訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている―なぜ男と女は理解し合えないのか 男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている―なぜ男と女は理解し合えないのか
バーバラ アニス、ジュリー バーロウ 他 (2003/02)
主婦の友社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
 副題:なぜ男と女は理解し合えないのか
 著者:バーバラ・アニス、ジュリー・バーロウ
 出版:主婦の友社
 定価:1500円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4072352462/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1530590%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 同じ一つの言葉でも男と女では受け取り方が全く違っている
    …その理解の違いが男女のコミュニケーションをダメにする
 第2章 男性の脳、女性の脳。脳の働きが違うから行動に差が出る
    …発見!男性の脳は「望遠鏡」、女性の脳は「万華鏡」
 第3章 「女性特有の問題」というのはない。それは男性にも問題なのだ
    …この事実を知ることが男と女の差を知る第一歩となる
 第4章 男女が理解し合うまでには4段階が必要
    …「無意識である→気づく→いらだつ→パートナーシップができる」
 第5章 男性は女性といっしょに働くことが、なぜこんなに難しいのか
    …男性の本音からわかる、女性の不可思議なところ
 第6章 女性は男性といっしょに働くことが、なぜこんなに難しいのか
    …女性の本音からわかる、男性の不可思議なところ
 第7章 ディスカッション!男性の言い分、女性の反応
    …謙虚に相手の言い分を聞いたら、こんな本音が続々と
 第8章 男性と女性がそれぞれに抱く、無意識の「思い込み」
    …これが、男と女の「心のしこり」を大きくしてしまう
 第9章 セクハラ。「どちらが正しいのか」の議論を始めてはいけない
    …男と女の「思い込み」の違いを理解すれば未然に防げる
 第10章 「男性が身構え、女性が拒絶モード」になれば全てご破算
    …「結果志向モード」に切り換えれば、男女ともに勝者になれる



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2003年3月に出版されています。
 
 著者の一人、バーバラ・アニスは、男女性差(ジェンダー)の
 分野ではアメリカ第一人者のスペシャリストであり、パイオニア、
 と紹介されています。
 
 もう一人の著者ジュリー・バーロウは、カナダの有名な編集者で
 ビジネスや雇用問題について広範に執筆している方です。



 考え方の違いがあるのは分かっています。
 分かってはいるのですが...



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)男性と女性の違いとは?



 同じ単語でも、考えている内容にはかなりの違いがあるそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)男性と女性の違いとは?

▽・「はい」という言葉について。
  
  男性は「OK。賛成だ。さて、次の問題に移るぞ」と理解します。
  
  女性は「ちゃんと聞いているわ。理解もできている。さあ、
  これから話し合いましょう」と理解するそうです。

▽・「あなたはどう思う?」という言葉について。

  男性にとっては「あなたの結論は何ですか?」の意味であり、
  自分の最終結論を言うときである、と理解しています。
  
  女性はようやくその件について話をする機会がやってきたと
  思うそうです。
  
  女性にとっては、自分の意見を述べることより、話し合いを
  進行させていくことの方が大切なのだそうです。

▽・「(相手の言うことを)よく聞く」という言葉について。

  男性にとっては「静かに神経を集中させよう。それこそが思い
  やりがあり、また効果的な聞き方なのだ」と思っています。
  
  女性は「あなたが理解していることをきちんと相手に伝える
  ためには、うなずいたり言葉にだしたりするべきだ」と思って
  いるそうです。


──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっと、女性のことを理解しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「男性と女性の違い」とはどのようなことなのでしょうか?

▽女性と男性はパートナーとして一緒にならないと、子孫が繁栄
 しません。
 
 生物学的にはそうなっているにもかかわらず、神様はお互いが
 お互いを理解できないように、違う考え方をするように男性と
 女性を作ったみたいです。
 
 そうやって、魂の修行になるようにできているみたいです。
 
 同じ言葉であっても、男性と女性ではその意味することが違って
 いることがたくさんあるそうです。
 
 その言葉の違いがいくつかあげられています。
 
▽・「はい」という言葉について。
  
  男性は「OK。賛成だ。さて、次の問題に移るぞ」と理解します。
  
  女性は「ちゃんと聞いているわ。理解もできている。さあ、
  これから話し合いましょう」と理解するそうです。
  
 私は男性ですので、男性の方の理解の仕方しか分かりませんが
 たしかに、「はい」ということは、「すでに肯定しました」と
 いう意味で使います。
  
 肯定していないのであれば「はい」とは言わず、「いいえ」と
 言います。
 
 これだけでも、いろいろなすれ違いが起きてきます。
 
 女性はこれから議論するつもりでいても、男性の方は解決済み
 として話題を変えてしまいます。
 
 一方、男性は肯定が得られたと思っていても、実際はぜんぜん
 賛成していなくて、裏切られたと思ってしまうかもしれません。
 
 これを知らないで、男女が交ざって会議をすると大変かもしれま
 せん。
 
▽・「あなたはどう思う?」という言葉について。

  男性にとっては「あなたの結論は何ですか?」の意味であり、
  自分の最終結論を言うときである、と理解しています。
  
  女性はようやくその件について話をする機会がやってきたと
  思うそうです。
  
  女性にとっては、自分の意見を述べることより、話し合いを
  進行させていくことの方が大切なのだそうです。
  
 確かに、「あなたはどう思う?」と聞かれると、自分で考えている
 結論を述べます。
 
 しかし、女性のほうはそこから話し合いを進行させていこうと
 するようです。

▽・「(相手の言うことを)よく聞く」という言葉について。

  男性にとっては「静かに神経を集中させよう。それこそが思い
  やりがあり、また効果的な聞き方なのだ」と思っています。
  
  女性は「あなたが理解していることをきちんと相手に伝える
  ためには、うなずいたり言葉に出したりするべきだ」と思って
  いるそうです。
  
 男性は、女性のように「合いの手」を入れることが下手みたいです。
 
 じっと目を見ていることで、「話を聞いていますよ」というメッ
 セージを送っています。
 
 しかし、女性の場合は、「話を聞いていますよ」というメッセージは
 うなずいたり、「そう、そう」などと言葉に出したりすることの
 ようです。
 
 これに関しては、男性の方が女性の話を聞くときに「合いの手」を
 入れることで解決しそうです。
 
▽以上のように、同じ言葉だけど男性と女性では、考えていることが
 違うのです。
 
 これが、男女間のトラブルの元でもあるみたいです。
 
 このお互いの言葉の意味を理解しあうことが、お互いの理解を
 深めることにもなります。
 
 ただ、現実問題として自分のパートナーとのコミュニケーション
 では可能かもしれませんが、職場でのコミュニケーションは男女
 全員で同じ認識がないと難しいかもしれません。
 
 著者は、そういったことのワークショップを大企業相手に開催
 しているようです。





 この本には、男女間の言葉によるすれ違いから、考え方の違いまで
 いろいろな誤解について書かれています。
 
 主に、女性の職場での地位向上を目指して書かれた本のようです。
 
 現在では、男性にとってみると、職場での女性はどう扱っていい
 のか分からない部分が多々あります。
 
 「男性は火星から、女性は金星からやってきた」というのは、
 あながち間違いではないかもしれないです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/413-939560e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。