訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の勘ちがい
男の勘ちがい 男の勘ちがい
斎藤 学 (2004/07)
毎日新聞社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:男の勘ちがい
 著者:斎藤学
 出版:毎日新聞社
 定価:1238円+税
 購入:ブックオフで700円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4620317012/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1696465%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 逃げる男と逃げない男
 第2章 男に足りないもの
 第3章 男たちと世間
 第4章 虐待する男たち
 第5章 男は脆いよ
 第6章 男たちの結婚
 第7章 父親してるか?男たち
 第8章 男児から男へ
 第9章 大人の男として生きたい



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2004年7月に出版されています。
 
 著者は精神科医で、アルコール依存、児童虐待、過食症、拒食症
 問題などに長年取り組み、治療方法として、自助グループで語る
 手法を日本に広めた第一人者、と紹介されています。
 
 著書も多数あります。
 
 このメルマガでも何度か紹介しています。
 



 家庭での男性の役割とは、どのようなものなのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)子どもを虐待する父親とは?



 父親が子どもを虐待する理由とは何なのでしょうか。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)子どもを虐待する父親とは?

 「女と子どもという弱者を守るのが男にせっかく与えられた
 『生き甲斐』というものなのに、その弱者をいじめてしまうもの
 が多い。世間の義理が女につくすのを妨げる事があるのは確かだが、
 それ以前のところで男をやれなくなっている男達がめずらしく
 ないのである」
 
 「彼らは女ではないが、男でもない、要するに『子どもの男』
 である。まず自分こそ保護されるべきだと彼らは思っているので、
 女に恋心を持てばその女性が自分を何よりも大切に思ってくれる
 はずと考えてしまう」
 
 「恋する女性を母親にしてしまうから女のほうは堪らない。
 『やめてよ、私、あなたのママじゃないのよ』などと言っている
 うちに鉄拳の嵐を浴びることになる」

 「こうした男を捕まえて『なぜ殴る?』と問えば、『ボク悪くない、
 だって』とアレコレ殴った理由を並べる。それ自体が恥ずかしい
 ことだという認識がないのは、そういう『子ども男』の父親が
 やはり『子ども男』で、母親を殴るのを見て育ったからである。
 母親がいい年をした男をいつまでも子ども扱いするのもいけない」

 「男児を虐待する父親の多くは子どもに嫉妬しているのである。
 もちろん、男児を大人としてのライバルとみなしているのでは
 ない。自分も子どもなのでママのオッパイの取り合いをしてしまう
 のである。そうしておいて、これを『躾』と呼ぼうとするから
 ずるい」
 
 「『躾』とは、子どもの無力につけこんで自分勝手な屁理屈を
 押しつけることではない。『子ども男』である暴力父親に『躾
 られた』男児は、大人になると暴力夫になる」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 大人の男について考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「子どもを虐待する父親」とはどのような男性なのでしょうか?

▽世の中には、自分の子どもを虐待する親がいます。

 親になってみると分かりますが、確かに子どもを育てるという
 ことはストレスが溜まることでもあります。
 
 自分の子どもといっても自分とは別個の存在なので、彼らは言う
 ことを聞きませんし、親の嫌がることをします。
 
 それが普通です。
 
 親の言うことを聞かないことが普通だと思っていても、ストレスは
 溜まります。
 
▽特に母親の場合、子どもが小さい時は、近くにいることが多いため、
 母親は相当なストレスにさらされることになります。
 
 そこから、「児童虐待」に走ってしまうケースが多々あるみたい
 です。
 
 そこで、父親の出番になるのです。
 
 父親は、自分の家庭を守ることが仕事です。
 
 母親の日々のストレスを発散させるために話を聴いてあげたり、
 積極的に子育てに参加することによって、少しでも母親を支え、
 子どもを愛することが、父親の仕事になります。
 
