訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面の家
仮面の家 先生夫婦はなぜ息子を殺したのか 仮面の家 先生夫婦はなぜ息子を殺したのか
横川 和夫 (1993/07)
株式会社共同通信社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:仮面の家
 副題:先生夫婦はなぜ息子を殺したのか
 著者:横川和夫
 出版:共同通信社
 定価:1400円(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4764102978/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f605733%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/957124/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 自立できない長男
 第2章 貧しさのなかで
 第3章 自立への途上で
 第4章 家族病理という視点から
 第5章 ある夫婦の軌跡



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1993年7月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると共同通信社の論説兼編集委員とあります。
 
 著書も多数あります。



 「仮面の家」とは何を表現しているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ長男を刺殺しなければならなかったのか?



 自分の子供を刺殺しなければならない理由とは?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ長男を刺殺しなければならなかったのか?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。

──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●なぜ長男を刺殺しなければならなかったのでしょうか?

▽今回はかなり暗くなるお話です。

 1992年6月に埼玉県浦和市である殺人事件が起きました。
 
 生徒や先生に信頼のあった教師の夫と、良妻賢母の妻が、23歳
 になる自分の長男を刺殺するという事件が起きました。
 
 事件のあらましを簡単に紹介します。
 
▽県立高校の教師である夫は「りょう先生」と呼ばれ、生徒からも
 同僚の先生からも信頼の厚い先生です。
 
 東大出身ですが、エリートという感じを全く感じさせない人で、
 裁判の時の証人の証言からも、殺人を犯すような教師という
 イメージが全くない人だったようです。
 
▽妻は「あけみさん」と呼ばれていて、専業主婦で、3人の子供を
 育てながら、りょう先生の実父母と同居して世話をしていました。
 
 しかも、歩いて15分ほどの距離に住んでいる自分の母親にも
 毎日、食事を運んでいた人です。
 
 良妻賢母を絵に描いたような人です。
 
 夫婦関係も円満で、夫婦げんかも一切なく、他人がうらやむような
 夫婦でした。
 
▽そんな夫婦が、就寝中の23歳になる長男を刺殺します。
 
 この長男は、小中学校ではとても勉強ができて、中学ではテニス部
 のキャプテンを務め、中学を卒業するときは全校で1、2番という
 成績でした。
 
 高校は全国的に進学名門校として知られる県立高校に進学します。
 
 しかし、高校では成績が下がり始めます。
 
 何でも一番でないと気が済まない長男は「限界だ」と口走ることも
 あったようです。
 
 成績が下がり始めると、今度は音楽に興味を示します。
 
 高校2年生の3学期からほとんど学校へも行かず、家で音楽を
 聴いたり、曲を作ったりしていました。
 
 そしてとうとう、3年生に進級できないまま2年生で退学します。
 
▽しかし、元もと頭が良くて集中力があった長男は、大学に行き
 たいといって、猛勉強し大検に受かります。
 
 そして長男は一流の私大へ合格します。
 
 高校を退学したのに、一流私大へ合格した長男に両親は再度期待
 します。
 
 しかし、大学でもほとんど授業に出なくなり、とうとう退学します。
 
▽長男を大学に通わせるのに、家計は大変でした。

 しかも、学費以外に、長男が遊ぶ金に月10万円くらい渡していた
 そうです。
 
 その頃からアルコール依存症になっていた長男は、昼夜の生活を
 逆転させ、何かにつけては、あけみさんに「親のせいだ」と悪態
 をつくようになります。
 
 息子を連れて精神科の病院へ連れて行こうとしても、本人は行こう
 としません。
 
▽長男は、性的に不能だったらしく、そのことを自分の母親や父親に
 相談しています。
 
 そして次第に、家庭内暴力を振るいはじめます。
 
 こういう性格にしてしまったのは「親の責任」だと言うように
 なります。
 
 家庭内暴力と親への責任転嫁、アルコール依存、親への経済的な
 依存。
 
 この状態が続いた時、りょう先生とあけみさんは、次男、三男
 への影響を考え、そしてなにより自分たちがもう耐えられない
 ということで長男を殺すことを真剣に考え始めます。
 
 長男を生かしておく方が、親が殺人犯であるかよりも悪影響を
 及ぼすと考えたのです。
 
▽そしてとうとう、長男が寝ているところを夫婦で刺殺します。
 
 りょう先生は出刃包丁で長男の心臓をひと突きしたが外れてしまい
 ます。
 
 あけみさんは台所へ行って一番切れそうな包丁を探し、りょう先生
 へ渡します。
 
 そのときの状況をあけみさんは次のように説明しています。
 
 「弱り切った声で長男が、“許してくれ。悪かった。お願いだから
 殺さないでくれ”と言った最後の言葉を覚えています。主人は
 これに対して“いまじゃ、もう遅いんだよ。親を親とも思わない
 人間は親の手で死なせてやる”と言ったような感じで、とどめを
 刺したのです」

 以上が、事件のあらましです。

 「簡単に」と言っておきながら長くなってしまいました。
 
 続きは次回に紹介します。





 自分たちが愛する子供を夫婦で殺害しなければならないという
 のは、なんて悲しいことなのでしょうか。
 
 自分の子供の家庭内暴力で悩む親はたくさんいるようです。
 
 しかも、その子供のほとんどは小学校や中学校で、成績優秀で
 従順な、いわゆる「いい子」が多いそうです。
 
 その子供が大きくなって始めて挫折を知るようになると、
 「自分はダメな人間だ。こうなったのは親の責任だ」と言うように
 なるのです。
 
 この本の後半には、この事件の精神的な部分の解説がされています。
 
 その解説をしている精神科の先生がいるのですが、偶然にも最近
 よく読むようになった斎藤学さんでした。
 
 それは次回に紹介します。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/321-62c3ca11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。