訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狂い」のすすめ
「狂い」のすすめ 「狂い」のすすめ
ひろ さちや (2007/01)
集英社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:「狂い」のすすめ
 著者:ひろさちや
 出版:集英社新書
 定価:714円
 購入:ブックオフで450円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4087203778/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4270899%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1 「狂い」のすすめ
 2 人生は無意味
 3 人間は孤独
 4 遊びのすすめ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2007年1月に出版されています。
 
 著者は、日本の宗教評論家で、紹介文によると仏教を中心に宗教を
 分かりやすく説いている方です。
 
 大学の哲学科出身で、私が唯一普通に読むことができる本を書いて
 いる方です。
 
 著書は400冊以上あるそうです。



 著者はどう生きろと主張しているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ目的意識を持ってはいけないのか?
 2)なぜ希望を持ってはいけないのか?



 普通、人生に希望を持って生きなければならないと言われます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ目的意識を持ってはいけないのか?

 「その目的が達成されないと、毎日がつまらなくなりませんか」

 「たぶん現代日本では、99パーセントの人が金儲けを目的に
 生きています。けれども、そう簡単に金をもうけることはでき
 ません。商売をしていても、細々と生きるだけが精一杯なことも
 あります。そうすると、なんだか毎日がつまらなくなるのです」
 
 「商売をするのは、別段、金儲けが目的ではありません。昔の
 人々はそう思っていたでしょう。それほど儲からなくても、商売
 が楽しいから商売をする。それがまともな考え方ではないでしょうか」

 「日本人は人生を知りません。人間らしく生きることができず、
 エコノミック・アニマル、すなわち畜生の生き方をしています。
 日本人は狂っているのです」
 
 「つまり、目的意識があると、われわれはその目的を達成する
 ことだけに囚われてしまい、毎日の生活を灰色にすることになる
 のです。失敗したっていいのです。出世できなくてもいいのです。
 下積みの生活でもいい。それでも楽しく生きることができるはず
 です」


 2)人生は無意味とは?

 「人は、生まれ、苦しみ、そして死ぬ。そうだとすれば、人間は
 苦しむために生まれてきたのであり、死ぬために生まれてきたの
 です。そして、それは天皇陛下であろうと、総理大臣であろうと、
 ホームレスであろうと、まったく同じです。人間は誰もが苦しみ、
 死ぬ。死なない人間はいません、そうすると、みんな平等です」
 
 「そして、人生に意味なんてありません。みんな苦しみ、死ぬ
 だけのこと。『人生の意味』や『生き甲斐』なんて、世の中が
 我々をたぶらかすためにつくったペテンですよ」

 「わたしたちは人生に意味があるかのように思っています。いえ、
 正確に言えば、思わされているのです。世間が、世の中が、学校
 教育が、寄ってたかってわれわれに『人生の意味』を教え、
 『生きがい』を持たせようとします。そうすることによって、
 われわれを束縛しているのですね」




──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分なりの人生哲学を持って生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「なぜ目的意識を持ってはいけない」のでしょうか?

▽私たち日本人のほとんどは、何かを達成するために毎日を生きて
 います。
 
 社会人であれば、良い会社に勤めて、お金を貯めて、良い車を
 買って、良い家に住んで、良いパートナーを持って、良い家族を
 持って...
 
 この目標を達成するために、自分の子供にまで、良い学校入って、
 良い大学に入って、良い会社に入社して、とレールを引き、
 プレッシャーをかけます。
 
 そういった目標があるから、「人間は毎日を頑張ることができる」
 という考え方をしているのが成功法則本や自己啓発書です。
 
 頭の中で鮮明なビジョンを描けば、それは達成されると書いて
 あります。
 
 そして、それはどうやらあながちウソではないみたいです。
 
 私も何者になりたいのか未だによく分かっていませんが、何者
 かになりたいと思ってます。
 
 つまり、「目的を持って生きる」ということです。
 
 目的を持つことによって、やりがいや生きがいが生まれてくるの
 です。
 
 私もそういう生き方をしています。
 
 しかし、その目的が達成されない場合、「いつになったら達成
 できるのだろう。もっと努力をしなくてはならないのか?」と
 思い悩むことになります。
 
▽著者は、そんな私たちに次のように問いかけます。
 
 「その目的が達成されないと、毎日がつまらなくなりませんか」
 
 「目的が達成されるまで頑張るから良いのだ」と前向きに考える
 ことが延々とできるのであれば、それはそれで良いのかもしれま
 せん。
 
 しかし、目的が達成できないと、自分が嫌になって「毎日がつま
 らなくなる」かもしれません。
 
 著者は言います。
 
 「たぶん現代日本では、99パーセントの人が金儲けを目的に
 生きています。けれども、そう簡単に金をもうけることはでき
 ません。商売をしていても、細々と生きるだけが精一杯なことも
 あります。そうすると、なんだか毎日がつまらなくなるのです」
 
