訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の品格
男の品格―気高く、そして潔く 男の品格―気高く、そして潔く
川北 義則 (2006/04)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:男の品格
 副題:気高く、そして潔く
 著者:川北義則
 出版:PHP研究所
 定価:1300円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569652115/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4014727%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2665380/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 会社は男の夢追い場?仕事
 第2章 夫として、父として?家庭
 第3章 モテる男の言葉の力?恋愛
 第4章 自分の好奇心に忠実であれ?趣味
 第5章 自分の戒律のために?美学
 第6章 人は楽しんだほうが勝ち?人生観
 第7章 人生という名の遊び場で?遊び心



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は2006年4月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、出版プロデューサーとして活躍すると
 ともに、生活経済評論家として、新聞、雑誌等に執筆している
 そうです。
 
 著者も多数あります。



 男が持つべき「品格」とは何でしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)仕事と遊びはどうすればよいのか?



 今を楽しむのが一番です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)仕事と遊びはどうすればよいのか?

 「男だって仕事ができるだけで十分とはいえない。言葉で簡単に
 言い表せないような魅力的な部分を持っている人間でないと、
 決してよい仕事はできないものだ」

 「40歳を過ぎたら男は自分の顔に責任をもて」

 「この点は心配することはない。顔というのは自分で見るのと
 他人が見るのとでは印象がかなり違うからだ。何かに没頭して
 いるときは、みんないい顔をしているものだ。自分で鏡を見る
 ときとは違っているのだ」

 「誰でも年齢相応の『いい顔』になりたいと思っているだろう。
 しかし、なかなか思い通りにはなれない。そこで私が勧めたい
 のは『大いに遊んでみる』ことだ」
 
 「ここで遊ぶというのは何も『飲む、打つ、買う』のような遊び
 だけではない。人生のあらゆる営みを遊び心をもって臨むのが
 いいということだ」

 「男の遊ぶ才能とは、遊びから何かを学ぶ才能のことといって
 いいだろう。そのかわり、ただ遊ぶだけで、そこから何も学べ
 ないボンクラ男は、どんな女性からも軽蔑されるような情けない
 男になっていく。だから、男はいい顔になりたかったら、もっと
 積極的に遊んでみること。そして遊びから学ぶことだ」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 今を楽しもう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●仕事と遊びはどうすればよいのでしょうか?

▽藤原正彦さんの「国家の品格」が出版されてから、「品格」ブーム
 なのか、アマゾンで「品格」で検索してみるとたくさんの本が
 ヒットします。
 
 この本もその中の一つです。
 
 私はとりあえず男性なので「男の品格」という題名だけで思わず
 買ってしまいました。
 
 「品格」という言葉には、「条件」というイメージがあります。
 
 「男の条件」です。
 
▽人間にとって、仕事は大切な魂の修行になります。

 人間関係や自分を磨くには絶好の機会でもあるのです。
 
 仕事には男性も女性も関係ありません。
 
 どちらも働かないとなりません。
 
 そして専業主婦であろうが、会社の社長であろうが、魂にとって
 仕事には変わりないです。
 
 これは魂の話。
 
 現世での話をすると、男性にとっての仕事は人生そのものになる
 可能性があります。
 
 これは男性に限ったことでもないですが...
 
 サラリーマンであれば、1日8時間以上働かなくてはならないです。
 
 一日の中で一番時間をかけているのが仕事です。
 
 もしかしたら人間の一生で見ても一番時間をかけているのが仕事
 かもしれないです。
 
 では、仕事はするだけでいいのかというと、著者はそれだけでは
 十分ではないといいます。
 
 「男だって仕事ができるだけで十分とはいえない。言葉で簡単に
 言い表せないような魅力的な部分を持っている人間でないと、
 決してよい仕事はできないものだ」
 
 「人間の魅力」は、なかなか身につけようと思っても身につか
 ないです。
 
▽人間の魅力はどこにあるかというと、おそらく「顔」にあります。

 よく、「40歳を過ぎたら男は自分の顔に責任をもて」と言われ
 ます。
 
 私も40歳になった今、自分の顔を鏡で見てみると...

 いまいちパッとしませんね(笑)
 
 著者は言います。
 
 「この点は心配することはない。顔というのは自分で見るのと
 他人が見るのとでは印象がかなり違うからだ。何かに没頭して
 いるときは、みんないい顔をしているものだ。自分で鏡を見る
 ときとは違っているのだ」
 
 少し安心しました。
 
▽思い出してみると、仕事を楽しんでいる人の表情というのは、
 とても生き生きしています。
 
 そして、そういう人のお話はとても面白いです。
 
 自分でも、魅力的な人間になってみたいと思いますが、意識して
 魅力的になろうと思っても、そう簡単にきるものでもないです。
 
 そこで著者は次のように言います。
 
 「誰でも年齢相応の『いい顔』になりたいと思っているだろう。
 しかし、なかなか思い通りにはなれない。そこで私が勧めたい
 のは『大いに遊んでみる』ことだ」
 
 「ここで遊ぶというのは何も『飲む、打つ、買う』のような遊び
 だけではない。人生のあらゆる営みを遊び心をもって臨むのが
 いいということだ」
 
 私は「飲む、打つ、買う」は一つもやりません。
 
 遊びの定義が良く分かりませんね。
 
 現在は、本を読んだり、人間関係の勉強をしたり、プログラムを
 作ったり、とあまり遊びとは関係ないようなことしかしてません。
 
 著者は遊ぶことについて、次のように書いています。
 
 「男の遊ぶ才能とは、遊びから何かを学ぶ才能のことといって
 いいだろう。そのかわり、ただ遊ぶだけで、そこから何も学べ
 ないボンクラ男は、どんな女性からも軽蔑されるような情けない
 男になっていく。だから、男はいい顔になりたかったら、もっと
 積極的に遊んでみること。そして遊びから学ぶことだ」
 
 女性に認められたくて遊ぶくらいなら、遊ばない方が良いと思い
 ます。
 
▽私の意見は、「遊ぶ」ということは、仕事でも何でもいいですが、
 自分がやることを「楽しむ」ことだと思います。
 
 意識して「遊ばなきゃ」と思うと、現在とは違うことをやらな
 ければならないと考えてしまいます。
 
 そうではなくて、日々の仕事が忙しくても、それを楽しむことが
 できれば、「遊ぶ」ことになるのではないでしょうか。
 
 そして、休日にテレビの前でゴロゴロしているのも、本人が心
 から楽しめるような体験をしているのであれば、それで良いと
 思うのです。
 
 普段の行動を楽しむことができれば、こんな簡単なことはないと
 思います。





 この本は、こう生きてみるのはどうか?という「男性の生き方指南」
 のような内容です。
 
 それを、仕事、家庭、恋愛、趣味、美学、人生観、遊び心、という
 テーマで著者が語ります。
 
 ただ、このような生き方指南系の本は、だいたいは読むだけで
 終わりだと思います。
 
 私も、今回読んでみて、書いてあることには「そうだよなぁ」と
 感心はしますが、「でもそれは、あなたの考え方ですよね?」って
 なってしまうのです。
 
 もしかしたら、二十歳前くらいの時に読んでいたら影響されて
 いたかもしれませんが...



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/318-650dde90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。