訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(2回目)
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
エックハルト・トール、飯田 史彦 他 (2002/06)
徳間書店

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
 著者:エックハルト・トール
 出版:徳間書店
 定価:1800円+税
 購入:ブックオフで1000円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4198615322/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1456510%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 思考は「ほんとうの自分」ではありません
 第2章 「いまに在る」と、人生の苦しみは消える
 第3章 「いまに在る」生き方がさとりのカギ
 第4章 思考はいつも「いま」から逃げようとしている
 第5章 「いまに在る」ってどんなこと?
 第6章 うちなるからだ「インナーボディ」
 第7章 「目に見えない世界」の入口
 第8章 さとりに目覚めた人間関係をきずこう
 第9章 「心の平安」は幸福と不幸を超えたところにある
 第10章 「手放すこと」って、どういうこと?



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2002年6月に出版されています。
 
 著者は、29歳の時にその後の人生を180度転換させるほどの
 劇的な霊的体験をします。
 
 現在は、カウンセラー、指導者として活躍されているそうです。



 「さとりを開く」という言葉はよく聞きます。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「いまに在る」生き方とは?



 簡単そうで難しいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「いまに在る」生き方とは?

 「わたしたちの苦しみのほとんどは、実は、自分でつくっている
 ものなんです。厳密に言うと、思考がこしらえているということ
 になりますが。言うなれば、わたしたちは、必要のない苦しみを
 自分から背負っていることになります」
 
 「これは、『すでにそうであるもの』に対する『拒絶』や、無意識
 のうちの『抵抗』が原因です。思考は物事に対して『決めつけ』
 をするものですが、すると、必然的に、ネガティブな感情がわき
 上がってしまうのです」
 
 「苦しみの度合いは、自分がどれくらい『いま、この瞬間』に
 抵抗しているかに比例しています」

 「なぜ思考は『いま、この瞬間』に抵抗するのでしょうか?その
 理由は、思考は過去、未来という時間の概念なしには、機能でき
 ないからです。そのため、思考は時間のない『いま、この瞬間』を
 脅威に感じているのです。時間と思考は、互いに離れられない
 間柄です」
 
 「思考はすべてをコントロールしようと、『いま、この瞬間』
 という時を、いつも過去と未来というカーテンでおおいかくそう
 とします」
 
 「すると『いま』と結びついた『大いなる存在』の生命力や
 想像力も、時間というわなにはまり、『ほんとうの自分』も、
 ピンぼけ写真のようなものになってしまいます」

 「人間は、時間という重荷を日ごとに募らせています。しかも、
 かけがえのない『いま、この瞬間』を無視したり、拒否したり、
 未来に到達するための通過地点と見なすなどして、その価値を
 下げて、重荷をいっそう膨らませているのです」
 
 「『未来』は、思考の中にだけ存在する幻であって、現実には
 存在しないものなのです」

 「せめて普段の生活で、必要以上に時間にとらわれないよう、
 心がけるだけで、人生が変わってくるはずです」
 
 「では、実際にどうすれば、時間の概念を捨てられるのでしょうか?
 『いま、この瞬間』以外は、存在しないという事実を、心の奥
 からさとることです」
 
 「『いま、この瞬間』にフォーカスし、人生の真ん中に据えるの
 です。これまでは、『時間の世界』に住み、『いま、この瞬間』
 には、たまにおとずれる程度だったでしょう。これからは逆に、
 『いま、この瞬間』を『すみか』とし、物事を解決するのに必要
 な時だけ、『過去』と『未来』をおとずれるのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 「いま、この瞬間」にのみ生きてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「いまに在る」生き方とはどのような生き方なのでしょうか?

▽前回は「さとり」について、次のように理解しました。

 「『思考』は本当の自分ではないため、『思考』しないで『いま』
 に生きること。『いま』に集中して生きることができれば『大い
 なる存在』とつながることができる。それが『さとり』である」
 
 と読みました。
 
 「『思考』しないで『いま』に生きる」というのは、文字にする
 ととても簡単そうですが、実際にはどうすればいいのでしょう。
 
▽そもそも「思考する」とは、どういうことなのでしょうか?

