訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村久子の生涯
中村久子の生涯―四肢切断の一生 中村久子の生涯―四肢切断の一生
黒瀬 ショウ次郎 (1994/12)
到知出版社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:中村久子の生涯
 副題:四肢切断の一生
 著者:黒瀬ショウ次郎
 出版:知致出版社
 定価:2427円+税
 購入:アマゾンマーケットプレイスにて購入(金額は忘れました)



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4884743547/oyajimushicom-22/ref=nosim/



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■□□□□
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は平成6年12月に出版されています。
 
 著者は、さまざまな職業を転々とし、現在は珈琲貿易会社の会長
 をしています。
 
 著書も何冊かあります。



 このような強い人もなかなかいないと思います。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どの様な人だったのか?



 とにかくすごい人だったようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どの様な人だったのか?
 
 今回は、「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の人生を省みよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「中村久子とはどの様な人」だったのでしょうか?

▽この本は、今年の2月に出版された「100人100冊100%」
 という本で紹介されていた本です。
 
 「100人100冊100%」は、112名の人がそれぞれお気に
 入りの本の書評を持ち寄って1冊の本にしたものです。
 
 私も、飯田史彦さんの「生きがいの創造」で参加しました。
 
 この本の中で、ある方が紹介していたのが今回紹介する本です。
 
▽中村久子さんという方の名前は、この本で初めてしりました。

 私はあまり自伝というのを読みません。
 
 したがって今回のように、別の著者がある特定の人のことを紹介
 する本もあまり読まないです。
 
 これまで読んだことがあるのは、「二宮金次郎」や「イエス」、
 「マザー・テレサ」、元厚生労働大臣の「坂口力」さんくらいで
 しょうか。
 
 しかし、今回この本を読んで、考えを変えなければならないと
 思っています。
 
▽この本の主人公、中村久子さん(以降敬称は略します)は、
 明治30年11月に畳職人だった父、釜鳴栄太郎と、母あやの
 長女として生まれます。
 
 「中村」という名は、4人目のご主人の姓です。
 
 2歳の時に、左足に凍傷が発生し、右手と左足に転移してしまい
 ます。
 
 3歳の時、突発性脱疽(だっそ)になり、右手首と、左足は膝下
 から、右足はかかとから切断してしまいます。
 
 4歳の時、両腕は肘関節から、両足は膝関節から切断します。
 
 以後14年間、寒くなると切断した部分に激痛が走り、病院通いを
 することになります。
 
▽当時、障害者は世間から忌み嫌われていました。

 今からでは想像もできないような迫害を受けます。
 
 それは、身近な親戚も同じです。
 
 しかし、父と母は重度障害者となった久子をあきらめることなく
 大切に育てます。
 
 5歳の頃には弟、栄三が誕生します。

▽貧しいながらも、愛多き父と母の元で育っていた久子でしたが、
 久子が7歳の時、父栄太郎が急性脳膜炎で急死します。
 
 母あやは、久子を自分の母親に預け働きに出ますが、女手一人の
 稼ぎではとても生活していけないということで再婚をします。
 
 この再婚先で久子は義理の父からの冷たい仕打ちに会います。
 
 毎日のように久子のことで、夫婦喧嘩が絶えず、義理の父の親戚
 からも迫害され、母は久子につらくあたるようになります。
 
 この時期に、久子は母から「何でも自分でやるように」と言われ
 厳しくなりますが、このときに一人でできるようになったことが、
 今後の久子の人生を助けるようになります。
 
▽嫁いだ先で、邪魔者扱いだった久子親子は、弟の栄三を遠くの
 育児院へ送り出し、一時期入水自殺まで考えるようになります。
 
 一時期、あやは嫁ぎ先と別居し、祖母ゆきの所に身を寄せます。
 そこで久子は祖母に読み書きを習い、この頃から久子の独学が
 はじまります。
 
 その後、別居していた母と久子は、嫁ぎ先へ逆戻りし、またもや
 厳しい毎日が始まりました。
 
▽久子が20歳の時、見せ物小屋で仕事をすることを決意します。

 この頃、久子のような障害者は見せ物小屋で自分の体を資本にして
 稼ぐ人が多かったそうです。
 
 障害者がまともに稼げるのはそのぐらいしかなかった時代でした。
 
▽24歳の時、15年ぶりにやっと巡り会えた弟の栄三が死亡。

 その3ヶ月後、故郷の母が死亡してしまいます。
 
 この年に最初の夫と結婚し、26歳の時に長女を出産します。
 
 しかし、翌年、関東大震災があったころ夫が死亡。
 
 そして、祖母のゆきも亡くなってしまいます。
 
 同じ年に、二人目の旦那さんと結婚し、28歳のときに次女が
 生まれます。
 
 しかし、またもや二人目の夫が急死。
 
 30歳の時に、3人目の夫と結婚しますが、この人がろくでもない
 人で、久子は苦しみます。
 
 この夫との間に三女を儲けますが、翌年にはしかで死んでしま
 います。
 
▽37歳の時に、3人目の夫とは離婚し、4人目の夫と結婚します。

 そして、昭和43年、72歳の波乱の人生を閉じました。
 
▽こうやって、ごく簡単にかいつまんでその人生を表現してみても、
 大変な人生を歩んできたことが分かります。
 
 しかも、この人生を両手両足が無い重度障害者として生きてき
 ました。
 
 しかし、その考え方や思想は、普通の人間である私には到達でき
 ない境地にあったようです。
 
 見せ物小屋で働きながら、人間のいろいろなしがらみに苦しみ
 つつも、自分を成長させていったのです。
 
 久子は晩年までずっと貧乏でした。
 
 しかし、晩年は人に恵まれ、貧乏ながらも幸せな人生が送れた
 ようです。





 自伝の紹介をするのは難しいです。
 
 私の下手な書評では、この本に書かれている中村久子さんのすごさ
 が伝わらないと思います。
 
 その、「すごさ」はあのヘレン・ケラーが日本にやってきたとき、
 ヘレン・ケラーが涙を流しながら、長い間抱擁し
 
 「私より不幸な人、そして偉大な人」
 
 と言わしめたほどです。
 
 自分が強くなりたい方にお勧めの1冊です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/382-c6c345f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。