訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対人関係
対人関係 対人関係
藤原 和博 (2002/01/28)
かんき出版

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:対人関係
 著者:藤原和博
 出版:かんき出版
 定価:1000円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4761259825/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1411948%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1 世界中に「自分ネットワーク」を広げる方法
 2 お金でもなく名誉でもなく
 3 あなたが「忘れられない人」になるために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2002年1月に出版されています。
 
 著者は、民間からは初となる中学校の校長になった方です。
 
 このメルマガでも何度か紹介しています。



 対人関係はどのように構築すれば良いのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)自分ネットワークを広げる方法とは?



 私のネットワークはかなり狭いです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)自分ネットワークを広げる方法とは?

 「実際には、名刺交換をしただけの人を『人脈』に加えてしまう
 人はけっこう多いようです。私自信が名刺を受け取る側の立場から
 いわせてもらうと、異業種交流会などで名刺プラス多少の情報を
 交換した程度では、家に帰ってから名刺を整理する時点で相手の
 キャラクターのことをほとんど覚えていないことが、正直いって
 多い。だから、お互いの記憶の中に印象が残らない限り、ネット
 ワークは生まれません」
 
 「大切なのは『人脈』じゃなくて『自分ネットワーク』。その違い
 をひと言で説明すると、出会いに“!(感嘆符=ビックリマーク)”
 がついているかどうかという点に尽きます」

 「つまり、どんあ小さなことでもいいから“!”印の対人関係を
 築けること。それが、豊かな人生を約束します」

 「そのためには、まず出会った相手に対して“!”を演出する
 技術が必要になります」
 
 「それは『問いかける』ことなんです」

 「ときどき『よくぞ聞いてくれた!』『それを話したかったんだ!』
 と思うような質問をする人がいますよね。こういう人は、例外
 なくネットワークづくりがうまい」
 
 「つまり、感動の“!”は、質問の“?”から始まる。このことを
 胸に刻んでおいてください」

 「それは『相手がいちばん話したいこと』を想像するということ
 です。これは私がいつも心がけていること」
 
 「会話の中で、相手が話したいことを探して『問いかけ』ができる
 ようになると、ぐっと会話が深まって、個人的な対人関係も深まる
 はずです」
 
 「問いかけることで、『相手は何をいちばんしゃべりたいのか』、
 『何者だと認めてもらいたいのか』を探っていく。これがコミュニ
 ケーションにとって非常に大切なことであり、対人関係のすべて
 といってもいいくらいです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 「自分ネットワーク」を広げてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「自分ネットワークを広げる方法」とはどのような方法なので
 しょうか?
 
▽人脈を構築する方法としてよく聞くのが「異業種交流会」などに
 参加することです。
 
 私も以前、参加してみようかと思っていろいろ探っていたのですが、
 「人脈」って何だろうと考えた時に、「名刺交換して少しだけ話を
 すること?」と疑問に思ったことがあります。
 
 私自信のことを考えてみても、名刺交換して少しだけ話をしても
 その人のことは顔も覚えてなければ、何の話をした人かもほとんど
 覚えてないです。
 
 「名刺コレクション」が趣味の人にとってはいいかもしれません。
 
▽私の人脈は他の人と比べると、おそらくかなり狭いです。

 子どものころから全国各地を転勤や引っ越しで転々としていますが、
 筆まめじゃないし、頻繁に電話するわけでもないので、なかなか
 つながりが残りません。
 
 私自信も人つきあいがそんなに得意ではなく、どちらかというと
 一人でいる時間の方が好きです。
 
 そんな自分を少しだけ変えてみようと思って、異業種交流会に
 参加してみようと思ったのですが、結局参加しませんでした。
 
 著者もそのことを指摘しています。
 
 「実際には、名刺交換をしただけの人を『人脈』に加えてしまう
 人はけっこう多いようです。私自信が名刺を受け取る側の立場から
 いわせてもらうと、異業種交流会などで名刺プラス多少の情報を
 交換した程度では、家に帰ってから名刺を整理する時点で相手の
 キャラクターのことをほとんど覚えていないことが、正直いって
 多い。だから、お互いの記憶の中に印象が残らない限り、ネット
 ワークは生まれません」
 
