訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕はパパを殺すことに決めた(2回目)
僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実 僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実
草薙 厚子 (2007/05/22)
講談社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:僕はパパを殺すことに決めた
 副題:奈良エリート少年自宅放火事件の真実
 著者:草薙厚子
 出版:講談社
 定価:1500円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4062139170/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4368218%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 逮捕/焼け落ちた絆
 第一章 計画/殺害カレンダー
 第二章 離婚/学歴コンプレックス
 第三章 神童/飛び級と算数オリンピック
 第四章 家出/継母が打ち明けた苦悩
 第五章 破綻/カンニング
 第六章 決行/6月20日、保護者会当日
 第七章 逃亡/ひたすら北へ
 第八章 葛藤/娘を殺した「孫」との面会
 第九章 鑑定/少年が抱えていた「障害」
 終 章 慕情/裁判所で流した涙



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2007年5月に出版されています。
 
 出たばかりの本です。
 
 著者は、元東京少年鑑別所の法務教官をしていた方で、現在は
 フリージャーナリストをされています。
 
 著書も何冊かあります。



 少年にいったい何が起きていたのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)加害少年の育った環境とは?



 少年はとことん追いつめられます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)加害少年の育った環境とは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 人間の価値についてもう一度考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
▽小学校に入学する前から、父親の「教育」という暴力を受けて
 育ってきた少年は、小学校時代は「天才」と呼ばれ、中学校は
 奈良県でも有名な中高一貫の進学校へ合格します。
 
