訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己創造の原則
自己創造の原則 自己創造の原則
ジョージ・ウェインバーグ、加藤諦三 他 (1984/01)
三笠書房

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:自己創造の原則
 副題:あなたは何を恐れ、何から逃げようとしているのか
 著者:ジョージ・ウェインバーグ
 出版:三笠書房
 定価:890円(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4837954952/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f407472%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1.自分をみつけるために
 2.自己創造の原則
 3.フロイトの過ち
 4.傷だらけの体験を生かす法
 5.人格は日々創造されていく

 以下、多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は1978年11月に出版されています。
 
 1983年5月で第13刷とあります。
 
 この本自体が24年前の本で、本自体もかなり赤茶けていて、
 字も小さく、印刷の品質もあまり良くないです。
 
 著者は、アメリカの著名な心理学者、と紹介されています。
 
 著書も何冊かあります。



 自己を形作るには何か特別な方法があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)自己創造の原則とは?



 やはり行動が必要なようです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)自己創造の原則とは?

 「次に掲げるのが、人が自己の人格を創造する過程において、
 日々作用している基本的な原則なのです」
 
 「あなたが何らかの行動を起こしたとします。するとそのたびに、
 自分のしたことの動機となった考えを強めているのです」
 
 「あなたがその考えに基づいて行動すれば、その考えは強化される
 のです。それはまるで、その行動が、あなたの頭に動機づけの
 メッセージをタイプし直すようなものです」
 
 「もし行動に移さなければ、メッセージは弱まり、電子のスク
 リーンから消えていくのです。もし行動に移されれば、その考え
 や感情はより明確に声高らかに再告発して、同様な行動をさらに
 奨励するようになるのです」

 「人はある感情、姿勢、信念に基づいて行動します。そして人は
 その信念を自分で強化していくことになるのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自己創造の原則に基づいて自分の行動を見直してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「自己創造の原則」」とはどのような原則なのでしょうか?

▽著者の名前(ジョージ・ウェインバーグ)は、加藤諦三さんの
 本を読んでいると、頻繁に出てきます。
 
 この本の訳者も加藤さんです。


▽現在の自分はどのように創られたのでしょうか?

 物理的な形で考えると、両親の元に生まれ、いろいろな物を
 食べて成人になります。
 
 そして、物事の考え方は、これも親の影響のもと、自分の周囲に
 現れた様々な人間や環境に影響され、いろいろなものを取り込んで
 成人になります。
 
 また、ほとんどの人は悩みます。
 
 「どうして自分はこんな人間なのだろうか?」
 
 この考え方がひどくなると、うつ病になったりします。
 
 「もっとこんな性格だったら」とか、「こんな能力を持っていたら」
 とか、人それぞれ悩みはあると思います。
 
 そんな自分に嫌気がさして、「何とかして自分を変えたい!」と
 切望するようになります。
 
 私も今、まさにその悩みを持って生活しています。
 
 私の最初の悩みは「なんで何をやっても長続きしないんだろう?」
 とか、「自分の人生をどうしたいの?」といった悩みでした。
 
 そして、このような悩みは自分以外の他人が変えることはでき
 ません。
 
 いくら周りの親しい人が、親切にアドバイスしてくれても、本人
 の変わろうとする意志がなければ何の意味もないのです。

 自分自身で自分を変えるしかないのです。
 
▽自分が変わろうとする意志は、自分の想いです。
 
 自分の行動を変えるには、自分の想いが大切だといろいろな本に
 書いてあります。
 
 こんな風に自分が想っているから、あのような行動に出てしまう
 のだと考えてしまいます。
 
 例えば、「自分は何をやっても長続きしない人間だ」と想って
 いるから、実際何をやっても長続きしないのだ、と考えてしまい
 ます。
 
 しかし、著者は「それは逆だ」と主張しています。
 
 つまり「あんなふうに行動したから、こんなふうに感じてしまう
 のだ」と言っているのです。
 
 何だか屁理屈のように感じてしまいますが、実際にそうなのです。
 
 著者は言います。
 
 「次に掲げるのが、人が自己の人格を創造する過程において、
 日々作用している基本的な原則なのです」
 
 「あなたが何らかの行動を起こしたとします。するとそのたびに、
 自分のしたことの動機となった考えを強めているのです」
 
 「あなたがその考えに基づいて行動すれば、その考えは強化される
 のです。それはまるで、その行動が、あなたの頭に動機づけの
 メッセージをタイプし直すようなものです」
 
 「もし行動に移さなければ、メッセージは弱まり、電子のスク
 リーンから消えていくのです。もし行動に移されれば、その考え
 や感情はより明確に声高らかに再告発して、同様な行動をさらに
 奨励するようになるのです」
 
 簡単に言うと、もし自分が嫌な行動をしているのであれば、
 「行動しなければいい」ということになります。
 
 行動するたびに、その行動の動機となった想いは強くなり、さらに
 行動を引き起こしてしまいます。
 
 先ほどの私の例で言うと、「何をやっても長続きしない。途中で
 止めてしまうという行動を止めればいい」ということになります。
 
 目からウロコ状態ですが、言われてみると実際そうなのです。
 
 いやだったらその行動を止める。
 
 これが、自己を創造するための原則なのです。
 
 著者は言います。
 
 「人はある感情、姿勢、信念に基づいて行動します。そして人は
 その信念を自分で強化していくことになるのです」
 
 その信念を強化したくないのであれば、その行動を止めればいい
 のです。
 
 そうは言っても、なかなか難しいですね。





 この本は、上記した「自己創造の原則」を、様々な現状に対して
 どのように行動すればいいのかを、豊富な事例をあげて解説して
 います。
 
 自己創造の原則自体は、いたってシンプルです。
 
 「行動を起こすことで、自分の想いを強化してしまう」
 
 たったこれだけのことなのですが、行動を止めることができない
 のが人間です。
 
 だから、一冊の本になっているのだと想います。
 
 「自分の行動を変えたい」と真剣に考えているのであれば、一度
 読んでみると良いかもしれません。
 
 ただ、読むのに時間がかかります。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/343-6eba035e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。