訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるがままに生きる
あるがままに生きる あるがままに生きる
足立 幸子 (1994/10)
七賢出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:あるがままに生きる
 著者:足立幸子
 出版:七賢出版
 定価:1020円
 購入:ブックオフで500円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4883041905/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f692037%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 地球の波動がどんどんあがってきた
 個にして全
 波動をあげる三つの条件
  …その一、あらゆるこだわりを取り除く能力は結果
 波動をあげる三つの条件
  …その二、行動に移す
 波動をあげる三つの条件
  …その三、深い部分の自分(神我・真我・本当の自分)が望んで
       いることをやる
 
 他多数あるので省略します



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1994年10月に出版されています。
 
 著者は既に故人です。
 
 画家をされていて、様々な個展を開催していました。



 「あるがままに生きる」にはどうすればいいのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)自分の波動を上げるにはどうすれば良いのか?



 自分の波動とはどの様なものなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)自分の波動を上げるにはどうすれば良いのか?

 「肉体だけ見ていますと(個)で、一人ひとりばらばらですが、
 実は『おおもと』では全員つながっていて『一つ』なのです」

 「この『おおもと』に、『神である我(神我)』がいると思えば
 いいでしょう。したがって一人ひとり、みんな『神』なのです」
 
 「『神』という言葉がお嫌いな方は、『真我(本当の自分)』と
 思って頂いても結構です」
 
 「これからは『おおもと』が、主導権をとって生きていく時代
 なのです」
 
 「『真我』に従って、『真我』にお任せで生きていく時代ですね」

 「『おおもと』で全てつながっているのでしたら、そこに全ての
 情報があるとも言えますね。誰でもリラックスして頭がボーッと
 している時には、意識をどこにでも飛ばせますから、『情報が
 ほしい』と思った時にスイッチをONにして『おおもと』に意識を
 飛ばせばいいわけです」
 
 「『意識を飛ばす』と言ってますが、これは言葉上のことで、
 実は見えない世界には『時間・空間』はありませんから、思えば
 行ってしまう世界なのです」
 
 「ですから瞬間に、とにかく『<おおもと>に意識を飛ばした』と、
 ただただ深く思うだけでいいのです」
 
 「『おおもと』からの情報は、『閃き・インスピレーション』
 という形で入ってきます。見えたり聞こえたりではなく、閃き
 だけですね」

 著者は波動をあげるための三つの条件を提示しています。
 
 1.あらゆるこだわりを取り除く
 2.行動に移す
 3.深い部分の自分(神我、真我。本当の自分)が望んでいる
   ことをやる



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の波動を上げよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「自分の波動を上げるにはどうすれば良い」のでしょうか?

▽著者の足立幸子さんは、以前このメルマガでも紹介したことがある
「波動の法則」の著者、足立育郎さんの妹さんです。
 
 一度読んでみたいと思っていた本で、たまたま発見しました。
 
 この人も一種のチャネラーで、お兄さんの足立育朗さんは宇宙から
 の情報を科学的な情報として表現することができ、著者は宇宙から
 の情報をアートとして表現することができます。
 
▽その宇宙からの情報はどこにあるかというと、著者の表現で言うと
 「おおもと」というところです。
 
 著者は言います。
 
 「肉体だけ見ていますと(個)で、一人ひとりばらばらですが、
 実は『おおもと』では全員つながっていて『一つ』なのです」
 
 物質界で人間の体だけ見ると全く別個の存在ですが、人間の本体、
 つまり精神的な部分では皆つながっていて一つの存在なのです。
 
 著者は言います。
 
 「この『おおもと』に、『神である我(神我)』がいると思えば
 いいでしょう。したがって一人ひとり、みんな『神』なのです」
 
 「『神』という言葉がお嫌いな方は、『真我(本当の自分)』と
 思って頂いても結構です」
 
 「これからは『おおもと』が、主導権をとって生きていく時代
 なのです」
 
 「『真我』に従って、『真我』にお任せで生きていく時代ですね」
 
 様々な宗教で「神」と言われている部分が、著者が表現する
 「おおもと」になります。
 
 宗教の対立で様々な争いが行われていますが、その「おおもと」は
 一つなのです。
 
 そう考えると、もとは一つの存在であるのに、争うことがばか
 ばかしくなります。
 
▽「おおもと」につながって生きるためには、どうすればいいの
 でしょうか?
 
