石(私)と別の磁石(あなた)が、間に1枚
 の紙(肉体)を置いていても引き付け合うように、物質的には
 紙(肉体)によって遮断されているかのように見えても、実は
 磁力(見えないコミュニケーション)によって結ばれているのです」
 
 「また、人生を終えたあとで、すでに先立っていた人々の意識体と
 コミュニケーションをとり、その人生での人間関係の秘密を理解
 して互いに許し合うという、一種の儀式のような過程が待っている
 ようです」
 
 「このような(退行催眠での)証言は実に多いため、人生で出会う
 人々は、親友も宿敵もみな、深い理由に基づき、必然性があって
 出会っているのだということがわかります」
 
 つまり、愛で包まれている意識体どうし、肉体を持たない状態
 では、本来は憎しみもなにもなく、したがって「思いが通じ合う」
 という状態であっても、何の不都合もないのです。
 
 しかも、物質界に肉体を持って生まれたときは、人間関係を学ぶ
 ために、お互いが様々な役割を持って生まれてくるのです。
 
 そこには、お互いを死ぬまで憎しみ合うような関係を持つかも
 しれないし、表面上は何事もなく付き合っていたとしても、心の
 中では嫌っている、という状態になるかもしれません。
 
 しかし、それは何かを学ぶためにそういう役割を持って物質界に
 生まれてきたのです。
 
 例え肉体を持っていたとしても、人間の本質は「愛に包まれた
 意識体」なのです。
 
▽他にも、退行催眠によって、様々な証言が得られているそうです。

 著者は言います。
 
 「まず、生前は『キンキンした声でまくし立てるようにしゃべる人』
 であった姉が、他界したあとには、『穏やかで、落ち着いてみて、
 まるで、一緒にいる人の心を包み込むような感じ』になっていた
 という点です」
 
 「言い換えれば、私たちは、この物質世界で生きている時には
 自己中心的な性格であったとしても、人生を終えて本来の姿に
 なったあとには、みな『善なる存在』に戻っていくのです」
 
 「また、『今は、夫の気持ちも理解できます』という証言からは、
 物質世界では理解できなかった人の気持ちや、複雑な人間関係の
 しくみも、人生を終えて本来の姿に戻ったあとには、すべて理解
 できるようになることがわかります」
 
 「死後には完全にトランスパーソナルな状態に戻るため、自分
 以外の存在の気持ちが、手に取るようにわかるからです」
 
 たとえ現在、どうしても分かり合えない人がいたとしても、死んで
 意識体の状態になると、なぜ分かり合えなかったかが理解できる
 ようになる、ということになります。
 
 できれば、現世で分かり合えるのがベストなのでしょうが、たとえ
 分かり合えなくても、死後までその分かり合えない関係を引きずる
 ことはありません。
 
 現在、人間関係で苦しんでいる人も、自分で計画している人生を
 終えた後は、「愛に包まれた意識体」になります。
 
 安心してください。
 
 しかし、本来の目的は、おそらく人間として生きている間に解決
 すべき人間関係だと思います。
 
 解決の道を探る努力をしてみましょう。





 今回は、死後の世界でのコミュニケーションについて紹介しました。
 
 死んで肉体が亡くなった後の世界というのは、「愛に包まれている」
 世界なのです。
 
 だとすると、安心して(?)現在を苦しむことができるという
 ことです。
 
 しかし、「自殺して楽になろう」というのは確実に間違っている
 みたいです。
 
 安心して現在を苦しみましょう。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/443-79c553f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。