訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結晶物語
結晶物語 結晶物語
江本 勝 (2003/06/19)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:結晶物語
 副題:水が教えてくれたこと
 著者:江本勝
 出版:サンマーク出版
 定価:700円+税
 購入:ブックオフで400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4763181785/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1568273%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ 水が教えてくれたこと
 1 言葉と心の物語
 2 癒しと音の物語
 3 人と宇宙の物語
 4 祈りと思いの物語
 エピローグ 愛と感謝が世界を変える



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2003年6月に出版されています。
 
 著者は、世界各国で水と結晶に関する講演会を積極的に行って
 いる方です。
 
 著書も多数あり、以前このメルマガでも「波動の真理(Vol.125、
 2006/9/8)」という本を紹介したことがあります。



 水の結晶にはどのような意味が含まれているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)言葉と水の関係とは?



 言葉には不思議な力があるようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)言葉と水の関係とは?

 「水は、文字や言葉、音楽、写真に反応し、それぞれの性質を
 体現するように、独特の結晶をつくり出します。なぜ、そのような
 ことが起こるのでしょうか。それは、そのもののもつ『波動』を、
 水が読みとるのだと考えられます」

 「この世界の全ての存在は、波動です。つまり、テーブルもリンゴ
 も犬もあなた自身の体も、すべてが振動していて。固有の周波数を
 発し、独特の波動を持っているのです」
 
 「さらに、波動をもっているのは、形あるものだけではありま
 せん。口から発せられた言葉や、書かれた文字じたいも、それ
 ぞれ独自の波動を持っているのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 いろいろなものに波動を感じてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「言葉と水の関係」とはどのような関係なのでしょうか?

▽この著者の本は、全世界で翻訳され、かなり売れているようです。

 著者がいろいろな本で主張していることを簡単に要約すると、
 
 「水はいろいろな波動を吸収することができ、波動を吸収した
 水の結晶は、ある特定の形を作る」
 
 というものです。
 
 これだけで、本が売れるのには訳があります。
 
 著者は言います。
 
 「水は、文字や言葉、音楽、写真に反応し、それぞれの性質を
 体現するように、独特の結晶をつくり出します。なぜ、そのような
 ことが起こるのでしょうか。それは、そのもののもつ『波動』を、
 水が読みとるのだと考えられます」
 
 雪の結晶は知っていますが、水でも結晶が作れるとは知りません
 でした。
 
 雪の結晶は、一つとして同じものがないのはご存じだと思います。
 
 それと同じように、水をある条件で凍らせて、それを顕微鏡で
 観察すると、約2分間だけ、その水の結晶の姿を見せてくれるの
 です。
 
 そこで、同じ条件の水に文字を書いた紙を見せたり、言葉を掛け
 たり、音楽を聴かせたり、写真を見せたりして水を凍らせて、
 顕微鏡で撮影します。
 
 すると、それぞれの行為によって、ある特定の形を見せるように
 なるそうです。
 
 この本では、その特徴をよく表した写真を選んで、掲載してあり
 ます。
 
▽その前に「波動」とはいったい何なのでしょうか?

 著者は言います。
 
 「この世界の全ての存在は、波動です。つまり、テーブルもリンゴ
 も犬もあなた自身の体も、すべてが振動していて。固有の周波数を
 発し、独特の波動を持っているのです」
 
 このことは、現代の量子力学では常識になっているそうです。
 
 「さらに、波動をもっているのは、形あるものだけではありま
 せん。口から発せられた言葉や、書かれた文字自体も、それぞれ
 独自の波動を持っているのです」
 
 日本語には「言霊」という言葉があります。
 
 「音波」という言葉があるように、音は波動です。
 
 つまり、口から発せられる「言葉」も波動で、いろいろなものに
 影響を与えます。
 
 それを昔の日本人は「言霊(ことだま)」と呼んでいました。
 
 波動を持っているのは、音だけではありません。
 
 光も同じように波動なので、印刷された写真とか文字も、人間の
 目に映るときは光の波動となって見ることができるようになります。
 
 また、人間の持つ「想念」も波動です。
 
 これは目に見えないので、なかなか信じられないかもしれませんが、
 この「想念」というのはかなり重要です。
 
 例えば、部屋の中で一人、心の中で誰かを呪ったとします。
 
 その「想念」は波動となって相手の所へ届きます。
 
 人を呪うことは可能だということです。
 
 その人の元へ届いた波動は、振動している人間の体に影響を及
 ぼします。
 
 呪い殺すことも可能かもしれません。
 
 怖いですね。
 
 でも、そうは上手くいかないように宇宙の法則は作られています。
 
 まず、人間の発した「想念」は、波動となって相手のところに
 届きますが、それと同時に宇宙へも伝わります。
 
 全てが波動でできているので、空間もその想念に共鳴し、波動を
 宇宙へ伝えます。
 
 宇宙へ放射された波動は、同じような波長を持つ波動と共鳴し、
 その波動を放った者の元へ戻ってきます。
 
 しかも、光と同じくらいの、かなり早いスピードで。
 
▽また、魂というのも、波動を発しています。
 
 この魂の波動も、人それぞれ違います。
 
 レベルの高い波動を持った魂と、レベルの低い波動を持った魂は
 共鳴しないため近寄りません。
 
 「類は友を呼ぶ」とは、魂の波動があっている人たちが集まる
 ということになります。
 
 「人を呪う」という想念を発した魂は、その想念に共鳴します。
 
 さらに、宇宙へ放射された波動は、似たような波動を引き連れ、
 パワーアップして、その人の元へ戻ってきて、さらに魂はその
 波動に共鳴します。
 
 「宇宙の倍返しの法則」というのは嘘ではないみたいです。
 
 つまり、どういうことかと言うと、人を呪う言葉を発すると、
 自分には倍以上の影響があるということになります。
 
 「人を呪わば穴二つ」とは、このことを示しているのだと思い
 ます。
 
 どうやら、宇宙とはそのような仕組みになっているらしいです。
 
▽ということは、水に対して、ある特定の文字を見せたり、言葉を
 掛けたりすると、その波動で水が共鳴するのは当たり前の話です。
 
 そして、その水の結晶を撮影すると特定の形になるのも当たり
 前のような気がします。
 
 そこで、もう一つ気が付きます。
 
 人間の体というのは、成人した人で約70%は水でできています。
 
 子どもの頃は、もっと比率が高いし、歳をとるとその比率は
 下がってきます。
 
 どういうことかというと、ある言葉や写真を人間に見せたり、
 言葉を掛けたりすると、70%は水で出来ている人間の体にも
 とうぜん影響がでます。
 
 しかも、子どもの時の方が影響が出やすいということになります。
 
 波動は目に見えないだけに怖いですね。





 この本には、いろいろな水の結晶の写真が掲載されています。
 
 そのなかでも、「ありがとう」や「愛」などの言葉を掛けて撮影
 した結晶はとても綺麗な形をしています。
 
 一方、「ばかやろう」とか「むかつく・殺す」などの言葉と掛けた
 水は、結晶ができていません。
 
 このことは、写真を撮るまでもなく人間にとってあまり良くない
 ことは分かります。
 
 気を付けないとならないです。
 
 想念を変えるには「まず、最初に言葉あり」です。
 
 言葉から変えていけば、想念も変わってきます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/427-76e93991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。