訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少年A」14歳の肖像(2回目)
「少年A」14歳の肖像 「少年A」14歳の肖像
高山 文彦 (2001/10)
新潮社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:「少年A」14歳の肖像
 著者:高山文彦
 出版:新潮文庫
 定価:400円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101304327/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1387249%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 池のほとり
 第1章 家族の風景
 第2章 その前夜
 第3章 凶行
 第4章 わが子が「酒鬼薔薇」だと知った時
 第5章 精神鑑定の衝撃
 第6章 殺した理由
 終 章 森の道



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は平成13年11月に出版されています。
 
 この本の単行本が平成10年12月に出版されていて、その文庫版
 になります。
 
 著者は、作家?のようです。
 
 著書も多数あります。



 少年Aは何を考え何を思っていたのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)少年Aが育った環境とは?



 少年Aの生い立ちとはどのようなものだったのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)少年Aが育った環境とは?

 「彼がものごごろつくかつかいないころから、彼女は厳しい躾けを
 ほどこした。少年Aを生んだ一年後には次男をもうけ、その時期を
 さかいにして長男を突き放すようにして育てた。排尿、排便、食事、
 着替え、玩具のあとかたづけなど、口やかましく徹底させた」
 
 「このよに生まれ出てほんの数年しかたっていない、甘えることが
 生きている実感そのものであるかのような時期に、彼女はそれを
 許さなかった」
 
 「父親は普段は無口でおとなしい生真面目な人物だったが、急に
 火がついたように怒りだすことがあった。両親にたいして彼は
 けっして逆らわず、従順だった。無力な幼児には、そうするしか
 ほかに道はなかった」

 「次男が産まれた2年後には、三男が誕生した。少年Aが3歳の
 ときである。三男を産んでしばらくは育児のために睡眠不足の日々
 がつづき、『いらついていた』と母親は言う」
 
 「赤ん坊は夜昼かまわず3時間おきぐらいに乳を欲しがり、母親は
 そのたびに起きあがり乳を与えてやらなければならない」
 
 「まして、上にふたりの幼い男児を抱えていれば、なおのこと
 神経はすり減る。そのため長男である少年Aは余計に突き放され
 自立を求められた」

 「なんでそんなことするの。あなた長男でしょう」

 「母親のきびしい躾けと怒りに終始向き合わなければならなかった
 彼が、そこから逃れる術をおぼえたのはわずか4、5歳ごろの
 ことだ。『泣けばお母さんは怒らなくなる。反省してなくても
 泣けばいい、泣けば大人たちは怒らなくなる』そう思いついたの
 だという」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●少年Aが育った環境とは?

▽前回のメルマガで、凶行に及ぶに至った少年Aの心理状態を紹介
 しました。
 
 今回は、なぜそのような心理状態に至ったのか、著者が少年Aの
 生い立ちから推測している部分を紹介したいと思います。
 
 人は、生まれてきた時に先祖から受け継いだ遺伝子によって、
 その体質が決まります。
 
 これは、避けようのない事実です。
 
 スピリチュアルな観点から見ると、また違う意見になりますが、
 ここでは現世での話をします。
 
 先祖から受け継いだ遺伝子で個体が成長しますが、性格とか精神
 に関していうと、育ててくれた人の影響を無防備に受け入れます。
 
 これも、子どもにとっては避けようのない事実ですが、育てる
 人(ほとんどの場合は親)によってはどうにでもできる領域です。
 
 しかし、親がそのことに気がつかない場合、子どもはそれなりの
 試練を受けることになります。
 
 おそらく親が同じような試練を受けてきたのと同じように...
 
▽少年Aの育った環境も、少年Aにとっては試練の場でした。

 著者は言います。
 
 「彼がものごごろつくかつかいないころから、彼女は厳しい躾けを
 ほどこした。少年Aを生んだ一年後には次男をもうけ、その時期を
 さかいにして長男を突き放すようにして育てた。排尿、排便、食事、
 着替え、玩具のあとかたづけなど、口やかましく徹底させた」
 
 「この世に生まれ出てほんの数年しかたっていない、甘えることが
 生きている実感そのものであるかのような時期に、彼女はそれを
 許さなかった」
 
 「父親は普段は無口でおとなしい生真面目な人物だったが、急に
 火がついたように怒りだすことがあった。両親にたいして彼は
 けっして逆らわず、従順だった。無力な幼児には、そうするしか
 ほかに道はなかった」
 
