訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神との対話2
神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:神との対話2
 副題:宇宙を生きる自分を生きる
 著者:ニール・ドナルド・ウォルシュ
 出版:サンマーク出版
 定価:752円+税
 購入:ブックオフで450円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4763180703/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1455422%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2002年6月に出版されています。
 
 1998年7月に出版された単行本の文庫版になります。

 著者は、現在、依頼にこたえて講演を行ったり、ワークショップを
 開催するなど、『神との対話』にこめられたメッセージをおおぜい
 の人に伝え、理解してもらうための活動を続けているそうです。



 人間はどうしてこの世に生まれてくるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)神の教えとは?



 話し好きの神様です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)神の教えとは?

 「あなたが言ったとおりに、宇宙ははたらく。『わたしは何かが
 欲しい』と言えば、宇宙は『そう、そうだろう』と答え、その
 とおりの経験をさせる。何かが『欲しい』という経験を!」
 
 「『わたし』という言葉に続くことは何でも、創造的な命令になる。
 瓶のなかの魔法使い、つまりわたしは、命令に従うために存在して
 いる」
 
 「わたしは、あなたが呼び出すものを創り出す!あなたは考え、
 感じ、言葉にすることによって何かを呼び出す。単純なことだ」

 「不思議だとは思わないかね?うまれてからずっと、『自分が
 いちばん望んでいること』に罪悪感を感じさせられてきたんだよ」
 
 「だが、わたしは言う。望むものをいくらでも愛しなさい、好き
 になりなさい。何かを愛すれば、自分に引き寄せられるのだから。
 そういうものはみな、生命の糧だ」
 
 「それを愛するということは、人生を愛することだ。それを望む
 と宣言すれば、人生が与えてくれる良いものすべてを選びとる、
 と宣言することになる!」

 「あなたはいままで、受けることよりも与えるほうが大切だ、
 と教えられてきた。だが、自分が持っていないものを、与える
 ことができるだろうか。だからこそ、『自分の喜び』が大切なのだ。
 自分の喜びがみにくいもののように聞こえるのは、とても不幸な
 ことだ」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 人生を楽しもう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「神の教え」とはどのようなことなのでしょうか?

▽この本は著者が神と対話した内容が記されています。

 対話といっても、実際に話をしたわけではなく、著者が紙とペンを
 用意し、著者が紙に質問を書くと著者の頭の中にその回答が浮かび、
 それを著者が紙に書き取ったものです。
 
 したがって、神の存在を信じていなければ、著者が書いた内容
 だと思えばいいし、神の存在を信じるならば、著者が神と対話
 した内容だと思えばいいのです。
 
 書いたのが誰かではなく、書いてある内容が素晴らしいので
 「神との対話1」は何度も読み返しています。
 
 今回は、神との対話シリーズ3部作の2作目となります。
 
 伝えたいことがたくさんあって、何を伝えていいのかわかりません。
 
▽まず最初は、1作めにも書いてあったことですが、「思考が現実
 になる」ということです。
 
 よく、「望めば叶う」「思考は現実になる」ということを聞きます。
 
 そして、宇宙にはその通りになる法則が働いているそうです。
 
 神は以下のように言います。
 
 「あなたが言ったとおりに、宇宙ははたらく。『わたしは何かが
 欲しい』と言えば、宇宙は『そう、そうだろう』と答え、その
 とおりの経験をさせる。何かが『欲しい』という経験を!」
 
 「『わたし』という言葉に続くことは何でも、創造的な命令になる。
 瓶のなかの魔法使い、つまりわたしは、命令に従うために存在して
 いる」
 
 「わたしは、あなたが呼び出すものを創り出す!あなたは考え、
 感じ、言葉にすることによって何かを呼び出す。単純なことだ」
 
 「お金が欲しい!」と強く願えば願うほど、お金が欲しい経験を
 させてくれるのが宇宙の法則のようです。
 
▽私たちは、子どもの頃から様々な罪悪感を感じながら生きています。

 「好きなことをする前に、やるべきことをやらなければならない」
 
 「お金を好きになってはいけない」
 
 「人より豊かになっても、謙虚でなければならない」
 
 等々いろいろあります。
 
 でも、なぜなんでしょう?
 
 神は次のように言います。
 
 「不思議だとは思わないかね?うまれてからずっと、『自分が
 いちばん望んでいること』に罪悪感を感じさせられてきたんだよ」
 
 「だが、わたしは言う。望むものをいくらでも愛しなさい、好き
 になりなさい。何かを愛すれば、自分に引き寄せられるのだから。
 そういうものはみな、生命の糧だ」
 
 「それを愛するということは、人生を愛することだ。それを望む
 と宣言すれば、人生が与えてくれる良いものすべてを選びとる、
 と宣言することになる!」
 
 神は、「自分の人生を愛すること」を奨励しています。
 
 ということは、人間は「苦労を選択してはならない」ということ
 になります。
 
 若いときの苦労は買ってでも...というのは実は自分の人生を
 愛していないことになりそうです。
 
 人生は、自分がやって楽しいことを選択し、自分が望むものを
 選択し、自分が思ったとおりに生きるのが本当のようです。
 
 望んでいない人生を生きている人は、選択を間違っているという
 ことになりそうです。
 
 神はさらに言います。
 
 「あなたはいままで、受けることよりも与えるほうが大切だ、
 と教えられてきた。だが、自分が持っていないものを、与える
 ことができるだろうか。だからこそ、『自分の喜び』が大切なのだ。
 自分の喜びがみにくいもののように聞こえるのは、とても不幸な
 ことだ」
 
 神は、「まず自分を満たしなさい」と言っています。
 
 自分が幸せにならなければ、まわりの人を幸せにすることはでき
 ないのです。
 
 自分が満たされていないと、他人を満たしてあげることはできま
 せん。
 
 これは夫婦関係、親子関係にも言えると思います。
 
 「与えるだけの愛」はお互いが喜ぶことはできないと思います。
 
 お父さんが休みもなく必死に働いてお金を稼いできて、それで
 一家が裕福に生きていけるとしても、それで家族が幸せかどうか
 は別なのです。
 
 逆にお父さんが、毎日楽しく人生を生きていると、自然と他の
 家族は生きることが楽しくなるのではないでしょうか。
 
 「人生楽しんでもいいんだ」と家族に思わせるのがお父さんの
 役目のような気がします。





 この本には、いたるところに気づきがかくされています。
 
 したがって、早く読むことができません。
 
 なかなか哲学的で難しい部分もありますが、理解できないわけ
 でもないです。
 
 前作同様、おすすめです。
 
 
 まだ、半分しか読めていないので、次回もう一度紹介させてくだ
 さい。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/431-24df501f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。