 人間が意識して頭で考えることには限界があります。
 
 どうすればいいのかと言うと、いわゆる「直感」を得ることです。
 
 「直感」というと、私たちは「いいかげんな感覚」と思いがちです。
 
 しかし、「直感を信じて行動すると正解だった」というできごとも
 たくさんあると思います。
 
 私たちは、直感を日常得ることができるのですが、頭に浮かんだ
 考えが「直感」なのか、それとも自分の思考が生み出したもの
 なのかの区別がつかないだけなのです。
 
 著者は言います。
 
 「『おおもと』で全てつながっているのでしたら、そこに全ての
 情報があるとも言えますね。誰でもリラックスして頭がボーッと
 している時には、意識をどこにでも飛ばせますから、『情報が
 ほしい』と思った時にスイッチをONにして『おおもと』に意識を
 飛ばせばいいわけです」
 
 「『意識を飛ばす』と言ってますが、これは言葉上のことで、
 実は見えない世界には『時間・空間』はありませんから、思えば
 行ってしまう世界なのです」
 
 「ですから瞬間に、とにかく『<おおもと>に意識を飛ばした』と、
 ただただ深く思うだけでいいのです」
 
 「『おおもと』からの情報は、『閃き・インスピレーション』
 という形で入ってきます。見えたり聞こえたりではなく、閃き
 だけですね」
 
 言葉で表すと簡単そうです。
 
 実は、私は仕事でたまに使ってます。
 
 どうやって設計していいか自分の経験だけでは分からない時や、
 どうやってプログラミングをしていいのかわからない時などは、
 「これをこうしたいのだけどどうすればいい?」というのを、
 頭の中で質問し、後は別なことを始めます。
 
 少し時間がかかりますが、いつの間にか解決してます。
 
 たまたまネットを見ていたら、そこにヒントがあったり、著者が
 言うように「閃き」がある場合もあります。
 
 なぜか解決します。
 
▽この「閃き」というのは、「波動」として「おおもと」から情報を
 得ることになります。
 
 この波動を高めるにはどうすれば良いのでしょうか?
 
 自分の波動が「おおもと」の波動と同調してないと「閃き」を
 得ることができません。
 
 著者は波動をあげるための三つの条件を提示しています。
 
 1.あらゆるこだわりを取り除く
 
   お金にたいする執着、物に対する執着など、あらゆる「こだ
   わり」をどんどん取り除いていくのです。

   欲は捨てる必要はなくて、コントロールできるようにすれば
   いいわけです。
   
   「必要なだけあればいい」という生き方に、全員がなれば
   いいのです。

 2.行動に移す
 
   ただ頭でかんがえている方は、これからはダメなのですね。
   
   知識があって頭で考えているだけの方は、これからどんどん
   時代の流れに置いてかれます。
   
   とにかく「行動に移したり、表現する」ということが、大変
   大事になってきます。
   
 3.深い部分の自分(神我、真我。本当の自分)が望んでいる
   ことをやる
   
   「深い部分の自分」が本当に望んでいることを見つけますと、
   波動はどんどんあがってしまいます。
   
   閃いたら即行動に移して下さい。できないことは、閃くわけが
   ないのですね。できないことの情報は、入るわけがありません。
   
 
 言葉で書くと簡単そうです。
 
 早速今日から実施してみます。





 この本は、実際に宇宙(おおもと)からのインスピレーションを
 得てそれをアートで表現していた方が書いた本です。
 
 著者のお兄さんの足立育郎さんが書いた本も、私たち普通の人間に
 とっては、なかなか理解し難い部分もあるのですが、結果的に
 とんでもないことを主張しているわけではないのです。
 
 宇宙には私たち人間には計り知れない情報がたくさんあると思い
 ます。
 
 その情報を得るためには、「閃き」を大切にしないとなりません。
 
 その閃きを得るためには、自分の波動をあげるしかないのです。
 
 宇宙の全てのものは波動を発しています。
 
 そして、人間は自分の波動と同調するものを引き寄せます。
 
 現在自分の周りにいる人たちが、もし嫌な人間が多いのであれば、
 それは自分の波動が引き寄せているのです。
 
 波動を上げましょう。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/350-a384f961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。