 子どもを複数授かると理解できますが、どうしても親の注意は
 小さい子の方に向きます。
 
 これは核家族で子どもを育てている場合はしかたがないことだと
 思います。
 
 年子で子どもが生まれると、最初に生まれた子どもの相手がどう
 してもおろそかになり、最悪の場合、親は上の子に厳しく当たり
 ます。
 
 子どもは無意識に、自分の生命を握っている人が親だということを
 知っていますから、従順になって親の言うことに黙って従うしか
 ないのです。
 
 そのような環境にいた少年Aですが、さらに追い打ちをかけられ
 ます。
 
 「次男が産まれた2年後には、三男が誕生した。少年Aが3歳の
 ときである。三男を産んでしばらくは育児のために睡眠不足の日々
 がつづき、『いらついていた』と母親は言う」
 
 「赤ん坊は夜昼かまわず3時間おきぐらいに乳を欲しがり、母親は
 そのたびに起きあがり乳を与えてやらなければならない」
 
 「まして、上にふたりの幼い男児を抱えていれば、なおのこと
 神経はすり減る。そのため長男である少年Aは余計に突き放され
 自立を求められた」
 
 児童心理学では、2、3歳頃まで、子どもは母親と自分が別個の
 存在だということが分からないそうです。
 
 3歳頃になると、やっと自分と母親が違う個体だと言うことが
 分かり始めるそうです。
 
 それ以前に、少年Aは母親から突き放されているのです。
 
 少年Aにとって、母親は魔女として存在していたようです。
 
▽家の中では、少年Aは弟たちをいじめたそうです。

 そのたびに母親に厳しく叱られます。
 
 「なんでそんなことするの。あなた長男でしょう」
 
 と叱られたそうです。
 
 著者は言います。
 
 「母親のきびしい躾けと怒りに終始向き合わなければならなかった
 彼が、そこから逃れる術をおぼえたのはわずか4、5歳ごろの
 ことだ。『泣けばお母さんは怒らなくなる。反省してなくても
 泣けばいい、泣けば大人たちは怒らなくなる』そう思いついたの
 だという」
 
 無理もないかもしれません。
 
▽少年Aが小学校に上がると、祖母の家に一緒に住むようになります。
 
 少年Aにとって、やさしい祖母は母親に叱られた時に逃げ込む
 場所となります。
 
 少年Aは逮捕後、「僕には喜怒哀楽がない」ということを述べて
 いるそうです。
 
 母親の怒りから逃れるために、感情を表に出すのを止めたのだ
 そうです。
 
 そういう少年Aにとって、たったひとつの懐かしい思い出は、
 「おばあちゃんの背中で眼をつむって、全身で温かさを感じて
 いたこと」なのだそうです。
 
 人ごとながら悲しいですね。
 
▽小学3年生頃から、ベッドの4隅にぬいぐるみを置いて寝るように
 なります。
 
 これは、下の弟2人も同じだったそうです。
 
 精神鑑定では、ぬいぐるみに囲まれて眠るということは、

 「愛情への飢え」や
 「子宮回帰願望」が見られ
 「幼少期の発達に問題があったことを示唆している」

 とのことです。
 
▽小学校4年生の終わりになると、唯一の逃げ場だった祖母が肺炎で
 亡くなります。
 
 普通は時間をかけて、その悲しみを乗り越えることになるのですが、
 上手く乗り越えられない場合、様々な精神病や神経症になって
 現れることがあるそうです。
 
 少年Aの場合、祖母の死後、ナメクジやかカエルを解剖しはじめた
 そうです。
 
 そのころに、奇怪な友人と動物を想像世界のなかで創ります。
 
 これは、よく孤独な子どもに見られる現象で、「イマジナリー・
 プレイメイト」というそうです。
 
 少年Aにとって、祖母の死は乗り越えることができない出来事
 だったようです。
 
 ナメクジやカエルを解剖していたのは、どうやら「命」がどこに
 あるのかを探していたらしいのです。
 
 そして、6年生になると、解剖の対象が猫に変わります。
 
 この当たりから、友人とは違うことが次第に分かり始め、学校で
 何か起きると先生から疑われるようになります。
 
 このようにして、少年Aが創られていったのです。





 人間は子どもの頃、周りの環境によって創られます。
 
 自主的にそうしているわけではありません。
 
 その課題を乗り越えるために産まれてくるのですが、子どもには
 そんなことは理解できません。
 
 少年Aは、乗り越えなきゃいけないと気づく前に、凶行に及んで
 しまったようです。
 
 それとも、彼にとって乗り越えていかなければならない課題とは
 これからの人生なのかもしれません。
 
 それにしては、あまりにもたくさんの犠牲と、そして、過酷な
 課題です。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/349-31a34384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。