訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が晴れる心理学
気が晴れる心理学―愛にすなおな人、愛をうらむ人 気が晴れる心理学―愛にすなおな人、愛をうらむ人
加藤 諦三 (1997/05)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:気が晴れる心理学
 副題:愛にすなおな人、愛をうらむ人
 著者:加藤諦三
 出版:PHP研究所
 定価:1048円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569556043/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f882590%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 「嫌い」が言えない心理
 第2章 なぜあなたはイライラしてしまうのか
 第3章 愛情に恵まれなかった人は不機嫌をもてあます
 第4章 家庭内暴力は愛情欲求のSOS
 第5章 意味もなく相手を恐れてしまう心理
 第6章 誰かにしがみつくことでは解決しない
 第7章 依存心が強い人の幸福はもろい
 第8章 真の親しさを求めなさい



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1997年5月に出版されています。
 
 著者は、このメルマガではおなじみになりました加藤諦三さんです。
 
 早稲田大学の教授です。
 
 ラジオでテレフォン人生相談のパーソナリティをしたり、多方面
 で活躍されています。



 愛にすなおな人と、愛をうらむ人の違いとは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜイライラしてしまうのか?



 私もたまにあります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜイライラしてしまうのか?

 「人は離別が怖くて相手を非難できないで、不機嫌になる。
 不機嫌は、執着人物に対する表現できない敵意でもある。だから
 黙っている。そんなことをしていても不安で仕方がない。イラ
 イラはつのる。すると不安やイライラから、一層無条件の愛を
 求めて相手にしつこくまとわりつく」
 
 「優しさを求める気持ちが強ければ強いほど、相手の無口は
 堪える。また不安だからこそ、拒否を表す相手の態度に敏感になる」

 「時にこの矛盾した感情の緊張に耐えられずに、方向性のない
 感情を爆発させることもある。相手の無口に耐えられなくなって
 怒りを表現しつつ、泣きわめく。分かれることが怖くて、怒りを
 相手に向けられない。だけど怒っているのは怒っている」
 
 「イライラしている人は、爆発してはいけないけど爆発しそうに
 なっているという人である」

 「愛情のある親子はイライラしない。愛情のある親に育てられた
 子供は大人になっても自己無価値感に苦しむこともないだろう。
 心理的に成長できているからである」
 
 「子供を心理的に成長させる愛情とは、子供が求めていることを
 理解できる能力ということでもある」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 家族のイライラを考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●なぜイライラしてしまうのでしょうか?

▽自分がイライラするときを考えてみると、自分が予定した通りに
 事が進まないときにそうなります。
 
 例えば、「この仕事を午前中までに仕上げて午後から違う仕事を
 しよう」と簡単な計画を立てたとします。
 
 最初は順調に進んでいますが、途中で誰かに質問をされたり、
 電話があったり、ということが何回かあって、思うように仕事が
 進まず、とうとう午前中に仕事が終わらなかった、といった場合に
 イライラすることが多いです。
 
 他に、家にいる時を考えてみると、私の場合、自分一人の時間を
 確保できないと、イライラすることがあります。
 
 家にいると、なかなか自分一人の時間を確保することは難しい
 ですが、プチ書斎で椅子に座って「やっと一人になれた」と思って
 いるところへ邪魔が入るとイライラすることがあります。
 
 平日に一人の空間を所有できるのは、トイレの中だけなので、
 休日に一人になれる時間はとても貴重です。
 
 たまに、何時間か部屋にこもって本を読んだり、勉強ができたり
 すると、とても得した気分になります。
 
 こういう時のイライラを考えてみると、自分がやりたいことを
 邪魔されて、その不満を相手に伝えられず、心にその不満が
 溜まっているときに起こるようです。
 
▽著者は言います。
 
 「人は離別が怖くて相手を非難できないで、不機嫌になる。
 不機嫌は、執着人物に対する表現できない敵意でもある。だから
 黙っている。そんなことをしていても不安で仕方がない。イラ
 イラはつのる。すると不安やイライラから、一層無条件の愛を
 求めて相手にしつこくまとわりつく」
 
 「優しさを求める気持ちが強ければ強いほど、相手の無口は
 堪える。また不安だからこそ、拒否を表す相手の態度に敏感になる」
 
 著者が解説しているイライラは、私が感じるイライラとは種類が
 違うようです。
 
 ここで解説されているイライラは、例えば、親と子の関係や、
 妻と夫の関係で見られる状況です。
 
 相手を愛しているにもかかわらず敵意も持っている、という
 「反対感情併存」の状態になると、いつもいつもイライラして
 いなければならないのです。
 
 例えば、「いい子」として育ってきた子供は、親の愛情を勝ち
 取るために、いつも「いい子」でいるしかなくて、本来の自分を
 表現できずにいます。
 
 すると、そのような状況にしてしまう親に対して敵意を抱きます。
 
 しかし、同時に愛も感じています。
 
 このような場合に、不機嫌になりイライラしてしまうのです。
 
 著者は言います。
 
 「時にこの矛盾した感情の緊張に耐えられずに、方向性のない
 感情を爆発させることもある。相手の無口に耐えられなくなって
 怒りを表現しつつ、泣きわめく。別れれることが怖くて、怒りを
 相手に向けられない。だけど怒っているのは怒っている」
 
 「イライラしている人は、爆発してはいけないけど爆発しそうに
 なっているという人である」
 
 ストレスが溜まりそうです。
 
▽では、普通の愛情がある親子というのはどのようなものなので
 しょうか。
 
 著者は言います。
 
 「愛情のある親子はイライラしない。愛情のある親に育てられた
 子供は大人になっても自己無価値感に苦しむこともないだろう。
 心理的に成長できているからである」
 
 「子供を心理的に成長させる愛情とは、子供が求めていることを
 理解できる能力ということでもある」
 
 子供が求めていることを理解するためには、子供をいつも観てい
 ないとできないことなのです。
 
 子供をいつも観ていられるということは、親に愛情がないとでき
 ません。
 
 条件つきの愛、つまり「いい子」にしているときにだけ愛情を
 示していると、親は子供の「いい子」の部分しか観ていないことに
 なります。
 
 そういう親に育てられた子供は、大人になると「自己無価値感」
 に苦しむことになります。
 
 つまり、何かいいことをしていないと、自分には価値がない、
 と思うようになってしまうのです。
 
 「あるがままの自分には価値がない」と思い込んでしまいます。
 
 子供には無条件の愛が必要です。





 この本の題名は「気が晴れる心理学」と付けられていますが、
 残念ながら読んでみても気は晴れません(笑)
 
 著者自信、極端な親の元で育ってきたようで、大人になってから
 そのことに気がついて、それを克服してきました。
 
 したがって、そういう親に育てられる子供の気持ちが良く分かって
 います。
 
 人は、存在しているだけで価値があります。
 
 神様に認められたからこの世に生まれてきたのです。
 
 それを思えば「気が晴れる」かもしれません。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/328-17aa9b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。