訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡の法則
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
野口 嘉則 (2006/05/10)
総合法令出版

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:鏡の法則
 副題:人生のどんな問題も解決する魔法のルール
 著者:野口嘉則
 出版:総合法令出版
 定価:952円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4893469622/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4034774%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 鏡の法則
 あなたの人生に幸せをもたらすための解説とあとがき
  人生は自分の心を映し出す鏡
  ゆるすことでやすらぎが手に入る
  ゆるすための8つのステップ
  あなたの幸せな人生の実現のために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2006年5月に出版されています。
 
 ネットで調べてみると「100万部」というのが一番多い発行
 部数です。
 
 売れているみたいです。
 
 著者は、現在コーチングの会社を営んでいる方です。
 
 著者も何冊かあります。



 「人生のどんな問題も解決する魔法のルール」とは、どのような
 ルールなのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)鏡の法則とは?



 宇宙の法則の一つのようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)鏡の法則とは?

 「現実に起きる出来事は、一つの『結果』です。『結果』には
 必ず『原因』があり、その原因は、あなたの心の中にあるのです。
 つまり、あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡だと
 思ってもらうといいと思います」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 さっそく解決しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「鏡の法則」とはどのような法則なのでしょうか?

▽年齢を重ねる毎に、確実に涙もろくなってきました。

 私が読書をする主な場所は通勤電車の中ですが、この本を読み
 ながら思わず涙ぐんでしまいました。
 
 ついでに鼻水まで出る始末。
 
 この本は、「鏡の法則」を、ある物語(実話なんだそうです)
 にして書いてあります。
 
 簡単に言うと半分は「宇宙の法則」について、もう半分は「コー
 チング」を題材にしたストーリーです。
 
 思わず涙したストーリーについては書きません。
 
 内容はネットでも読めます。
 
 こちら http://coaching-m.co.jp/payforward.htm から入ると
 PDF版が置いてあります。
 
 今回は、「鏡の法則」についてご紹介します。
 
▽「鏡の法則」とは、一言でいうと、以下のように表現されます。

 「現実に起きる出来事は、一つの『結果』です。『結果』には
 必ず『原因』があり、その原因は、あなたの心の中にあるのです。
 つまり、あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡だと
 思ってもらうといいと思います」
 
 このことは、成功法則本や自己啓発書には必ず書かれています。
 
 「原因と結果の法則」はジェームス・アレンの本が有名です。
 
 別の表現をすると、「自分で蒔いたタネは必ず自分で刈り取る
 ことになる」ということになります。
 
 良いタネを蒔けば、良い実を刈り取ることになるし、悪いタネを
 蒔けば、悪い実を刈り取ることになります。
 
 鏡の法則とは、「原因と結果の法則」の「原因」を作り出すおお
 もとが自分の心の中にあって、それがタネを蒔いているに過ぎない、
 ということになります。
 
 つまり、「結果」は自分の心を映し出す鏡である、ということに
 なります。
 
▽これも、たくさんの本に書かれています。

 成功法則本として有名なナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」
 は、まさにこのことを示しています。
 
 じゃあ、この本は成功法則本なのかというと、半分当たっていて、
 半分違っています。
 
 私もそうなのですが、人は「鏡の法則」の理屈が理解できても、
 現実を変えることは難しいのです。
 
 この本に書かれている主人公が、鏡の法則に気が付いて、自分が
 抱えている問題を解決できたのは、プラスして「コーチング」が
 あったからだと思います。
 
 普通の人は、現在自分が苦しんでいる現実が、自分の心を反映
 しているものだとは想像もできません。
 
 だから、人間は悩むのです。

▽人は、何か問題が起きると、問題を他人の責任にします。

 今回の物語の主人公は普通の家庭の主婦で、「子どもが心を開いて
 くれない」という悩みです。
 
 すると、普通の人はその原因を子どもの中に見つけようとします。
 
 「なぜ、なたは心を開いてくれないの?」といくら悩んでみた
 ところで現実は変わりません。
 
 相手の中にその原因を見つけようとする限り、現実は変わらない
 からです。
 
▽もし、悩んでいる現実があって、それを解決したいのであれば、
 自分が変わるしかありません

 このことは、スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」の
 中の「第一の習慣」にも書いてあります。
 
 第一の習慣の原則は「自己責任の原則」です。

 自己責任の原則とは、
 
 「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である」
 
 ということです。
 
 現実を変えたいのであれば、自分のことを見直してみることが
 必要です。
 
▽もし、自分以外のことで悩んでいるのであれば、この本の後半にも
 書いてありますが、「相手をゆるす」ことです。
 
 そのためには、自分自身をゆるしてあげないとなりません。
 
 この本には「ゆるすための8つのステップ」として、その方法が
 まとめられています。
 
 人間関係で悩んでいる方には役に立つと思います。





 結論を言うと、この本に書いてあることはそんなにめずらしい
 ことではありません。
 
 では、なぜ100万部が売れているのかというと、掲載されている
 物語に感動するからだと思います。
 
 「感動してみたい」思った方にはお勧めの本です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/386-96b5f86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。