 著者は言います。
 
 「わたしたちの苦しみのほとんどは、実は、自分でつくっている
 ものなんです。厳密に言うと、思考がこしらえているということ
 になりますが。言うなれば、わたしたちは、必要のない苦しみを
 自分から背負っていることになります」
 
 「これは、『すでにそうであるもの』に対する『拒絶』や、無意識
 のうちの『抵抗』が原因です。思考は物事に対して『決めつけ』
 をするものですが、すると、必然的に、ネガティブな感情がわき
 上がってしまうのです」
 
 「苦しみの度合いは、自分がどれくらい『いま、この瞬間』に
 抵抗しているかに比例しています」
 
 著者によると、私たち凡人は「思考」に支配されているそうです。
 
 これは、簡単そうで難しい概念ですが、別の言い方をすると、
 「過去と未来という時間に支配されている」のが思考というもの
 なのです。
 
 「さとり」とは、先程「いま」に生きることだと書きました。
 
 「思考」に支配されず「いまこの瞬間」に生きることが「さとり」
 につながります。
 
 つまり「思考」と「いまこの瞬間」は同居することはできないの
 です。
 
 著者は言います。
 
 「なぜ思考は『いま、この瞬間』に抵抗するのでしょうか?その
 理由は、思考は過去、未来という時間の概念なしには、機能でき
 ないからです。そのため、思考は時間のない『いま、この瞬間』を
 脅威に感じているのです。時間と思考は、互いに離れられない
 間柄です」
 
 「思考はすべてをコントロールしようと、『いま、この瞬間』
 という時を、いつも過去と未来というカーテンでおおいかくそう
 とします」
 
 「すると『いま』と結びついた『大いなる存在』の生命力や
 想像力も、時間というわなにはまり、『ほんとうの自分』も、
 ピンぼけ写真のようなものになってしまいます」
 
 人間は、「過去の積み重ねと、未来への希望で生きている」と
 ばかり思っていたのですが、その考え方がそもそも間違っていた
 みたいです。
 
 未来への希望を持つこともあれば、過去の出来事により、未来への
 絶望を持つこともあります。
 
 それが普通の人間で、そのことに苦しんだり喜んだりするのが
 人生かと思ってました。
 
 しかし、過去と未来の他に「いま、この瞬間」という概念があった
 のです。
 
 過去と未来という時間の概念を捨てて、「いま、この瞬間」だけを
 考えてみると、確かに不安やストレスを感じなくなります。
 
 「いま、この瞬間」だけですから。
 
 著者は言います。
 
 「人間は、時間という重荷を日ごとに募らせています。しかも、
 かけがえのない『いま、この瞬間』を無視したり、拒否したり、
 未来に到達するための通過地点と見なすなどして、その価値を
 下げて、重荷をいっそう膨らませているのです」
 
 「『未来』は、思考の中にだけ存在する幻であって、現実には
 存在しないものなのです」
 
 希望ある未来だけなら、「思考」も役に立つかもしれません。
 
 しかし、人間は太古の昔から「未来」に不安を感じ、過去と未来の
 ギャップにストレスを感じてきたのです。
 
 普通の人であれば、未来に希望を感じるよりも、未来に不安を
 感じる方が多いと思います。
 
 「いま、この瞬間」だけを生きるようにすれば、不安を感じる
 こともストレスを感じることもなくなります。
 
▽でも、どうすればいいのでしょうか?

 「いま、この瞬間」だけに生きる、と言われても実際はそう簡単に
 いきません。
 
 著者は「時間の概念を捨てること」が必要だと言います。
 
 「せめて普段の生活で、必要以上に時間にとらわれないよう、
 心がけるだけで、人生が変わってくるはずです」
 
 「では、実際にどうすれば、時間の概念を捨てられるのでしょうか?
 『いま、この瞬間』以外は、存在しないという事実を、心の奥
 からさとることです」
 
 「『いま、この瞬間』にフォーカスし、人生の真ん中に据えるの
 です。これまでは、『時間の世界』に住み、『いま、この瞬間』
 には、たまにおとずれる程度だったでしょう。これからは逆に、
 『いま、この瞬間』を『すみか』とし、物事を解決するのに必要
 な時だけ、『過去』と『未来』をおとずれるのです」
 
 簡単に出来そうで、簡単にはできそうもない生き方です。
 
 訓練が必要みたいです。





 この本には、「さとり」を得るための方法として「いま、この瞬間」
 に生きることを提唱しています。
 
 人間にとって、過去と未来は大切なものですが、必ずしも有効
 なものでもないのです。
 
 どちらかというと、ネガティブな感情を伴う場合が多いのです。
 
 それが人生の苦しみであるならば、過去と未来という概念は必要
 なときだけ利用し、「いま、この瞬間」にのみ生きれば、人生の
 苦しみから抜け出すことができます。
 
 その考え方は理解できますが、これはなかなか難しそうです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/420-2a3608f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。