訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーマザーは支配する
インナーマザーは支配する―侵入する「お母さん」は危ない インナーマザーは支配する―侵入する「お母さん」は危ない
斎藤 学 (1998/05)
新講社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


?おやじむしの3分書評? が「本のまぐまぐ」に掲載されています!(6/28まで)
「本のまぐまぐ」 → http://hon.mag2.com/




──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:インナーマザーは支配する
 副題:侵入する「お母さん」は危ない
 著者:斎藤学
 出版:新講社
 定価:1524円+税
 購入:ブックオフで850円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4915872270/oyajimushicom-22/ref=nosim/



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ 苛酷な批判者「インナーマザー」
 第1章 あなたのお母さんは「聖母」ではない
 第2章 私の中の「私」、私の中の「母」
 第3章 「親教」の信者たち
 第4章 「親教」のマインドコントロールを解く
 第5章 子どもの領域、親の領域



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、1998年5月に出版されています。
 
 著者は、「家族機能研究所」の代表をされている方で、日本の
 嗜癖研究の第一人者と言われています。
 
 著書も多数あります。
 
 このメルマガでは何度も登場しています。



 「侵入するお母さん」とは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)インナーマザーとは?



 本当の母親の役割とは?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)インナーマザーとは?

 「何か非合理的な罪の意識に囚われている。それは多分、お父さん
 の死に関連していて、お母さんに向けられたものだ」
 
 「おそらく思春期に入っていたA子さんは、父という異性に、
 今までとは違った感情を向け始めていたのでしょう。この感情は
 少女たちを不安で包むものですから、彼女たちはそのことをあまり
 考えないようにして、父親を避けようとするものです。大急ぎで、
 家の外の同世代の男の子に感心を向け変える娘もいます」
 
 「この感情はまた母親への罪悪感を生みます。罪悪感は反転して、
 母親批判として表現されることが多い。一方で、この罪悪感は
 娘の心の内に取り込まれ、自分に対する過酷な批判者『インナー
 マザー』(内なる母)になります」
 
 「インナーマザーは、自分の無能、怠惰、醜さを責め、いっときも
 心を休ませてくれません。これに取り憑かれた娘は、『仕事人間』
 になるか『何もしない完璧主義者』になるか、さもなければ
 『痩せた体を追求する拒食・過食症者』や『容貌にこだわる醜貌
 恐怖症』になります」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の幸せをかみしめよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「インナーマザー」とは何なのでしょうか?

▽斎藤一人さんの著書に、こんな話がありました。

 「自分の親がいい親だと思うなら、普通と思わない方がいいよ。
 宝くじが当たったぐらいの確率なんだから...」
 
 それほど、人間にとって「親」というのは難しい存在なのかもしれ
 ません。
 
 私の親を自慢するわけではないですが、私にとってはごく普通の
 親です。(そう思っています)
 
 「育て方が悪い」とか、「親がそんなだから自分もこんなになって
 しまった」とか、そういうことは全く思ってなくて、親には何の
 恨みもありません。
 
 ただ「ありがとう」の感謝だけです。
 
 現在、離れて暮らしていますが、そのことについて何の罪悪感も
 持ってないし、私は長男ですが、「面倒を見なきゃ」という気持ち
 もあまりないです。(ないことはないですが...)
 
 これは、私の両親がしっかり「子離れ」をしてくれたおかげで
 私もしっかり「親離れ」ができているからだと思います。
 
 自分の両親も子離れ、親離れができているという方は喜んでくだ
 さい。
 
 宝くじに当たってます(笑)
 
