訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争と平和 愛のメッセージ
戦争と平和 愛のメッセージ 戦争と平和 愛のメッセージ
美輪 明宏 (2005/07/28)
岩波書店

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:戦争と平和 愛のメッセージ
 著者:美輪明宏
 出版:岩波書店
 定価:900円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4000236482/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3611733%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2581052/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※今回は目次がありません



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2005年7月に出版されています。
 
 著者は、一度読んでみたかった美輪明宏さんです。
 
 17歳でプロ歌手としてデビューし、現在では多方面で活躍されて
 います。
 
 著書も多数あります。



 戦争とは何なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)戦争とは何なのか?



 なぜ人間は戦争しないとならないのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)戦争とは何なのか?

 「戦争とは、あなたの愛する人が死ぬということです」

 「今日、あなたが家に帰ると、明日から、お父さんがいなくなる、
 わが子がいなくなる、ボーイフレンドがいなくなることになって
 いました。死を約束された旅に出るのです。もう二度と会えなく
 なるのです」
 
 「さぁ、どうしますか?あなたの大切な人に、そんなことが起き
 たら、どう思いますか?」

 「戦争体験を持たない人たちは、のんびりとかまえてしまって
 いるんですね。でも、一度、自分の愛する人がいなくなるという
 ことはどういうことなのか、自分が戦争に行くとはどういうこと
 なのか、じっくり考えてみて下さい」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 戦争をしないで済む方法を考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●戦争とは何なのでしょうか?

▽今回は難しい問題を取り上げます。

 戦争とは人類が最も避けるべき出来事であるにもかかわらず、
 地球上のあらゆる場所でいつも起きている出来事です。
 
 おそらく紀元前から現在まで、絶えることなく延々と続いている
 のが戦争です。
 
 そんな世界の中にあって、60年以上も戦争をしていない国、
 自称「平和ボケの国」日本です。
 
▽日本は、幸いにもいろいろな考え方を持ってもいい国なので、
 今回のような戦争をテーマにした本を紹介すると、人それぞれ
 意見が違うということに気がつくと思います。
 
 今回は本を紹介しながら、私が考えている戦争に関する意見を
 書いてみたいと思います。
 
▽私の意見は「戦争反対」です。

 人類が絶対にしてはいけない行為が戦争だと考えています。
 
 戦争ほど非生産的な行為はありません。
 
 戦争は人類が創りあげたものを破壊し、人の命を奪い、命を
 奪われた人に関係する人たちを悲しませることになります。
 
 「因果の法則」を考えると、個人も悪い種をたくさんまき、戦争を
 しかけている国も悪い種をたくさんまいていることになります。
 
 現在でいうと、アメリカという国が世界の至る所で戦争を仕掛けて
 います。
 
 アメリカという国は、世界中に悪い種をまき散らしていることに
 なります。
 
 そのうち、悪い実をまいた分だけ刈り取らなきゃならないことに
 なります。
 
 日本もかつては同じ事をしてました。
 
 いろいろな国へ押し入り、悪い種をたくさんまいていました。
 
 「自分の国を守るため」と称して。
 
 そして、最終的に悪い実をたくさん刈り取る結果になってしまい
 ました。
 
 現在、悪い種をまき散らしているのは何もアメリカだけではない
 ですが...
 
 日本も政治の方向的には戦争に向かいつつあると思います。
 
▽では、戦争とはどのようなものなのでしょうか?

 私は昭和42年に生まれているので、戦争を全く知りません。
 
 その爪あとも「戦争資料館」みたいなところでしかみたことが
 ありません。
 
 著者は、戦争を体験しています。
 
 1935年生まれなので、終戦当時は10歳でした。
 
 その著者が書いたこの本の最初に書かれているのが次のような
 言葉です。
 
 「戦争とは、あなたの愛する人が死ぬということです」
 
 現在の日本に住んでいると、「戦争」という実感がまるでない
 ですが、戦争とは簡単な話、命の奪い合いです。
 
 想像できないかもしれませんが、いろいろな本で戦争のことを
 知る限り、戦場では命はやけに軽いです。
 
 現在だと、一瞬で何十万人もの命を奪うこともできます。
 
 そんな戦争をして良いわけがありません。
 
▽著者は言います。

 「今日、あなたが家に帰ると、明日から、お父さんがいなくなる、
 わが子がいなくなる、ボーイフレンドがいなくなることになって
 いました。死を約束された旅に出るのです。もう二度と会えなく
 なるのです」
 
 「さぁ、どうしますか?あなたの大切な人に、そんなことが起き
 たら、どう思いますか?」
 
 現在の日本人は、戦争と自分とは何も関係がないと思っています。
 
 日本がどこかの国と戦争になっても、自分とは関係ないところで
 進行している出来事であって、戦争は自分以外の人たち(自衛隊)が
 やるものだと思っています。
 
 しかし、実際に戦争になると召集がかかり、軍隊に強制的に参加
 させられることになります。
 
 軍隊に参加しないまでも、もしかしたら自分の住んでいる地域に
 ミサイルが飛んでくるかもしれない。
 
 だから、いったん戦争が始まると自分とは関係がないことは決して
 ないのです。
 
 著者は言います。
 
 「戦争体験を持たない人たちは、のんびりとかまえてしまって
 いるんですね。でも、一度、自分の愛する人がいなくなるという
 ことはどういうことなのか、自分が戦争に行くとはどういうこと
 なのか、じっくり考えてみて下さい」
 
 戦争は自分には関係ない世界だと考えないで、一度戦争になった
 ときのことを考えてみてはいかがでしょうか?
 
▽日本で流れている戦争に関する映像や情報は、嘘が多いと思った
 方が良いです。
 
 情報の発信源が怪しいです。
 
 前回のイラク戦争の時も、流れてくるのは「イラク=悪」という
 図式だけでした。
 
 イラクが悪いことをしているからアメリカを中心とした軍隊に
 攻撃されている、と見てしまうと、真実が見抜けなくなります。
 
 戦争に関してメディアが流す情報は間違っていると思った方が
 いいです。
 
 
▽戦争は、人類が絶対にしてはならない行為だと断言します。





 著者の本は一度読んでみたいと思っていました。
 
 本の内容はあまり紹介できませんでしたが、この本は、ページも
 ふっていない薄い本で、あっと言う間に読めてしまいます。
 
 でも、著者の訴えが伝わってきます。
 
 「日本には憲法九条があるから戦争はおきない。憲法九条を守ろう」
 
 と考えている人々や政党が存在します。
 
 しかし、日本に戦争が起きないのは憲法九条があるわけではあり
 ません。
 
 単純にアメリカの軍隊がいるからです。
 
 そして、私自信、戦争には反対です。
 
 しかし、「愛する人を守るため」に戦うことには躊躇しません。
 
 ・・・矛盾してますね。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/324-bba4e021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。