 父親の勉強の指導から逃れられたのは、入学してほんの数ヶ月で
 した。
 
 入学した学校はレベルが高く、少年は惨憺たる成績をとってしまい
 ます。
 
 そこから、再び父親の指導の元に少年の勉強が始まることになり
 ます。
 
 ただ、中学校になると父親の知識ではとても勉強を指導すること
 はできず、勉強を教えるのではなく「監視」するようになります。
 
 問題を解くのが遅いと殴られ、居眠りをしても殴られ、なにを
 しても殴る蹴るの暴行が待っているのです。
 
▽それは、少年が高校生になっても変わりませんでした。

 高校生になれば父親の指導もなくなるかと思っていた少年でしたが、
 その淡い期待は見事に裏切られます。
 
 高校に進学しても、少年の正面に腰を下ろし、勉強の監視を続ける
 のです。
 
 この頃から少年は、ほんのわずかでしたが、父親に抵抗を示す
 ようになりました。
 
 少しだけ口答えをしてみたり、叩こうとした手を払いのけてみたり、
 一度は、家出まで決行します。
 
 でも、ほんのわずかな抵抗です。
 
 思春期の少年に対して、小学生の時と同じ態度で接するのは、
 少年にとっては苦痛以外の何ものでもありません。
 
 父親の頭の中には、そんな気遣いはみじんもないようで、息子は
 自分の所有物でしかないのです。
 
▽少年が高校1年生になってから初めての中間テストがありました。
 
 少年は中学生になってから、成績はあまり良くなかったのですが、
 それでも、全ての教科で平均点を上回っていたのです。
 
 少年は少年なりに努力していたのです。
 
 その努力は、過去一度も父親にほめられたことはありません。
 
 良い成績で当たり前、成績が悪いと暴力が待っているのです。
 
 少年はどのような気持ちで勉強していたのでしょうか。
 
▽中間テストの結果はまずまずでした。

 しかし、英語だけが平均点を20点も下回ってしまったのです。
 
 平均点に届かないということは、少年にとっては肉体的な苦痛を
 意味します。
 
 父親から執拗な暴力を受けることになるのです。
 
 少年はそれをどうしても避けたかった、父親の暴力を回避した
 かったので、思わず嘘をついてしまいます。
 
 「平均より7点上やった」
 
 この一言で、時限爆弾のスイッチが入ってしまったのです。
 
 その場の暴力から逃れたい一心でつい口から出てしまった嘘。
 
 私からみると、たわいのない嘘です。
 
 しかし、少年にとってみると、この嘘は致命的でした。
 
▽以前、中学生の時に成績表を改ざんした時や、カンニングがばれた
 とき、少年は父親から特に激しい暴行を受けています。
 
 このとき、「今度やったら殺すからな」と言われていました。
 
 実の父親からそう言われたのです。
 
 父親は単なる脅し文句として考えていたようですが、毎日暴行を
 受けていた少年にとっては、不正をはたらくことは「死」を意味
 していたのです。
 
 父親の激しい暴力から逃れるために、ついつい不正をしてしまい、
 それがばれると、さらに激しい暴力を受けてしまいます。
 
 少年は父親から逃れることができないのです。
 
 これは、つらいでしょうね。
 
 何処に行っても、何をしていても、父親の陰に脅え、安らげる
 はずの家も安らぎは与えてくれないのです。
 
 家を出ても行く当てがなく帰って来るしかありません。
 
▽不正をはたらくと激しい暴力が待っているにもかかわらず、嘘を
 ついてしまった少年は、何日か後に開かれる「保護者会」で自分が
 嘘をついてしまったことが確実にばれることを悟りました。
 
 保護者会にはいつも父親が出席していて、この場で中間テスト等の
 結果が保護者に伝えられることになっているのです。
 
 そうすると、少年が英語の点数で嘘をついたことがばれてしまう
 のです。
 
 「英語の点数が平均点に20点足りない」
 
 たったこれだけの理由でした。
 
 少年は、父親を殺害することを決心します。
 
 「パパを殺さないと僕が殺される」
 
▽それから、少年は保護者会のまでの間、父親を殺害する方法を
 いろいろと考え始めます。
 
 包丁やバット、ゴルフクラブ、重り入りの竹刀。
 
 しかし、少年にとってはどれも成功するようには思えませんでした。
 
 一度に殺すことができないと、父親に殺される。
 
 そう思っていたのです。
 
 そして、とうとう焼き殺すことを考えつきます。
 
 方法は決まりました。
 
 あとは実行に移すのみです。
 
▽保護者会の前日の夜、家に帰ってみると、父親は帰ってこない
 ことが判明します。
 
 それでも、今夜決行しないと明日は保護者会です。
 
 少年は、父親がいないにも関わらず、放火を決行することにしま
 した。
 
▽朝方、サラダ油を家の中にまき散らし、タオルを燃やして導火線の
 ようにし、そのまま家を出て逃走します。
 
 所持金わずか3000円。
 
 火を付けた家は、「父親以外」の寝ていた3人が一酸化炭素
 中毒で死亡し、焼け落ちてしまったのです。
 
 保護者会の当日、少年の目標は達成されたのです。
 
▽父親の捜索願いで少年は逃亡先で保護されてしまいます。

 保護されたときも、民家に侵入し、靴を脱いでソファで寝ていた
 所を住人に見つかり、あわてて逃げましたが、なぜか戻ってきた
 ところを住人の通報で来ていた警察官につかまってしまったのです。
 
 犯行の非道さに比べ、なんとも間の抜けた捕まり方です。
 
▽つかまった少年は、感情が動くこともなく、警察の調べに対し
 淡々と応えていきます。
 
 そして、「なぜ父親がいないと分かっていたのに放火しなければ
 ならなかったのか?」その答えは...





 少年の最大の敵だった父親はまだ生きています。
 
 そして、父親は少年が帰ってきたら受け入れるとまで言っている
 のです。
 
 しかし、この父親が変われるとは到底思えません。
 
 少年が戻ってきたら、今度は「反省が足りない!」と言って、
 暴行を働くに違いありません。
 
 この父親にとって少年は単なる所有物でしかないのですから...
 
 この本は、著者がかき集めた検察調書を元に構成されています。
 
 したがって、内容的にはほぼ信じられるのではないかと考えてい
 ます。
 
 著者が推測する部分を省いて読んでみても、少年への父親による
 暴力と、成績に対する異常な執着が読みとれます。
 
 父親から離れて暮らさないと、少年の未来は暗いです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/395-eb813012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。