 「商売をするのは、別段、金儲けが目的ではありません。昔の
 人々はそう思っていたでしょう。それほど儲からなくても、商売
 が楽しいから商売をする。それがまともな考え方ではないでしょうか」
 
 サラリーマンは、ほとんどの人が生活のために仕事をしていると
 思います。
 
 自分が生きていくため、家族を養うため、もっといい生活を
 したいために働いています。
 
 そうすると、仕事が楽しくてもやらなくてはならないです。
 
 生活していけませんから。
 
 そうやって仕事をしていると、やはり毎日がつまらなくなります。
 
 著者は言います。
 
 「日本人は人生を知りません。人間らしく生きることができず、
 エコノミック・アニマル、すなわち畜生の生き方をしています。
 日本人は狂っているのです」
 
 「つまり、目的意識があると、われわれはその目的を達成する
 ことだけに囚われてしまい、毎日の生活を灰色にすることになる
 のです。失敗したっていいのです。出世できなくてもいいのです。
 下積みの生活でもいい。それでも楽しく生きることができるはず
 です」
 
 私も何者かになりたいと思っていますが、その「何者かになる
 過程を楽しめたらいいな」と思っています。
 
 できることなら、毎日、一瞬一瞬を大いに楽しんで、その何者かに
 なれたらこんなに幸せなことはないと思います。


●「人生は無意味」とはどういうことなのでしょうか?

▽私の目標は、いついかなるときに死んでも、その瞬間に「あー
 楽しかった」と思える人生を送ることです。
 
 人間が生きていて「自分の人生は無意味だ。何のために生きて
 いるのか分からない」ということを考え始めると、これは悩みます。
 
 自分の人生に何の意味も無いとすると、何のためにここにいる
 のかわからなくなってしまいます。
 
 そうやって、自殺していく人もいるのではないでしょうか?
 
 しかし、著者は次のように言います。
 
 「人は、生まれ、苦しみ、そして死ぬ。そうだとすれば、人間は
 苦しむために生まれてきたのであり、死ぬために生まれてきたの
 です。そして、それは天皇陛下であろうと、総理大臣であろうと、
 ホームレスであろうと、まったく同じです。人間は誰もが苦しみ、
 死ぬ。死なない人間はいません、そうすると、みんな平等です」
 
 「そして、人生に意味なんてありません。みんな苦しみ、死ぬ
 だけのこと。『人生の意味』や『生き甲斐』なんて、世の中が
 我々をたぶらかすためにつくったペテンですよ」
 
 人間が「人生の意味や生きがい」を追い求めるから、苦しい
 人生が余計苦しくなるのであって、そんなものを考えなければ、
 苦しみも軽減されるのかもしれません。
 
 著者はさらに言います。
 
 「わたしたちは人生に意味があるかのように思っています。いえ、
 正確に言えば、思わされているのです。世間が、世の中が、学校
 教育が、寄ってたかってわれわれに『人生の意味』を教え、
 『生きがい』を持たせようとします。そうすることによって、
 われわれを束縛しているのですね」
 
 言われてみればそうですが、個人的な意見では、少し違うような
 気がします。
 
 確かに、世の中に氾濫している人生の意味やいきがいは、はき
 違えた考えがたくさんあります。
 
 人生の意味や生きがいは、個々に違うものであるので、世の中に
 氾濫するわけがありません。
 
 そこに気がつくことができないと、「人生に意味なんていらない」
 ということになってしまいます。
 
 だって、自分の生きがいとは違うものだから、そんなもの追い
 かけても虚しいだけです。
 
 でも、自分の本当の生きがい、つまり自分に与えられた課題や
 役割が分かれば、その人生は無意味ではなくなります。
 
 生きることに価値があります。
 
 なんだかややこしくなってきましたが、私の意見は「人生には
 意味がある。そして自分なりの生きがいが必ずある」です。





 この本には、常識に流されないこと、人生には意味なんてない
 こと。
 
 だから、生きがいなんて持たず、毎日楽しく生きること、自分に
 与えられた役割を演じること、が書かれています。
 
 私と結論は同じですが、経過が違っています。
 
 人生に関する一つの考え方として尊重します。
 
 著者は、私がきらいな大学の哲学科の出身ですが、一般人にも
 分かりやすい言葉で書いてくれるので、深く理解できます。
 
 毎日、遠い将来のために生きている方にはお勧めの本です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/377-870b2f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。