▽しかし、世の中には「子離れ、親離れ」ができないでいる親子が
 います。
 
 親がまだ生きていて、結婚している子どもの生活にいろいろと
 口出しする人もいます。
 
 「これだけしてあげるから」とか「これだけしてあげたから」
 というセリフが出たら子離れできてません。
 
 また、自分では自立できずに生活を子どもに依存している親もい
 ます。
 
 子どもが距離を置こうとすると「恩知らず」と罵る親もいます。
 
 親の役目は、子どもが自立したら終わり。
 
 あとは、子どもに依存せず、自分の人生を楽しむのが普通です。
 
 そして、たまに年に1回くらい帰省して、懐かしく思えれば良い
 のではないでしょうか。
 
 それが、「子離れ、親離れ」できた親子だと思います。
 
▽親がまだ生きていて、「子離れ、親離れ」ができていない親子は
 まだ解決のしようがあるかもしれません。
 
 しかし、親は生きてない、もしくは、親とは離れて暮らしている
 のに、心の中にいつまでも居座っている親がいます。
 
 どうもこれがやっかいなようですね。
 
 人は、育ててくれた人の影響を強く受けて大人になります。
 
 私も「親離れ」できた大人だと思ってますが、話し方や考え方が、
 年を重ねる毎に親に似てきた感じがします。
 
 特に話し方は「父さんと同じだなぁ」と思わず笑ってしまうことが
 あります。
 
 それほど、育ててくれた人の影響というのは、後々まで残ります。
 
 おそらく死ぬまで同じだと思います。
 
 このように、自分の心の中には、親がいるのが普通ですが、この
 心の中にいる親が、その人を「支配」してしまう場合があります。
 
▽この本の冒頭に、ある家族の例が書かれています。
 
 30歳の女性(A子さん)は、14歳の時に父親が病気で亡く
 なってしまいます。
 
 それからしばらくして不登校が始まり、それでも高校や短大を
 何とか卒業して結婚までします。
 
 しかし、A子さんは父が死んでからずっと「生きている実感がない」
 と浮遊するように暮らしていました。
 
 A子さんは、父親が死んだ日から、ずっと放心状態(離人症障害)
 を引きずって30歳まで生きてきたのです。
 
 A子さんの両親は共働きで、お父さんの母親、つまりお祖母ちゃん
 が幼いA子さんの面倒をずっと見ていました。
 
 でも、面倒を見ながらこのお祖母ちゃんは嫁、つまりお母さんへの
 愚痴をA子さんにたれ流していました。
 
 著者に治療を求めてきたA子さんは、やたらに「お母さん」の
 悪口を言うそうです。
 
 「気が利かない」、「鈍感だ」、「冷たい」等々。
 
 しかし、理由を聞いてもはっきりした答えが返ってきません。
 
 しっかり、お祖母ちゃんに洗脳されています。
 
 著者は、A子さんを次のように分析します。
 
 「何か非合理的な罪の意識に囚われている。それは多分、お父さん
 の死に関連していて、お母さんに向けられたものだ」
 
 「おそらく思春期に入っていたA子さんは、父という異性に、
 今までとは違った感情を向け始めていたのでしょう。この感情は
 少女たちを不安で包むものですから、彼女たちはそのことをあまり
 考えないようにして、父親を避けようとするものです。大急ぎで、
 家の外の同世代の男の子に関心を向け変える娘もいます」
 
 「この感情はまた母親への罪悪感を生みます。罪悪感は反転して、
 母親批判として表現されることが多い。一方で、この罪悪感は
 娘の心の内に取り込まれ、自分に対する過酷な批判者『インナー
 マザー』(内なる母)になります」
 
 「インナーマザーは、自分の無能、怠惰、醜さを責め、いっときも
 心を休ませてくれません。これに取り憑かれた娘は、『仕事人間』
 になるか『何もしない完璧主義者』になるか、さもなければ
 『痩せた体を追求する拒食・過食症者』や『容貌にこだわる醜貌
 恐怖症』になります」
 
 「インナーマザー」とは、簡単に言うと、その人の勝手な思い
 込みなのですが、その勝手な思い込みがその人の心を支配して
 しまうのです。
 
 実体がない、心の中の問題であるだけに、なかなか解決のしよう
 がないのです。
 
 「心の中のお母さん」は、いつまでも責め続けます。
 
 おそらく死ぬまで。





 特に日本人は、「母子密着型」で子どもを育てるので、母親の
 影響がもろに子どもに出てしまいます。
 
 しかも、心の複雑な仕組みによって、普通の人には分からない
 ようなやり方でその人を支配してしまいます。
 
 こうなると専門家の手を借りなければ解決できません。
 
 この本には、「あなたのお母さんは『聖母』ではない」という
 ことが解説されています。
 
 もし、現在心の問題で悩んでいるのであれば、一度読んでみて
 ください。
 
 何かヒントがあるかもしれないです。
 
 
 次回もう一度、この本を紹介します。
 
 次は「親教」について解説します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/405-0b7a3fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。