 「大切なのは『人脈』じゃなくて『自分ネットワーク』。その違い
 をひと言で説明すると、出会いに“!(感嘆符=ビックリマーク)”
 がついているかどうかという点に尽きます」
 
▽私も転職する前の会社では、他の会社の方とたくさん出会って
 きました。
 
 そして、良くも悪くも印象に残っているのは「!」や「!?」が
 付くような人でした。
 
 私の場合、そこから「人脈」に発展させるのが下手みたいです。
 
 著者の言うとおり、出会って印象に残るのは「!」が付く人です。
 
 「つまり、どんあ小さなことでもいいから“!”印の対人関係を
 築けること。それが、豊かな人生を約束します」
 
▽では、出会った人に「!」を与えるにはどうすれば良いのでしょうか?

 名刺交換した程度の表面的な関係から、「自分ネットワーク」の
 関係に発展させるためには、「!」がつく何かがないとならない
 です。
 
 著者は言います。
 
 「そのためには、まず出会った相手に対して“!”を演出する
 技術が必要になります」
 
 「それは『問いかける』ことなんです」
 
 受け身でいては「自分ネットワーク」を作ることはできません。
 
 自ら相手に「問いかける」ことで、相手に「!」を感じてもらう
 のです。
 
 著者は言います。
 
 「ときどき『よくぞ聞いてくれた!』『それを話したかったんだ!』
 と思うような質問をする人がいますよね。こういう人は、例外
 なくネットワークづくりがうまい」
 
 「つまり、感動の“!”は、質問の“?”から始まる。このことを
 胸に刻んでおいてください」
 
▽では、どのような質問をすれば相手は「!」を感じてくれるの
 でしょうか?
 
 実は、そんなこと分かるわけ訳がないです。
 
 相手の頭の中にあることなんてこちらには見えませんから。
 
 著者もケースバイケースなので分からないと言ってますが、勘所は
 あるそうです。
 
 「それは『相手がいちばん話したいこと』を想像するということ
 です。これは私がいつも心がけていること」
 
 「会話の中で、相手が話したいことを探して『問いかけ』ができる
 ようになると、ぐっと会話が深まって、個人的な対人関係も深まる
 はずです」
 
 「問いかけることで、『相手は何をいちばんしゃべりたいのか』、
 『何者だと認めてもらいたいのか』を探っていく。これがコミュニ
 ケーションにとって非常に大切なことであり、対人関係のすべて
 といってもいいくらいです」
 
 これは、例えば仕事で打ち合わせをする場合などは想像つきやすい
 かもしれません。
 
 ホームページや業種内容について調べることができれば、その
 業界に関する苦労している部分等の話が分かります。
 
 そのことについて「問いかけ」をすれば話は弾むと思います。
 
 しかし、対個人だと予備知識無しで会話を始めないとならないです。
 
 この場合も、相手に「問いかける」ことでコミュニケーションを
 築くことが可能です。
 
 その方法がいくつか書かれていますが、一つは相手との共通項を
 見つけることです。
 
 今度、機会があったらやってみます。





 この本には、自分ネットワークを築くためのコミュニケーションの
 取り方がたくさん書かれています。
 
 人とのコミュニケーションは、その人がもともと持っている特質や
 育ってきた環境などが影響しています。
 
 したがって、誰もが著者のようなコミュニケーションが可能な
 わけではないと思います。
 
 ただ、そのように自分を割り切ってしまうと、「自分ネットワーク」を
 広げることができなくなります。
 
 私ももう少しチャレンジしてみようと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/397-e4d16fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。