 しかし、著者によるとそれを勘違いしている男性が多いとのこと。
 
 著者は言います。
 
 「女と子どもという弱者を守るのが男にせっかく与えられた
 『生き甲斐』というものなのに、その弱者をいじめてしまうもの
 が多い。世間の義理が女につくすのを妨げる事があるのは確かだが、
 それ以前のところで男をやれなくなっている男達がめずらしく
 ないのである」
 
 「彼らは女ではないが、男でもない、要するに『子どもの男』
 である。まず自分こそ保護されるべきだと彼らは思っているので、
 女に恋心を持てばその女性が自分を何よりも大切に思ってくれる
 はずと考えてしまう」
 
 「恋する女性を母親にしてしまうから女のほうは堪らない。
 『やめてよ、私、あなたのママじゃないのよ』などと言っている
 うちに鉄拳の嵐を浴びることになる」
 
 「子どもの男」とはよく言ったものです。
 
 先程も書きましたが、家族内での父親の仕事は、自分の妻と
 子どもを守ることです。
 
 外から持ち込まれる問題もそうですし、家庭内で起こるさまざまな
 問題を解決していくのが父親の仕事です。
 
 それなのに、結婚した女性を自分の母親の代わりとして扱う男性が
 多いそうです。
 
 これは、女性にとっては本当に堪らないでしょうね。
 
 しかも、そういう男性は女性に暴力を振るう場合があるそうです。
 
 最近よく聞くようになった、DV(ドメスティックバイオレンス)
 がそうです。
 
 暴力を振るう男性は、「子どもの男」なのです。
 
 著者は言います。
 
 「こうした男を捕まえて『なぜ殴る?』と問えば、『ボク悪くない、
 だって』とアレコレ殴った理由を並べる。それ自体が恥ずかしい
 ことだという認識がないのは、そういう『子ども男』の父親が
 やはり『子ども男』で、母親を殴るのを見て育ったからである。
 母親がいい年をした男をいつまでも子ども扱いするのもいけない」
 
 日本はマザコンの国だと言われます。
 
 大人になった男性でも、母親ベッタリである場合が多いのです。
 
 母親にしてみると、自分の子どもが何歳になっても、どうしても
 「子ども」として扱ってしまうというのがあるからだと思います。
 
 日本の男性の成熟が進まないのは、もちろん男性自身の責任でも
 ありますが、女性がもっと厳しく自分の息子を大人の男として育て
 ないからでもあるのです。
 
▽男児を虐待する父親がいます。
 
 自分の子どもに暴力を振るうというのも、本人は「教育」とか
 「躾」などど言い訳する場合もあるそうですが、ほとんどの場合、
 理由は一つのようです。
 
 「男児を虐待する父親の多くは子どもに嫉妬しているのである。
 もちろん、男児を大人としてのライバルとみなしているのでは
 ない。自分も子どもなのでママのオッパイの取り合いをしてしまう
 のである。そうしておいて、これを『躾』と呼ぼうとするから
 ずるい」
 
 「『躾』とは、子どもの無力につけこんで自分勝手な屁理屈を
 押しつけることではない。『子ども男』である暴力父親に『躾
 られた』男児は、大人になると暴力夫になる」
 
 自分の子どもを虐待する父親は、ママのオッパイの取り合いを
 しているだけだったのです。
 
 暴力を振るう男性も、こう言われると恥ずかしいですね。
 
 継父に虐待されるパターンがありがちなのは、そういう理由
 だったのです。
 
 自分のことを省みてみると、自分の子どもに嫉妬はしてないみたい
 です。
 
 大人の男ということなのでしょうか。





 この本は、毎日新聞に連載されていたコラムを1冊の本にした
 ものです。
 
 したがって、話が多岐にわたっています。
 
 主題は「男性の生き方」なので、男子として父親としてために
 なることがたくさん書かれています。
 
 次回、もう一度この本の別の部分を紹介します。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/359-ed7c59f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。