訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるって簡単
生きるって簡単 苦悩の娑婆を生き抜く法華経の力―美輪明宏の悩み相談室 生きるって簡単 苦悩の娑婆を生き抜く法華経の力―美輪明宏の悩み相談室
美輪 明宏 (1996/10)
佼成出版社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:生きるって簡単 苦悩の娑婆を生き抜く法華経の力
 副題:美輪明宏の悩み相談室
 著者:美輪明宏
 出版:佼成出版社
 定価:1262円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/433301817X/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f836175%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 恋愛・結婚の悩み
 第2章 健康の悩み
 第3章 夫婦関係の悩み
 第4章 親子の悩み
 第5章 人生への悩み
 第6章 対人関係への悩み
 第7章 信仰上の悩み



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和62年1月に出版されていて、その新装改訂版に
 なります。
 
 長く読まれている本です。
 
 著者は、元もとプロの歌手としてデビューし、現在では、演劇や
 脚本、演出、音楽、衣装なども手がけ、TV、コンサート、講演
 などいろいろな方面で活躍中の方です。
 
 著者も多数あります。



 生きるのが簡単な人と、難しい人がいます。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)愛するということとは?



 難しい問題ばかりです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)愛するということとは?

 「迷うようならおよしなさいよ。迷うということは、自分を守る
 ことしか考えていないということなの。ということは彼よりも
 自分のことを愛している、ってことなのね。彼に対する愛情よりも
 自分に対する保身の愛情の方が比重が大きいということ」

 「愛するということは見返りを要求しないことよ。与える一方、
 与えっぱなし。お金を貸すことと同じですね。利子をつけて返して
 もらおうと思って貸すと、返ってこなかったときには腹が立つ」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の責任で生きていこう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「愛するということ」とはどのようなことなのでしょうか?

▽人間生きていると様々な悩みと遭遇します。
 
 しかも、悩みは人それぞれで星の数ほど悩みが存在します。
 
 人間は悩むためにこの世に生まれてきました。
 
 健康上の悩みや、仕事の悩み、親兄弟に関する悩み、恋愛の悩み、
 夫婦の悩み、人生に関する悩み等々、あげればきりがありません。
 
 人々は悩み、それを自ら解決していくことで魂が成長します。
 
 そんな中でも一番多い悩みはやはり人間関係の悩みだと思います。
 
 人間がこの世に生まれてきて、一番磨かれるのは「人間関係」です。
 
 様々な人間関係の中で、人の痛みが分かったり、怒りを感じたり、
 喜びを感じたり、哀しみを感じたり、優しさを感じたり、と魂の
 学びになることがたくさんあります。
 
▽学びになるとは言っても、実際悩んでいる本人にとってみると、
 「学び」なんてことは考えていません。
 
 ただ、つらいだけです。
 
 何とか解決したいと思いながらも、その解決策が思いつきません。
 
 そこで、色々な人に相談することになります。
 
 この本も、著者が読者からの様々な悩みについて、その解決の
 ための一つの考え方を書いたものです。
 
 著者の考え方の基盤となっているのが「法華経」です。
 
 法華経の知恵でどの様に考えれば良いかを回答しています。
 
 しかし、どのような回答を出しても、実際に解決するのは本人
 次第です。
 
 人間、悩みがあるからこそ人生が奥深いものになるのではないかと
 思います。
 
▽たくさんの悩みの中から選別して紹介したいと思います。
 
 相談者は結婚する予定の女性からです。
 
 結婚相手は28歳の男性で、相談者の女性とつき合う前に、結婚を
 前提としてつきあっていた女性と同棲をしていたのですが、その
 女性に「好きだけど結婚できない」と言われて分かれたそうです。
 
 でも、その男性はどうしてもその分かれた女性のことが忘れられ
 ないらしく、「今は君のことを一番愛している。でも、もし彼女と
 別れなかったら君を好きにはならなかった」と言われたそうです。
 
 彼には、まだ別れた彼女に未練があって、このまま結婚していい
 ものかどうか悩んでいる、という相談です。
 
▽この男性も卑怯ですね。

 そんなこと心に思っていても、言葉に出してはならないです。
 
 心にしまったまま墓場に持って行かなければなりません。
 
 また、「好きだけど結婚できない」というセリフほど相手を悩ま
 せる言葉はありません。
 
 この言葉も卑怯ですね。
 
 おそらく本心は「好きではないから別れて欲しい」だと思います。
 
 自分を良く見せたいがために出てくる言葉だと思います。
 
▽この悩みに対する著者の回答は次のようなものです。

 「迷うようならおよしなさいよ。迷うということは、自分を守る
 ことしか考えていないということなの。ということは彼よりも
 自分のことを愛している、ってことなのね。彼に対する愛情よりも
 自分に対する保身の愛情の方が比重が大きいということ」
 
 相手を基準に考えると、相手次第なので不安になります。
 
 しかし、自分を主体に考えると、全ては自分次第です。
 
 相手の出方に左右されることはありません。
 
 この相談者の場合も、「もし、彼の心が離れたとしたらどうしよう」
 という悩みです。
 
 「そうしたら幸せになれない。自分がかわいそうだ」と思って
 いるのです。
 
 著者は言います。
 
 「愛するということは見返りを要求しないことよ。与える一方、
 与えっぱなし。お金を貸すことと同じですね。利子をつけて返して
 もらおうと思って貸すと、返ってこなかったときには腹が立つ」
 
 子育ても同じです。
 
 見返りを要求して子育てをしても、絶対に返ってこないです。
 
 もしかしたら遠い将来、少しは返ってくるかもしれませんが...
 
 見返りを期待して子育てはできません。
 
 結婚生活も見返りを求めてはならないのです。
 
 逆に言うと、相手が自分のことをどう思っていようが、自分が
 相手を「愛している」と自信を持ち、感謝し、大切にしている
 だけでいいのです。
 
 そこに不安はありません。
 
 そうしていると、だいたいは相手もそれに答えてくれるはずです。
 
 何かを要求して不安になっているから、相手も不安になるのだと
 思います。
 
 愛とは努力が必要な行為なのです。





 この本には、様々な悩みが紹介されていて、それについて著者が
 回答しています。
 
 テレビやラジオでやっている人生相談では、相談者は回答者に
 よく叱られています。
 
 これは、全てを相手次第で考えているからだと思います。
 
 相手の文句を言う前に、自分の責任で物事を考えてみなさい、
 というお叱りの言葉だと思います。
 
 自分の考えかたを変えてみると、悩みの解決の糸口が見えてくる
 かもしれません。
 
 今回は一つしか紹介できませんでしたが、この本には様々な悩みに
 対する著者の回答が書かれています。
 
 私にも参考になる部分がいくつかありました。
 
 気になる方は読んでみてください。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/381-0d45a451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。