訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(3回目)
CD付[新版]生きがいの創造 CD付[新版]生きがいの創造
飯田 史彦 (2003/03/20)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのようは発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)愛する故人との再会とは?



 死は悲しいことですが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)愛する故人との再会とは?

 「主治医が、私のことをあきらめて、『もう死亡している』と
 親類に告げました。私の体は反応してませんでしたが、私はその
 話をすべて聞いていました。医者がもうダメだといった瞬間に、
 私は、むしろ意識が鮮明になった気がします」
 
 「今度は、自分が亡くなった人々に囲まれていることに気づき
 ました。今は亡き多くの親類たちの中でも、私のすぐ前に立って
 いたおばあさんと、学生時代の同級生であった女性が、特に目立
 っていました」
 
 「みんなの背格好のすべてはよく見えませんでしたが、彼らの
 顔は、はっきりとわかりました。そして、みんなと一緒にいる
 のだという気持ちを強く感じました。みんなは喜んでくれ、私は、
 たいへん幸せなひとときを過ごしました」

 「この段階にくれば、だれも独りぼっちで死ぬことはない、と
 いうことが、よくわかる。なぜなら、亡くなった人は、自分の
 好きな人のところへ行くことができるからだ。また、先だって
 亡くなっており、自分のことを愛し、大切にしてくれた人たちも、
 待ってくれている」
 
 「しかも、この段階になると時間というものが存在しないため、
 20歳の時に子どもを亡くした人が99歳で亡くなっても、亡く
 した時と同じ年のままの子どもの姿に会うことができるのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 亡くなった人たちのことを思い出してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「愛する故人との再会」とはどのようなことなのでしょうか?

▽死とはこの世で生きている人間にとって、普通は悲しいことです。

 友人との別れ、親戚との別れ、大切な人との別れ、愛する人との
 別れ、家族との別れ、その中でも一番悲しいのは、自分の子ども
 に先立たれることかもしれません。
 
 人間にとって、「死」とは悲しいできごとではありますが、魂が
 一番成長する機会でもあります。
 
 自ら選んだ死、つまり自殺以外の死には、自分で決めたカリキュ
 ラムの終了を意味する他に、遺された人たちにとっても何らかの
 意味があります。
 
 つまり、基本的には「無駄な死というものはない」ということに
 なります。
 
▽人が死んで肉体は機能しなくなっても、魂は永遠に存在します。

 魂が存在するということは、以前身近に生きていた人たちの魂と
 会うこともできるのではないでしょうか。
 
 ここで、ある臨死体験中の人の話が書かれています。
 
 「主治医が、私のことをあきらめて、『もう死亡している』と
 親類に告げました。私の体は反応してませんでしたが、私はその
 話をすべて聞いていました。医者がもうダメだといった瞬間に、
 私は、むしろ意識が鮮明になった気がします」
 
 「今度は、自分が亡くなった人々に囲まれていることに気づき
 ました。今は亡き多くの親類たちの中でも、私のすぐ前に立って
 いたおばあさんと、学生時代の同級生であった女性が、特に目立
 っていました」
 
 「みんなの背格好のすべてはよく見えませんでしたが、彼らの
 顔は、はっきりとわかりました。そして、みんなと一緒にいる
 のだという気持ちを強く感じました。みんなは喜んでくれ、私は、
 たいへん幸せなひとときを過ごしました」
 
 臨死体験をした人にしか話せないことではありますが、体験した
 多くの人が同じようなことを語っているそうです。
 
 人は死んでも魂は存在しているために、先に亡くなった人たちの
 魂と再会することができるのです。
 
 そう考えると、人の死というのは悲しいことではありますが、
 永遠の別れというわけではなさそうですね。
 
 いつか自分が死んだとき、生前に親しかった人たちや愛する人
 たちの魂と再会することができるのです。
 
▽また、魂の状態になると時間も空間も関係なくなります。

 時間と空間とは、地球上にしか存在しない概念で、魂の状態に
 なると時間や空間には束縛されなくなります。
 
 この世で肉体をまとって生活している私たちには想像できない
 世界ですが、時間も空間も存在しないために、地球上では何処へ
 でも行くことができるのです。
 
 私は経験したことはありませんが、「虫の知らせ」という言葉が
 あります。
 
 普通は、嫌なこと、つまり人の死や、不幸な出来事の前に、なぜ
 だか理解できないけれど分かることがあります。
 
 これは、もしかしたら、亡くなった人の魂が、何かを伝えに来て
 いるのかもしれません。
 
▽このようなことが分かると、「だれもひとりぼっちで寂しく死ぬ
 ということはない」ということになります。
 
 2万件にも及ぶ臨死体験の研究をしているロス博士という人が
 次のように話しているそうです。
 
 「この段階にくれば、だれも独りぼっちで死ぬことはない、と
 いうことが、よくわかる。なぜなら、亡くなった人は、自分の
 好きな人のところへ行くことができるからだ。また、先だって
 亡くなっており、自分のことを愛し、大切にしてくれた人たちも、
 待ってくれている」
 
 「しかも、この段階になると時間というものが存在しないため、
 20歳の時に子どもを亡くした人が99歳で亡くなっても、亡く
 した時と同じ年のままの子どもの姿に会うことができるのである」
 
 「死ぬときは誰でも一人で死ぬしかない」という話はよく聞きます。
 
 確かに、自分が死ぬときに一緒に死んでくれる人もそうそうい
 ないと思います。
 
 しかし、寂しいのは死ぬ瞬間だけなのであって、死んで魂の状態
 になるといつでも何処へでも誰とでも会えることができるし、
 自分より先に亡くなった人たちの魂とも会うことができるのです。
 
 例え愛する人の肉体がこの世から消滅しても、いつでも何処でも
 自分の魂とつながっています。
 
 そう考えれば、寂しくなくなります。
 
 ではどうやってつながっていると感じることができるかというと
 単純にその人のことを思い出すだけでいいのです。
 
 心に思い出すだけで、いつでも自分と一緒にいることが実感でき
 ます。





 愛する人との別れは、私はまだ祖父母との別れしか体験したことが
 ありません。
 
 もうだいぶん前の話ですが、今でもたまに優しかったじいちゃんと
 ばあちゃんのことを思い出すことがあります。
 
 そして、そのときはそばにいてくれることを実感しています。
 
 近い将来、必ずまた会える日が必ず来ます。
 
 それまでは、精一杯生きていくことにします。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/411-d26c3f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。